SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

指令が出た!今度はアルガンベイだ!! ~アルガンベイ、サーフツアーを作るトリップへ その1~

スリランカ東海岸には未開のポイントが存在していた

スリランカ東海岸には未開のポイントが存在していた

今から7年前、2004年のとある日。
プロサーファーとして生計を立て、スポンサーからお給料をいただきながら生活していた時のお話だ。
メインスポンサーだったサーフィンやスキューバダイビングなど、海を専門にしている旅行会社ST-WORLDテルから電話が入った。
「けいくんアルガンベイ行きたくない?」
「おお、もちろん行きたいよ」
「じゃあ再来週から行ってきてよ」
むむ?ちょっと突き放すような言い方。
行ってきてよってことは単独か?という不安がよぎった。
「え、テルも行くんでしょ?」
「いやー、僕は行けないよ。けいくん行ってきてくれない?いつも一人でスリランカ行ってるから平気でしょ」
といかにも軽くあしらわれた。
スリランカのアルガンベイ。
スリランカの東海岸に位置し、数年前までの内戦が激しく繰り広げられてきた地域だ。

象まくりです

象いまくりです

僕が基本的に海外サーフトリップに出かける日本の冬にはまったく波がないアルガンベイにはまだ一度も足を踏み入れたことがなかった。
冬に波があるスリランカ南西地域には毎年のようにロングステイしていたので、アルガンベイの噂はサーファーたちから聞いていた。
アルガンベイにはとんでもなくロングライディングできるレギュラーの波があるということは、事あるごとに聞かされていたのだ。
気がつくと僕にとって、憧れの地になっていた。

しかし、かなりアクセスが悪く、治安も決して良くないらしく、容易に近づけるような場所ではないということも知っていた。
内戦は一応休戦状態にはなっていたが、いつ開戦されてもおかしくないような状況だ。
日本の外務省からの発表でも『渡航注意』というランクだった。
要するに、できるだけ行かないほうが身のためだよ、というレベルだったのだ。
そんな一瞬腰の引けるような状況もあったが、まだ見ぬロングレギュラーWAVEと天秤にかけ、僕は即座に行くことを決めた。

今回のST-WORLDからの指令は、以下の通りだった。
(1)一般の人たちでも安心して行けるサーフトリップをプロデュースできるかを視察すること。
(2)サーフポイントとホテルなどの宿の視察をしてくること。
(3)ガイドのクオリティをチェックすること

などなど。

まあ、早い話が「サーフトリップの商品として成り立つのか見てこいよ、お前ヒマなんだから」というようなところだろうか。

ということでこの旅の模様を毎週月曜日に連載しようと思います。
来週28日月曜日からの連載になります。
それでは皆様、スリランカ、アルガンベイの旅にお付き合いください。

タグ: , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/