SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

今日は正式に、エラソウに人を裁くのです。

辻堂ビーチカップ

辻堂ビーチカップ

湘南辻堂でローカルコンテスとが開催され、そこに
ジャッジ(審判)として招かれました。

この仕事は、人のサーフィン見て、「ああじゃねえ~」「こうじゃねえ~」
と評価し、それに点数をつけて、弁当もらって、ちょっとした
お給金もらって、まったくいい仕事なのだ。

センエツながらジャッジ(審判)をやっているKEI(真ん中)

センエツながらジャッジ(審判)をやっているKEI(真ん中)

ショートボードのMEN,Women,ロングボードのMEN, WOMEN,
そしてKIDSクラスが開催され、僕は主にロングとKIDSのジャッジ
を担当させてもらいました。

参加者、関係者がほぼ、辻堂ローカルということで、和気あいあい、
楽しい雰囲気の中、そして、ときどき暑い戦いを繰り広げつつ、
途中、チビッ子フラダンスなどをはさみながらも、大会はつつがなく
進行していったのでした。

チビッ子フラダンサー

チビッ子フラダンサー

ジャッジをやると、サーフィンの大会を戦う上で、非常に
勉強になることも多いし、いろいろな気づきもあるものです。

ジャッジテントからの風景

ジャッジテントからの風景

ジャッジは基本的には、「いい点数をつけたい」という思いを
持っているものです。
波に対して、ジャッジから見て、予想通りのライディングを
すれば、そこそこの点数を、予想以上のライディングをすれ
ばいい点数をつけます。

あと、ジャッジは点数に差をつけるのが仕事なので、出場者
のレベルに応じて、点数のつけかたを決めていくものなの
です。

例えば周りのレベルが低い場合、無理して難易度の高い
技をやって、コケちゃうより、セーフティーなライディングを
したほうがよっぽど点数が高く、勝てちゃう場合もあるんで
すね~。

表彰パーティー、どんどん酔っ払っていくのです

表彰パーティー、どんどん酔っ払っていくのです

まあ、「そんなこと、わかってるわい」という
人がいつも安定して勝つんですな~。

タグ: , , , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/