SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

カレー炊き出しの旅 スタートしました! 〜SWP支援隊 活動レポート その1〜

2011/4/1早朝。支援物資とカレーの材料500人分を満載にしたトラックが湘南の町から東北を目指して出発した。
多くの方々の協力によって、予想外の集まりとなった救援物資は急遽コラボレーションが決まったコーヒーチェーンの南蛮屋、平井会長の運転するトラックに積み込まれる。

救いの神あらわる。

救いの神あらわる。

平井会長は神奈川新聞に掲載されたSWP支援隊の記事を見て「カレー炊き出しと一緒にコーヒーの提供をしませんか?」とコンタクトを取ってきてくださったのだ。
そんなわけで、SWP宮城支援隊と南蛮屋さんで「温かいカレーをどうぞ!そして食後にはコーヒーもいかが?」という、いたれりつくせりなサービスを提供できることなったので、避難所の皆さんにもよろこんでもらえそうである。

津波の後始末中。

津波の後始末中。

現地入りすると2週間前に来た時とは違った風景が広がっていた。
津波でドロドロだった道が少し乾いて、浸水した家の中から使えなくなった家電や畳を運び出すフェーズになっているようだ。
僕の実家でも母が畳を運び出せず、困っていたので、圭さんと2人で運び出しをした。
たかが畳と侮るなかれ、水を吸った畳は2人で運んでもかなり重たい代物となっていた。

東松島は男手を必要としています。

東松島は男手を必要としています。

初日の今日は東松島の避難所でカレーを作ることになっていた。
さっそく南蛮屋チームがコーヒーの提供をはじめて、いい香りが避難所に広がる。

おいしいコーヒー入りましたー!

おいしいコーヒー入りましたー!

圭さんはというと子どもを探して竹とんぼのプレゼント。
子どもとすぐに打ち解ける、という特殊能力を存分に発揮しています。

竹とんぼタイム

竹とんぼタイム

さてさて肝心のカレー炊き出しでトラブル発生!
150人分の水を入れた寸胴がなかなか沸騰しない。。
どうやら沸騰まで1時間近くかかるらしい。ちょっと余裕ぶっこいてまして、ご飯タイムにカレーが間に合わない可能性が出てきた。

しかし、そこは避難所の方々がいろいろと手を貸してくださって、事無きを得た。
手作りカレーは震災後に初めてということで、期待と興味を持って周りに集まってきてくれたのだ。

そしてできあがったカレーを「やっぱり手作りはおいしいねー。」といって食べてくれた。
湘南から来たカレーは被災地の方々の胃袋と気持ちを暖かくできたと思う。

はりきって、作りすぎたカレー。

はりきって、作りすぎたカレー。

「足りないよりは多い方がいいよね」ということで作りすぎた分は明日の朝に食べてくれるとのこと。
150人分というのは初めての経験だったので、至らない点はあったけれど、そこは改善して明日はもっとおいしいカレーを女川で提供したいと思う。

カレータイム

カレータイム

それではみなさんお休みなさい!

タグ: , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/