SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

波との遭遇【初心者サーファー、海に出る その3】

オラ、おしりプリプリだぞ〜。

オラ、おしりプリプリだぞ〜。

おしりをプリプリさせて出港した僕ですが、さてうまく波に乗れるのでしょうか。(前回の記事はこちら

実はですね、なんと!

OH!! BIG WAVE!?

OH!! BIG WAVE!?

最初の1波目から、自分の力で、立てたんです!

立った~!

立った~!

なんちゃって!嘘、嘘!

なんかKEIさんが撮ってくれた写真がよかったから、ついつい無いコト無いコト創作しちゃいました。ごめんなさい m(_ _)m

本当のところ、最初はダメダメでしたね〜。
波を捕まえようとして、パドリングをがんばると、前の方で手をバシャバシャ無駄にかいちゃったり、ボードの前に乗りすぎて波に飲まれちゃったり、その次は怖がって後ろに乗りすぎちゃったり。
ダメなところがあって、ドジさんに指摘されると、意識し過ぎちゃって、あちらを立てればこちらが立たず、悪循環。

でもそんな失敗を繰り返すうちに、ドジさんから「お、力が抜けてよくなってきたよ」と言ってもらえるようになり、何回かいいタイミングでボードが波に乗って、スピードがグン!とあがるのを体験できました。
すごいですね、あの瞬間!「うおっ!なんだこのスピード、凄い!」という感じ。

うわっ、楽しいじゃん!

うわっ、楽しいじゃん!

KEIさん「じゃあ、今度は『完全に波に乗ったな!』と思ったタイミングで立ってごらんよ」

というわけで何度かテイクオフにトライして、結果1回か2回立つことができました。
ほとんど波打ち際まで辿りついたところで、ちょこっと立っただけですけどね。
僕の脳内では「立った!...まさしが立った!」とハイジがよろこんでくれました。

さて、波乗りについてドジさんとKEIさんに教わって「へぇー」と思ったことをリストアップします。
・波の様子は真後ろを見る必要はない、斜め後ろを見て、自分の真後ろの様子を想像すべし。
・タイミングがあえばパドリングも何もしなくても、波に乗って進んでいける。
・波の上に乗るんじゃなくて、波の中に入る。
・ボードに股がって波を待つときは胸をはった姿勢が安定する。あとシンクロの人みたいに足をクルクル回すと安定する。

え〜っと、後は何だったっけかなー?
ま、先は長いので、今日の学びはこれくらいにしておきます。

ドジさん、KEIさん、ありがとうございました!
おかげで楽しい初サーフィンになりました。この場を借りてお礼申し上げます!

おちゃめ。

おちゃめ。

次なるステップへ、つづく

タグ: , , , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/