SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

Salt Water Players(SWP) 1年を振り返って

昨年、2010年8月20日、当サイト『Salt water Players』は産声をあげた。
早いものであれから一年がすぎた。
第一回目の記事はフランストリップの第一弾でした。(こちら
『Salt Water Player』という考え方に出会った旅がこのフランストリップだったのだ。

夕暮れはいつも夜 ~Photo Obi~

夕暮れはいつも夜 ~Photo Obi~

フランスを訪れた目的は『HOALEN』(ウォーレン)という大人系サーフアパレルとの販売契約交渉だった。
僕はこのブランドを目にした瞬間、胸がトキメキ、このブランドを日本に輸入したい、と強く思ったのだ。
昨今のサーフアパレルにはない上品さと大人のスマートさを表現しているブランドだった。

圧巻の親子ノーズライディングを決めまくったFix親子

圧巻の親子ノーズライディングを決めまくったFix親子


フランスでの旅は僕に衝撃を与えた。
海との接し方が僕が知っているそれとはまったく違っていたのだ。
カテゴリーに縛られない海の楽しみ方がそこにはあった。
波があればサーフィンをし、風が吹けばウィンドサーフィンやカイトサーフィン、波がなければSUP(スタンドアップパドル)やアウトリガーカヌー。
一人の人間が思い思いの道具を用いてその日の海を楽しんでいる姿に僕は衝撃を覚えた。

振り返ってみると、僕はロングボードのプロとしてコンペティションに参戦し、一流とまではいかないまでもそれなりの結果を残してきた。
しかし、ただそれだけのことだった。
オンショアが吹いてグチャグチャな波でも不向きなロングボードで無理矢理ライディングしていたりした。
波がないときは諦めて海には行かなかった。
僕は会社を経営しており、それなりに忙しいのだが、自宅兼事務所は海から徒歩1分の立地にあり、比較的時間は自由に使える。
それにも関わらず、海に入るときはほとんどどんなコンディションでもシングルフィンのロングボードに乗っていた。
それを『こだわり』として美化していたのだと思う。

Hoalen、 ん~~ かっこいいぞ

Hoalen、 ん~~ かっこいいぞ


フランスで心から海を楽しんでいる人たちの姿を見ていてそんなこだわりは捨てて、海を楽しむために海のコンディションに合わせて道具を変えれば一年中海を楽しむことができることに気がついた。
よく考えてみれば当たり前なことなのだが、そんな当たり前のことが見えずにここまできてしまったのだ。

そんな折に、以前から「なんかオモシロイことをやろうよ」と何度も打ち合わせをしていた僕の相棒いとうまさしと『365日海で遊ぶ!』をテーマに参加型の海メディアを立ち上げよう、ということになったのだ。
われわれ2人から情報発信するのが目的ではないのです。
参加型、というのがポイントなのです。

1周年記念パーティ @tikiz

1周年記念パーティ @tikiz


僕が20数年かけて培った経験や、その経験の上で感じていることなどに賛同してくださる方たちと新しい日本のビーチカルチャーの流れをつくっていきたいと思っているのです。
新しい流れとはフランスで僕が見たような流れです。
海を心から楽しむ人たちがいて、その人達が一番カッコイイ、という流れ。

それを表現するファッションとして僕は『HOALEN』の普及に努めつつも、SWPに参加してくれようとしてくれているCLUB SWPの皆さんと一緒に新しい流れをつくっていこうと考えています。

さあ、来年の今頃のSWPはどうなっているでしょうか。
どんな人たちに出会っているでしょうか。
本当に楽しみです。

そして、この場を借りて昨日SWP1周年記念パーティに集まってくれた皆様、そしていつもSWPを読んでくださってくれている皆様、心から感謝しています。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

(有本圭)

※CLUB SWPの登録はこちら

タグ: , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/