SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

生まれながらにして夢を叶えている人々

基本的に海外サーフトリップは赤道近辺を中心に攻めている。
どうせサーフトリップに行くなら常夏がいい。
良く考えてみるとサーフトリップの際にウェットスーツを持参したという記憶は去年のフランストリップの一回きりだと思う。

常夏っていいですね〜

常夏っていいですね〜


赤道直下。
毎日毎日暑く て暑くてタマラン、という姿勢を貫いている国々だ。
日中は日陰にいないと倒れそうになってしまう。
当然昼間は暑くて暑くて仕事などしている場合ではない。
そんでもって夜は夜で星空の下でおいしいお酒を飲みたい。
朝はわりあいと早く起きるけどなんとなくのんびりと涼しい時間を過ごす。
南の島でのんび〜り

南の島でのんび〜り


というわけでだいたいにして仕事をせずに全体的にダラダラと過ごすことが許されている特区なのである。
まあ食べ物は豊かな自然の恵みをもらえばいい訳だし魚だってたくさん獲れる。
エアコンなども必要がないし、寒さをしのぐようなキッチリとした家もいらない。
まあ雨風がしのげればそれでいいのだ。

一方、先進国日本。
経済的には豊かな暮らしをしている。
物質的には大変恵まれた生活をしている。
しかしその代償として大きなストレスを強いられている。
満員電車、会社での人間関係、ローン・・・
朝から晩まで働きづめに働いている 僕たちの夢が、

「いつか南の島でのんびり暮らす」
「Endless summer!」

だったりする。

のんびりしてますな〜

のんびりしてますな〜


もうすでに南の島でのんびり暮らしている赤道直下の国々の人たちはやっぱりシアワセなのかもしれない。
もちろん彼にだっていろいろヤヤコシイ問題や悩みのなどもあると思いますが。

(有本圭)

タグ: , ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/