SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

リバーサーファー、菊池直樹と申します。

皆様はじめまして
静岡県湖西市在住の菊池直樹と申します。
ホームポイントは湖西市の潮見ビーチです。
主にロングボード、スタンドアップパドルボードを駆使して波乗りを楽しんでおります。

この度、SWPに記事を提供させていただける事になりました。
ありがとうございます!そして、よろしくお願いします。

さて、本題に移らせていただきます。

皆様は波がある時はサーフィンされていると思います。
当たり前ですね(^^;
私も同様です。家からサーフィンポイントまで10分ですので、凄く恵まれた環境です。

では、波が無い場合、コンデションが悪くてサーフィンできない時は、何をされてますか?
スケボーですか?

名古屋や岐阜など、海から遠いサーファーは、何時間も車を運転して海へやってきます。
そして、海のコンデションが悪いとガッカリして帰っていきます。。

休日はサーフィンして楽しみたいのは全てのサーファーの願いですが、残念ながら海のコンデションは日々様々であり、波が全く無い日も有ります。

遠くから友人がサーフィンを楽しみに来てくれても、波が無い場合に、「じゃ、家でゲームでもしようかっ?」ではガッカリしてしまいます。
そこで、楽しんで帰ってもらいたいという思いから、波が無くてもサーフィンに近い遊びが無いか探し始めた訳であります。

そして、色々と試行錯誤した結果、結果的にこれだけの遊び(ボツ含む)を試してきました(^^;
・リバーサーフィン
・サンドサーフィン
・紅葉落ち葉サーフィン
・SUPスキンダイビング
・SUPフィッシング
・SUPダウンリバー
・SUPで離島までパドルしてサーフィン
・SUPリバーサーフィンコンテスト
・スラックライン(サーフィンライン)

このスペースでは、こうして発見した遊びの中から、サイトの趣旨に合いそうな幾つかを紹介させて頂きたいと思います。

それでは前書きが長くなりましたが、まずリバーサーフィンの紹介をさせて頂きたいと思います。

リバーサーフィンは、大きく分けて3つの種類が有ります。
1つ目は、ポロロッカのような川を遡上する波に乗るサーフィン
2つ目は、ボートが走行した後の波に乗るサーフィン(ウェイクサーフィン)
3つ目は、自然の川の流れを利用するもの。

ここでは3つ目の、自然の川の流れを使用するサーフィンを紹介させて頂きます。

波が発生する原理は、川底の障害物に川の流れがぶつかり、行き場を失った水は上へ移動します。これが、波の形となります。
水は、次から次へと流れてきますので、波が消える事は有りません。これに乗り続ける訳です。

最初にポイントを発見した小関徹朗さんに師事し、リバーサーフィンを楽しんでおります。

それでは、次回はリバーサーフィンの面白いエピソードの中から一つ紹介させていただきます。

(つづく)

※つづきは明後日9月28日18時にアップします!

タグ: ,

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/