SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

第2章18話(2章最終話)tikiz物語 ~ 本物のハワイを湘南に ~ 

ALOHA!!
tikizヒデです。
いよいよ次のステージに向けて動き始めた2006年のお話です。
ハワイアンレストラン&バーtikizオープンに向けて動きだしたのです。
それではどうぞ!


DAIとのお別れ

DAIとのお別れ


2006年春。
お世話になったハワイアンレストランDAIを退職し、いよいよこれまで培った全てのキャリアを総動員し、自分の理想としているお店を出店すべく準備を始めた。
日本に帰国し、ハワイアンレストランやハワイ系のカフェバーなどを見てまわったが、俺の思う本物のハワイを表現しきれているお店は一軒もなかった。
『ハワイアン=ロコモコ』というイメージがすっかり定着していたがハワイアンがいつもロコモコを食べているかというとそんなことはない。
ハワイのローカルフードを正しく表現し、さらにはハワイの良いお店の雰囲気を再現したいと思った。
ハワイの良いお店のスタッフは心の底から湧き出る笑顔でお客さんを迎え、スタッフ同士もフレンドリーな関係で生き生きと仕事をしていた。
そういう雰囲気がお客さんにも伝わり、居心地の良い空間ができあがっていた。
そういう雰囲気を作ることこそが、ハワイで暮らしていた自分にしかできないお店作りな野ではないかと考えていた。

出店場所は馴染み深い藤沢にすることに決めた。
藤沢にある全ての不動産屋をしらみつぶしに行ってみたが、そう簡単には理想通りの物件は見つからなかった。
何日も何日も探し続け、妥協しかけそうになっていたある日のこと、不動産屋から携帯に着信が入った。
「吉村さんの条件に合う物件が出ましたよ。すぐに見てみてください」
という内容だった。

見に行ってみると駅から程近く、周辺には飲食店がたくさんあり、しかも俺がこだわっていた1階の物件だった。
大きさもちょうど良かった。
しかし、家賃が想定していたよりかなりオーバーしていた。
「吉村さん、決めるならすぐ決めてくださいね。こういう物件はなかなか出ないので他にも探されている方がたくさんいますので」
不動産屋の担当者は急かすようにそう言った。
契約を決めるための常套文句だとは思ったが、それでももし他に決まってしまったら後悔してしまいそうな気がした。
「1日だけ時間をもらえますか。明日返事しますので」
そう担当者に伝えた。

>> 次のページ >> さあ、どうするヒデ??

ページ: (1) (2)

タグ:

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/