SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

第2章18話(2章最終話)tikiz物語 ~ 本物のハワイを湘南に ~ 

理想的な物件だった。
しかし提示された家賃でやっていけるのか自信がなかった。
でも断ればこのチャンスを逃すことになる。
それまで、『悩んだらGO!』という生き方をしてきた俺は半ば賭けではあったが思い切って借りることに決めた。

決めてしまえば即行動の俺はどんどん出店に向けて準備を始めた。
レイアウト、ディスプレイ、メニュー作り、資金のことなどやることは山ほどあった。
それから1ヶ月あまりはほとんど寝ずに出店準備に奔走した。
布団にもぐっても興奮状態でほとんど眠れなかった。
やりたいこと、やっておくべきことが次から次へと押し寄せてきた。
でも不思議と一切疲れたりはせずにハリのある充実した時間を過ごしていた。

店名は『tikiz』(ティキーズ)に決めた。
tikiとはハワイの守り神。
tikiを店内のいたるところにちりばめた。
細部までこだわり抜いて作った内装は納得できるもの仕上がっていた。
メニューも充実していた。
心の底からスマイルができるスタッフもそろえた。
準備は万端だった。
やれることをやりきったからなのか、不安よりも期待のほうが大きくなっていた。

ハワイで板前時代のヒデ

ハワイで板前時代のヒデ

右も左もわからない状態でハワイに移住し、少ないチャンスをモノにしてハワイの飲食店で仕事しながら必死に修行してきた。
しゃべれなかった英語もなんとか身振り手振りで思いを伝えてローカルの輪にも入れた。
日本では初心者に毛が生えた程度だったサーフィンもハワイの大波にチャレンジできるようになった。
ハワイアンから『ALOHA SPILIT』も学んだ。
俺を育ててくれたハワイ、本物のハワイを湘南で表現できることが心から嬉しかった。

コバルトブルーの海、世界屈指のショッピング、温暖でいて乾燥している気持ちのいい気候というハワイの魅力はハワイの魅力のなかでもごく一部の表面的なものだということをハワイで生活することによって知った。
もっと深い部分の魅力に触れることができた。
この『tikiz』で俺が触れたハワイの本当の素晴らしさを湘南の人たちに少しでも伝えることができたらどんなに幸せなことだろう。
『tikiz』がきっかけで本物のハワイに興味を持ってくれる人が一人でも増えれば素敵なことだ。

こだわり抜いて作り上げたtikiz

こだわり抜いて作り上げたtikiz

そんな熱い熱い俺の想いを形にした『tikiz』。
きっと海を愛する湘南の人たちに受け入れていただけいるにちがいない、そう確信してオープンの日を迎えたのでした。

MAHALO!! 第2章おしまい
※第3章1話は12月30日にアップ予定です。お楽しみに!!

ページ: (1) (2)

タグ:

Facebook Comments:



© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/