SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

ゲホゲホ奮闘記その2

クラマスプチサーフトリップから戻るとオソロシク寒気が体中を走り、赤道直下のバリ島にて、長ズボンを履き、厚手のパーカーを着込んでそのまま眠りについた。
翌朝(16日)もやはり具合が悪く一日眠って過ごす事にした。
すると風邪を共存しているはずの僕の相棒まさしまで、
「なんかちょっと悪化してるんだよね〜」
と訴え、二人揃って赤道直下で厚着して寝込むハメになった。

昼間から寝込む2人 左)有本圭 右)いとうまさし

昼間から寝込む2人 左)有本圭 右)いとうまさし


まるでどんよりした病室のように様変わりしたリゾートホテルの一室。
陰鬱な様子の2人が『ゲホゲホッ』とか『う〜〜ん』などと唸ったり、『じゅるじゅる』と鼻をすすったり、バリ島中でもっともイケテナイ2人になってしまったのだ。 続きを読む…

タグ: , ,

ゲホゲホ奮闘記

「ゲホッ、ゲホッ」
 僕の相棒いとうまさしという男は1年の3分の1くらいはゲホゲホ咳をしながら暮らしている。
「ねえ、その咳辛くないの?」
と僕が聞くと
「全然っ」
と平然と答える。
彼は完全に風邪と共存できる男なのである。

今回のバリトリップに出る1週間前から恒例の『まさしゲホゲホ』が始まっていた。
今までまさしから風邪のお裾分けをされたことがなかったが、今回は一緒に旅をし、寝食を共にするということでやや警戒し、機内などでは僕もマスクを着用して過ごした。
しかしバリに着くや否や、南国の独特な開放感からなのか、風邪警戒警報をすぐに解除してしまい、マスクを放り投げてしまったのだ。

初日はまさしが飛行機酔いでグロッキー。
翌日には乗り物酔いからは回復したものの相変わらずゲホゲホと咳をしていた。
そして気がつくと僕も『ゲホっ、あれっ? ゲホっ、あ・・・』。
「気のせい、気のせい」
と自分に言い聞かせた。

潮が上げてムネ〜カタまでサイズアップしました〜

潮が上げてムネ〜カタまでサイズアップしました〜


そしてその翌日、旅の3日目にBE-WETチームに同行させてもらいクラマスへプチサーフトリップに行った。 続きを読む…

タグ: , ,

コチラが立てば、アチラが立たず。。

バリに滞在中のプロネットサーファー、いとうまさしです。こんにちは。

今日はリアルプロサーファーK氏のバリ滞在レポートをお送りします。

6:00
プロサーファーの朝は早い。夜明けと共に起きて、着替える。
ビーチ沿いの道を散策がてらジョギングするのだ。

サヌールビーチの夜明け

サヌールビーチの夜明け

6:45
ジョギングから帰る。そして朝食へ。
ホテル(プリサントリアン)の朝食はバイキング形式で食べ放題。
プロサーファーともなると、食べる量がハンパではない。

写ってない皿も入れると3皿!

写ってない皿も入れると3皿!

7:30
おもむろにパソコンを取り出し、画面を開く。
K氏はプロサーファーであると同時に、凄腕のビジネスマンなのである。
それが皆を引きつける、彼の魅力の1つとなっている。
続きを読む…

タグ: None

ネットプロサーファーという生き物

今回のバリトリップに同行した僕の相棒まさ〜し。
まさしにとってはほぼ初海外旅行。
『ほぼ』と言ったのは、7〜8年前に仕事で中国に1泊だけした、という輝かしい実績があるためだ。
そのときは打ち合わせをしてホテルで寝て帰ってきただけということだったので実質上初海外旅行ということになる。

そんなまさし。
僕とともにバリ移住を決意しているツワモノ。
行ったこともないのに移住を決意とはやはりタダモノではない。
「ん〜、やはりまさしはたくましい男だな〜」
などと感心していた。

飛行機に乗り込み、「いざ決戦の地、バリへ!」と意気込んだ。
フライトは順調に進み、到着約1時間前。
「もうすぐ着くね〜」
と横にいるまさしに声をかけると・・・
真っ青な顔をしてまっすぐ前を見てこちらの問いに応えようともしない。

えっ・・・
あれっ・・・
まさか乗り物酔い??

デンパサールにて真っ青まさし

デンパサールにて真っ青まさし

続きを読む…

タグ: , ,

Cobianがサポーターに! こいつとともに世界を歩くぞ〜

わあ、いきなりビーサン富豪になったのです

わあ、いきなりビーサン富豪になったのです


カリフォルニア生まれのサンダルブランド『cobian』がサポーターになってくれることになりました!
ああ、なんとありがたい。

「けいさん、いつも裸足でビーチを歩いている姿はあまりにも悲惨で可哀想なのでうちのサンダルを履いてくださいな」
とは言わないが、まあそれでも実情は同じようなものだろう。

これで砂浜がどんなに灼熱だろうが凍っていようが怖いものなしだ。
これで砂浜に潜んでいる瓶のかけらで足を切る事もなくなるし、カツオノエボシの死骸を踏んで足を腫れ上がらせることもなくなるのだ。
とまあ冗談はさておき、サーファーはビーサン履いて過ごす率が一般の方と比べるとグーンと高いので、ビーサンにはこだわりたいと常々思っておりました。 続きを読む…

タグ: , ,

出張という名のサーフトリップ

結婚して5年。
海外トリップに行く機会はめっきり減り、行ったとしても10日がいいところだった。
何年ぶりかに1ヶ月を超えるトリップを目の前に準備に追われる日々を送っている。

どう見てもただのサーフトリップだな〜

どう見てもただのサーフトリップだな〜

続きを読む…

タグ: , ,

湘南の放射線値は?

みなさん、おはようございます。
1月11日水曜日、今朝も寒〜い朝を迎えている湘南エリア。
吐く息も白く、公園の池は薄〜く氷がはってました。

湖状態ですね〜

湖状態ですね〜


さあ波のほうですが、今朝も残念ながらほぼフラットですね〜。
ん〜、今日も仕事するかっ。
13日からのバリ出張風サーフトリップに向けて頑張るかっ、って感じです。 続きを読む…

タグ: , ,

緊急速報! いま危険が

中部大学教授 武田邦彦先生

中部大学教授 武田邦彦先生


年末からセシウム137の降下量レベルが急激に上がっているという情報がある。(詳しくは中部大学武田邦彦先生のブログはこちら
事故直後よりはやや低いという値というから驚きである。
なぜこの時期にまた?
と思ってしまうが、原因はともかく放射性セシウムの値が上がっているという事実を受け入れて対応しなくてはならないようだ。 続きを読む…

タグ: ,

サーファー高齢化進行中

風変わり、いい波になった夕暮れ時の辻堂

風変わり、いい波になった夕暮れ時の辻堂


やはり僕が睨んだ通り、夕方風がオンショアからオフショアに変わった。
昨日と同じパターンだ。
こういうときは意外と同じパターンが数日続いたりするのだ。

風が変わったのと同時に仕事を放り投げて海へGO。
サイズはムネ〜カタ。 続きを読む…

タグ: , ,

仕事はじめ

ひたすら川沿いを走ったのです

ひたすら川沿いを走ったのです


年末年始は実家めぐりだった。
毎年お正月になると運動不足に加え、朝から晩まで食っちゃ寝を繰り返すため、体重を2〜3kg増やしてしまうという悪いサイクルになってしまうので、今年はとにかく『間食せずに1時間はジョギングをする』という厳しいルールを自分に課した。
家の近くの川沿いを1時間走り続けた。
川は川でなかなかいいもので、カワセミなどと遭遇したり、川で泳ぐコイなどを眺めながら走った。
5日間そんな生活を繰り返したので「痩せたっしょ」と思いきや体重計に乗ってみるものの体重の増減はまったくなかった。
まあ、2〜3kg増えるというサイクルを阻止しただけでも良しとしよう、ということにして自分を納得させることにした。 続きを読む…

タグ: , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/