SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

甦る寒さの脅威

冬の日本の街並

冬の日本の街並


寒いってこういうことだったっけ。
もうすっかり寒いという感覚を失っていたボク。
バリで迎える25度くらいの朝に「ああ、今日はさみーなー」なんて吐かしている自分がなんだか恥ずかしくなった。

羽田空港に着き、タラップに降りると冷気が体に触れてきた。
おおお、なんだこの突き刺すような刺々しい空気は。
まるで優しさのかけらもない。
湿気もない。
無機質な空気。
ボクはそんな冬の空気に身を固くした。 続きを読む…

タグ: None

日本に帰国してやりたい5つのこと

さあ、日本です!帰るのです!!

さあ、日本です!帰るのです!!


さあっ、帰国です。
日本です。
寒いんです。
でもうれしいのです!

やっぱりナンダカンダといっても日本がうれしい。
バリにできた丸亀製麺に足繁く通っているくらいのボクなのであるが、やはり日本の食、本場の日本食が恋しい。
もちろん、我がド天然嫁の料理も完全日本食なので飢えているほどではないのだが、やはり美味いラーメンとか鍋とかそういったものが食べたいのだ。

で、今回帰国してやりたいことというと、

1、らーめんを食べる
2、すき焼きを食べる
3、豚しゃぶを食べる
4、温泉にいく
5、友だちに会う

とまあ、こういったラインナップであろうか。
5分の3が食に関することというのは我ながら少々大人げないとは思うのだがこれはもう本当のところなので仕方がないことだ。

もちろん帰国の目的はお仕事。
仕事をきっちりこなし、やりたい5つのことも成し遂げたいと思うのです。
さっ、帰ろう。
故郷に帰ろう。

(有本圭)
※facebookアカウント『Kei Arimoto』では友だち上限に達してしまったため『フォロー』という形で友だちを募集しています。サーファー、海好き、バリ好きの方であればフォローいただいた方はこちらからもフォローさせていただきます。ただし、こちらからフォローできる方は『フォローを許可する対象を[全員]に設定している人』のみですのでご了承ください。

タグ: ,

うれし恥ずかし大人のアセモ

汚いオッサンのアセモ

汚いオッサンのアセモ


ここ最近、とにかく蒸し暑い。
一週間ほどシトシト雨が降っているせいで空気はじっとり湿っている。
汗が止まらない。
壊れてバカになった蛇口のように汗が出っぱなしなのだ。
そして予想だにしていなかった驚愕の現象がボクを襲ってきた。
それは所々にできたアセモだ。 続きを読む…

タグ: ,

12月2日 バリの波 〜復帰戦〜

たまのセットはこんな感じ

たまのセットはこんな感じ


腰痛による休養を余儀なくされてから1週間。
ようやく海へと戻ってくることができた。

休養期間中はありがたいことに波もなく、天気もグズグズであった。
こういうときに波があって天気もカーンと晴れていたりすると早めの復帰をはかり、さらにこっぴどく痛めてしまうというパターンも少なくないので非常にタイミングのいい腰痛であった。
日々、波ないよ情報が入ってくるたびに内心では「よーしよしよし」と喜んでいたのだ。

そんなこんなで、本日も波は小さいバリ島なのであるが、なんとか遊べるポイントもあった。
最大セットでカタくらい。
途中で目を開けることすらできないほどの大スコールに見舞われたことでポイントはガラ空き状態になってくれた。
ある意味ラッキーだ。
瞬間的にはほぼ貸し切り状態になってくれた。
しかもいい具合でホレてバレルの波も現れるようになった。
リハビリサーフィンにはもってこいなコンディションであった。

思いのほか腰は回復しており、セッションの後半には結構調子に乗って思いっきりサーフィンすることができた。
やっぱりサーフィンはいいわ。
精神的にいい。
波立っていた心が静まってくる感じがする。

この休養期間中にいろいろと体のことを調べてわかってきたこともあったので、しっかりケアしつつKeep Surfingしていきたいと思う。

(有本圭)
※facebookアカウント『Kei Arimoto』では友だち上限に達してしまったため『フォロー』という形で友だちを募集しています。サーファー、海好き、バリ好きの方であればフォローいただいた方はこちらからもフォローさせていただきます。ただし、こちらからフォローできる方は『フォローを許可する対象を[全員]に設定している人』のみですのでご了承ください。

タグ: ,

2017年問題

いとうまさし社長

いとうまさし社長


ボクにはいとうまさしというビジネスパートナーがいる。
ちょっと前までバリ島で暮らしていたが今は日本にいる。
パレット株式会社というなんだかちょっと可愛らしい名前の会社を2人で運営しているのだ。

今週日本に帰国する予定があるのだが、その際には当然会うことになっている。
なにしろ役員2人が数ヶ月ぶりに顔を合わせるチャンスなのであるから、それを逃すわけにはいかないのだ。

このいとうまさしという男、ルーズなのかきっちりしているのかよくわからない掴みどころのない男なのであるが、常になんとなくちょっと先のことを考えている。
例えば2020年にはどうなっていたいか、などという果てしない質問をしてきたりするのだ。
ボクの場合、明日の予定はボンヤリ決まっていても明後日になるともうほとんど暗闇だ。
それが6年後ともなると、もうどこで何をしているのか皆目検討がつかない。
先のことはほとんど見えないというのがこれまでのボク生き方なのである。

このように、いとうまさしという男はだいたいいつも何か先のことをあれこれと考えている男なのである。
しかしこの男のスゴイところは、2〜3年前に「2〜3年先はこうなっている」という予測をほぼ寸分狂いなく達成しているという点であろう。
それに引き換え、ボクの場合はまったく場当たり的な生き方に終始しているので、2〜3年先のゴールは常に変動していくのでどうも当初設定した目的地にはうまく辿り着けていないというダメ人間流され型スタイルを貫いていってしまっている。

で、今回会うにあたって、「2017年にどうなっていたいか?」というドーンとした命題が出されてしまった。
なぜ2016年や2018年ではないのかというはっきりとした理由はわからないが、とにかく2017年なのである。
きっと彼には明確な理由があって2017年なのであろう。

>> 次のページ >> 2017年問題

タグ:

奇跡的な不運

儚いものよ電気機器

儚いものよ電気機器


もうホントにふざけるな〜〜〜〜〜〜〜、と叫びたい。
オレが何をした?
何かしたのか??
嫁と娘がシンガポールに行っている間、いつも止められているマックで2食連続でダブルチーズバーガーを食ったのがそんなにいけないことだったのか?
他に何かしたっけか?
してねーよな。
ちきしょーーーーー。

おっと、申し訳ない。
完全に乱れてしまった。
でも聞いてください。
乱れるのも無理はないと思えるほどありえない奇跡的に不運な話なのです。

昨晩の話である。
1月号のNALUの原稿締め切りが本日の15時に迫っていた。
まあこういうことをいつもギリギリにやるからいけないのかもしれないが、ギリギリでしかやれないという正しい理由もあるにはあるのだ。
まあその辺はいろいろと言い訳がましくなるのでいいとして、とにかく本日の15時を目指してほぼ原稿完成というところまでこぎつけていた。
おっしゃ、ほぼOKだな、ちょっくらDVDでも見ながらストレッチでもするかっ、とDVDをPCに入れたのが事の発端だった。
DVDを見ながら20分ほど腰痛回復のためのストレッチなどをし、パソコンを机に戻し「さあ、仕上げをするかっ」と椅子に腰をおろしたときのことである。
突然パソコンの画面がプチっ、となんとも情けない音とともに消えてしまったのだ。
あれ〜、ど〜した〜。
まさかね〜。
電源を入れてみる。
DVDが元気よく回る音がする。
起動はしているようだ。
でもどうした?
画面は真っ黒なままだ。
うそ〜。
いやいやいやー。
まさかね〜。
もう一度強制終了で電源を落とす。
ちょっと休ませよう。
休ませれば大丈夫だ。
そう言い聞かせて1時間ほど空けて再度電源を入れる。
DVDが回り出す。
イヤな予感。
さっきと同じ動きだ。
正しく起動するときにはDVDは後からまわり始めるはずだ。
予感は的中する。
画面は真っ黒なままだ・・・
>> 次のページは >> ここ数年で最大のピンチがっ!!

タグ:

規則的な不規則生活

お昼寝から目を覚ますこんな風景が

お昼寝から目を覚ますこんな風景が


腰痛によりサーフィンを封印して5日目。
おかげさまでかなり回復してきている。
波があればもうサーフィンしちゃってもいいくらいなのだが、本日も波無しのバリ島なので休養にあてた。
しかしやはりなんとなく日中体を動かさないと全体的に調子が悪くなってきてしまう。
まず何が調子悪いかって、生活が乱れ不規則になってきていることだ。

1日目は20時に就寝。
2日目は3時に就寝。
3日目は20時に就寝。
そして4日目は3時に就寝。

まあ、ある意味では規則的な感じにはなっているのだが、こういうのを世間では規則的な生活とは言わないのだろう。
規則的な不規則とでもいおうか。
なんだかややこしいのだが、とにかく『寝過ぎ』→『眠れない』→『寝過ぎ』→『眠れない』というおかしなスパイラルにハマりつつある。

やはり日中、じっと書斎で仕事ばかりしていると体の機能が低下してくるようだ。
なんかその辺りを目的もなくブラブラ歩いてみるとか、プールで泳いでみるだとか、とにかく何かしら体を動かしたほうが良さそうだ。
中年おっちゃん仕様の腰痛体操ばかりしていてもなかなか夜すんなりと寝付くことができないのだ。
>> 次のページ >> 眠れぬ夜に待っているものは

タグ: ,

人と楽に接するボクの方法

みんなと過ごす夜も悪くない

みんなと過ごす夜も悪くない


そういやーこの状況って意外と初めてかもしれない。
一人で過ごすバリの夜。
家族、つまりボクにとっては妻と娘のことであるが、その家族が留守にしているバリの夜。
よく考えてみるとボクにとっては初めての経験かもしれない。
ワケあって今夜は妻と娘はシンガポールにいる。
だからボクはバリの家で一人で過ごしているのだ。

一人でいること自体は決してキライではない。
以前はむしろ一人でいるほうが好きだった。
旅はいつでも決まって一人旅であったし、サーフィンだって仲間と現地で待ち合わせしても行き帰りは一人で車を運転する事を好んでいた。
まあ、たぶんどちらかというとワガママな性格なのだろうし、勝手気ままにしていたいという性質が強かったのだろう。
若さゆえの不器用さもあり、周りに協調するより一人のほうが楽だったのだろうと思う。

いまはもうすっかり大人、というかオッチャンになってしまったのでその辺は上手くコントロールというか、無理せずに自分を楽に出すことができるようになっている。
だから人と一緒にいることは決して疲れることではなくなった。
それはつまりシンプルに表現すると、『別に嫌われたっていいやっ』という開き直りが根底にあるからなのかもれいない。
>> 次のページ >> 自然体こそが最高の自分

タグ: ,

11月28日 バリ島の波 〜追い風〜

セットでヒザ? ほとんどフラットです

セットでヒザ? ほとんどフラットです


いやー、本日のバリ島、本格的に波がないっ!
ああ、良かった良かった。
ありがたいありがたい。
腰痛でサーフィン休養中のボクにとっては非常にありがたい状況だ。

腰を痛めてからというもの、バリ島は全体的にサイズダウンしてくれて、珍しく小波コンディションが続いている。
当分この調子で波が無さそうな予報になっている。
なのでボクもそれに合わせて週明けあたりまでは心ゆくまで休養、という流れにしようと思っている。

腰の具合は徐々に回復しており、もし波があったらもういっちゃうかっ、というレベルまできている。
でもたいがいこれくらいの回復度で海に出てしまうと完治せずにずるずると痛みを引きずるパターンになりがちだ。
なのでこれはこれでいい機会、ということでじっくりじわじわ完治させてやろうという気になっているのだ。

(有本圭)
※facebookアカウント『Kei Arimoto』では友だち上限に達してしまったため『フォロー』という形で友だちを募集しています。サーファー、海好き、バリ好きの方であればフォローいただいた方はこちらからもフォローさせていただきます。ただし、こちらからフォローできる方は『フォローを許可する対象を[全員]に設定している人』のみですのでご了承ください。

タグ: , ,

アカーンな体に・・・

まずは研究から

まずは研究から


自分の持ち物で何が大切かって?

それはね〜、『体』ですねっ。

車とか家とかそんなもんはどうでもいいのだ。
何より大切なのは体。
調子がいいときにはまっ先に『体』なんて発想はないかもしれないのだが、失って初めて気付くのが体の大切さなのだ。

ここ最近、体に対してルーズになっていた。
仕事が正念場を迎えており、体のケアを怠っていたのだ。
体は正直だ。
そんな邪険な扱いをしていたらすぐにガタがきてしまった。
以前はサーフィン前、サーフィン後、就寝前にストレッチなどをして体のケアをしていた。
しかしなんとなく心に余裕がなくなっていたのか、何もせずにドーーンっと海に入るようなことを続けていたらあっという間に腰痛が再発してしまったのだ。
まったくもって体は正直なのだ。
>> 次のページ >> 運動前にストレッチをしないほうがいいという説もあるが・・・

タグ: ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/