SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

春の入り口

波残ってますね〜

波残ってますね〜


3月1日、まさに今日から春!って感じがする日ですよね。
昨日真っ白に雪化粧されたビーチでサーフィンしましたが、今朝は一転、春を感じる陽気になっている湘南エリアです。
今日からどんどん暖かくなっていってほしいですが『三寒四温』という言葉もある通り寒くなったり暖かくなったりしながら徐々に春めいてくるんでしょうね。 続きを読む…

タグ: , ,

シャキっと!

バリから帰国し、ほぼ引きこもり状態といってもいいような生活をしている。
寒さにやられ、ブルブルと震えながら家で布団にくるまって時を過ごしているのだ。

今朝は朝から大雪。
交通機関も乱れ、こんな日は一日中家でヌクヌクと過ごしていたい日ナンバー1。

サイズアップしてきた〜。雪だけど・・・

サイズアップしてきた〜。雪だけど・・・


しかし午後になり湘南エリアは予想通り南東ウネリがヒットし始めた。
寒くて寒くてサーフィンなどしたくない、とは口で言いつつも天気図だけはしっかりチェックしていた。
寒さをこらえながら帰国後初波チェックをしてみた。
するとハラ〜ムネくらいの少し速めのいい波ががガラガラの海にブレイクしていた。 続きを読む…

タグ: , ,

パプアニューギニアうるるん紀行第2弾! 

バリから帰国し、日本社会に馴染めずに少々困惑気味な私。
そろそろ「えいやっ」と気合いを入れて社会復帰しなきゃいけないかな〜なんて思い始めた矢先。
3月17日からパプアニューギニアのバニモというサーフキャンプに行く事になったのです。

パプアの子供たちのキラッキラの笑顔

パプアの子供たちのキラッキラの笑顔


パプアといえばバリなんかとは比べものにならないほどの原始社会。
なんつったって国民の80%が自給自足の生活をしている国なのだ。
まだ発見されていない部族もいるというのだから驚きである。
現地の子どもたち

現地の子どもたち


2010年12月、パプアの地に初めて足を踏み入れた。
文明社会で生活している僕らが忘れかけている人間臭さがパプアでは至るところでプンプン臭ってくる感じがした。
普段着飾っているものを全てのモノを脱ぎ捨てて裸で生きている感じ。
その環境に入っていくと、僕までも丸裸にされてしまうような感覚。

「ああ、俺ってこんなに汚れているんだな〜」
とか、
「ああ、そういえばこんなにピュアな部分もあったっけ」

なんて感じでそのまんまの自分に出会えた気がした。

チュービーな波もありますよ〜

チュービーな波もありますよ〜


もちろん波も良い。
でも波云々より得るモノが多かった気がしたのです。

さあ、2012年のパプアではどんな経験ができるのでしょうか。
いい波にも出会えるでしょう。
でもそれ以上に楽しみなナニカに出会える気がしてならないのです。

※ 3月17日〜24日までのパプアトリップに同行したい!という方は是非お問い合わせください。
mail = flowfree0723@gmail.com 有本宛

2010年パプアトリップの模様は
1、パプアトリップ前編はこちら
2、パプアトリップ後編はこちら

タグ: , ,

常夏バリ島か〜ら〜の〜

常夏バリ島か〜ら〜の〜

常夏バリ島か〜ら〜の〜


1月13日から1ヶ月半、常夏のサーフパラダイス、バリ島へ行っていたおかげで帰国後日本の厳しい寒さにすっかり戦意喪失茫然自失状態に陥っている僕。
24日に帰国し、25、26日と家の目の前のポイントにいい波が入ってきていたのにうすうす気がついていたが、見て見ぬフリをして家の中で生後8ヶ月になるベビ子とぬくぬく過ごしていた。

「次にサイズアップしたら海に入るぞ〜!」

と意気込んでみたものの、今朝の大雪を目の前に完全に後ずさってしまった。 続きを読む…

タグ: , ,

バリ島の魅力は!?

エンドレスサマサマアイランドバリ島を後にし、春の入り口に立っている日本に戻ってきた。
寒いというだけでいろんなことが厳しい。
駅のホームで電車を待っている3分間がなかなか進まない。
外で嫁の迎えの車を待っている5分間がオソロシク長く感じる。
暑ければその待っている電車がさらに5分遅れようと、嫁が10分遅れようとなんとなくボーッとその場で口でも空けながらアホ顔で待つ事ができる。
暑い国と寒い国では体感時間がまったく違うのだ。
暑い国の人たちが総じて時間にルーズなのがうなずける。

バリ人はのんびり名人

バリ人はのんびり名人


じゃあ暑い国の人ってなんとなくだらしなくダラダラしてんだね〜、とお思いでしょうが、ある部分ではその通りかもしれない。
しかしその反面、いいところもたくさんある。 続きを読む…

タグ: , ,

ジャランジャラン The Final

1ヶ月半にわたるバリトリップがいよいよ終焉を迎えようとしている。
2月23日、バリ最終日に今回もっとも行動をともにし、いろいろな面でお世話になり、ときにはアホ話に花を咲かせて涙が出るほど笑いあったりしたバリ在住メローサーファーひでさんが、

「最終日でしょ。会社休んだからどっか波乗りしに行きますかっ」

と誘ってくれた。

じゃらんじゃらん the ファイナル

じゃらんじゃらん the ファイナル


ひでさんとバリをジャランジャラン(の〜んびりブラブラ散歩)するのは今回で何回目になるだろうか。
わりと早い時間に待ち合わせ、「ほんじゃおつかれさま〜」と別れるのは夜だったりするのだが、肝心のサーフィンは1時間前後しかやらないというサーファーとしては「お前らなにやってんの?」的なまったくガッツキ感のないサーフプチトリップなのです。 続きを読む…

タグ: , ,

さあバリトリップも大詰めです!

本日もコシ〜ムネサイズ

本日もコシ〜ムネサイズ


バリは波がデカい,というイメージを持っている方が多いと思うがバリだって波が小さいときは小さい。
ここ2週間ほど波がなくなってしまっているバリ。
とはいえコシ〜ムネくらいはコンスタントにある。
一般的な日本人サーファーなら十分楽しめるサイズだ。 続きを読む…

タグ: , ,

本格的じゃらんじゃらん

ジャランジャランとはインドネシア語で『の〜んびり散歩』のような意味があるということは先日の記事でも紹介した。
今回のジャランジャランも前回同様バリ在住メローサーファーのひでさんと波のないサヌールエリアを抜け出してクタサイドを見学しにいくことにしてみた。
波が良ければサーフィンするし、無ければそのまま飯でも食って帰ってきますかっ、という本格的ジャランジャラン。
風まかせ〜、な散歩なのです。

日曜日は車が空いてるからジャランジャラン日和〜

日曜日は車が空いてるからジャランジャラン日和〜

続きを読む…

タグ: , ,

まさしサンドはドタバタサンド??

今回の旅は1月13日から始まっている。
すでに記憶の遠くに追いやられてしまっているが、前半の一週間は僕のパートナー『ネットプロサーファーまさし』が同行していた。

前回の旅は寝込んでたまさし。今回は??

前回の旅は寝込んでたまさし。今回は??


彼にとっては今回のバリトリップが初海外だったのだが、行きの飛行機に酔い、 2日目には風邪で寝込み、帰国するその日までゲホゲホと咳をしていのだ。
完全に『洗礼トリップ』となってしまったようだった。

今回の旅の後半に再びそのまさしが今度は家族と一緒にやってくる。
さあ今回はどんな旅になるのでしょうか。
飛行機に乗り込む朝、「今回は大丈夫かな〜」と心配しつつパソコンを開けると衝撃のメールが入っていた。

「事故渋滞で車が動きません。車を捨てて電車に切り替えます」

メールが入っていたのが9時前。
出発は11時。
しかもまだ戸塚(神奈川県)にいるとのこと。

「おいおいっ、大丈夫かいっ」

と本格的に心配になった。 続きを読む…

タグ: ,

バリ人サーフィンフォトグラファー『トンちゃん』

トンちゃんは今日もサーフィンフォトを撮り続ける

トンちゃんは今日もサーフィンフォトを撮り続ける


バリ島にもサーフィンを専門にシューティングするフォトグラファーがいるのです。
その名は『トンちゃん』。
トンちゃんといっても『富夫さん』でなければ『富美子さん』でもないのです。
歴としたバリニーズなのです。 続きを読む…

タグ: , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/