SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

バリ人サーフィンフォトグラファー『トンちゃん』

トンちゃんは今日もサーフィンフォトを撮り続ける

トンちゃんは今日もサーフィンフォトを撮り続ける


バリ島にもサーフィンを専門にシューティングするフォトグラファーがいるのです。
その名は『トンちゃん』。
トンちゃんといっても『富夫さん』でなければ『富美子さん』でもないのです。
歴としたバリニーズなのです。 続きを読む…

タグ: , ,

サーフィン中毒発症のお知らせ

先日当サイト『SWP』でもご紹介した僕の幼なじみヨッコ。
彼はソニーのアメフトチームの選手で、海とは無縁の男。
でも僕はそんな彼の心の泉に小石を投げてみた。

「せっかくバリにまで来てサーフィンしないの?」

「俺サーフィン興味ないもん」

最初はそう言い切っていた。

しかし僕は諦めずに小石を投げ続けた。

「バリでサーフィンしないなんてもったいないんじゃない?」
とか、
「バリは世界でもいい波島として有名なんだぜ」
とか、
「女の子の初心者でも楽しく波に乗ってたぞ〜」
などと粘り強く小石を投げ続けた結果・・・

「せっかくバリに来たんだから1回ぐらいサーフィンやってみよっかな」

となり、まんまと僕の術中にハマったのだ。

サーフィン似合わねえ〜〜〜、って感じです(笑)

サーフィン似合わねえ〜〜〜、って感じです(笑)


僕が投げた小石の波紋が彼の心に広がり大きなウネリとなったようだ。
続きを読む…

タグ: ,

ロタ島のリベンジ!? 

リゾートとしてのバリもアリなんです!

リゾートとしてのバリもアリなんです!


「お前がバリにいるなら俺も行こっかな」

という連絡が中学時代の親友から連絡があった。

「おう、もちろん来い来いっ」

と言ったものの、そいつはサーフィンするわけではないし、仕事でバリとの絡みもない。

「こっちで何か見たいものとか行きたいところとかあるの?」

と僕が聞くと、

「いや、特にないよ。ただお前と南の島でのんびり語らうだけでいいと思ってさ。ほら、ロタ島のリベンジだよ」

ロタ島・・・
その響きにはいまでもトキメキを感じる。 続きを読む…

タグ: , ,

バリの日差しは凶暴なのです!

波がないとは言えませんよね〜

波がないとは言えませんよね〜


波がなくなってしまったバリ。
といっても日本でいうところのコシ〜ムネくらいは波があるのですが、やはりバリのいつもの姿を考えるとちょっと物足りない感じはする。

昨日に引き続き、日本から来ているビギナーサーファーのマキちゃんに付き合ってサヌールの某ビーチでサーフィンした。
ロングボードなら結構楽しめる波。
さらに初心者には最高の波だ。 続きを読む…

タグ: , ,

ビーチはどうだ!?

こんな感じの波はザラなのです!

こんな感じの波はザラなのです!


バリのeast sideは世界を代表するリーフブレイクの宝庫だ。
世界のベストブレイクの一つ『サヌールリーフ』をはじめ、JPSAのコンテストが開催されたことでも有名な『クラマス』などいい波がひしめき合っている。

そんな中、あまり知られていないがサヌールにはビーチブレイクもある。
日本人初級者サーファーやビギナーサーファーが雨期の時期(12月〜4月)にバリに来ると連れて行ってもらえるのがこのビーチブレイク。
へえ〜、そんな安全なポイントもあるのか〜、などと侮ってもらっては困る。
サイズアップすると男らしい『お〜りゃ〜〜的な波』と出くわす事も珍しくないのだ。 続きを読む…

タグ: , ,

バリの辞書には『ほどほど』ないのだ

とことん黒いぞ 〜有本圭〜

とことん黒いぞ 〜有本圭〜


昔、僕が若かったころ、友人に、

「けいは『中道』ということを知ったほうがいいよ」

と言われたことがある。
『チュウドウ』???

そのときの説明によると、『ほどほどに』とか『程よい程度に』 といったようなニュアンスだったように思う。

確かにその当時(今もあまり変わらないが)は何につけても『トコトン主義』を貫き通し、「ほどほどにまあまあやりますかっ」などというスタンスはどこにも無かったのだ。 続きを読む…

タグ: , ,

これは単身赴任なのか? 

日本が冷えきっている時期に赤道直下の島に来ていることだけでシアワセなことということは重々承知であるが、この1ヶ月張り切って毎日のようにサーフィンしていたのでやや疲れが溜まってきていた。
ということで2月8日は勝手に完全OFFと決めて、食事のとき意外はホテル内で過ごした。

朝からモリモリ3皿!

朝からモリモリ3皿!


朝起きて朝食を取り、 部屋に戻り2度寝し、のっそり起きたらまた腹が減ったので近所の辛ウマのパダン料理を食い、ホテルに戻り昼寝。
昼寝から目覚めてもなんとなく体の奥の方に重いナニカが残っているようで、さらにダラダラ過ごしていった。 続きを読む…

タグ: , ,

バリにいても世界は狭いな〜

毎日毎日波はあるんです!

毎日毎日波はあるんです!


相変わらず毎日毎日波のあるバリ。
波が良くなりそうな潮回りやポイントもなんとなくわかるようになってきて、効率よくいい波を当てれるようになってきた。
こちらには日本のようなリアルタイム波情報 などないので野生の勘を働かせるほかないのだ。

潮が上げ始める時間にハイヤットリーフにいつものボートに乗り込んだら真っ黒に日焼けした日本人女性が一人でボートに乗っていた。
日本人女性一人でハイヤットリーフに行くというのは案外珍しいことなので、興味を持った僕は声をかけてみた。

「どちらからですか?」
「福島なんですよ」
「福島ですか、大変でしたね〜。僕は湘南からなんですよ」

「あれ、もしかしてアリモトケイさんじゃないですか?」
「え、あ、そうですけど・・・」
「私、アッちゃんです」
「えええええ、あのアッちゃん?」 続きを読む…

タグ: , ,

Nusa dua番外編

『二ノ島』のうちの一つ島

『二ノ島』のうちの一つ島


バリの中でもツーリストには馴染み深いヌサドウアエリア。
Nusaが島でduaが数字の2を表す。
日本でいうところの『二ノ島』みたいな感じなのだろう。

雨期にバリに来たのが初めての僕は何を隠そう今回が初ヌサドウアだったのです。
サーファーにとって、風の合わない乾期のヌサドウアにはまったく興味がそそられなかったのだ。

ハワイ? いやいやバリなんです!

ハワイ? いやいやバリなんです!


中心にあるホテルエリアはキレイなリゾートになっており、ハワイを彷彿とさせるような風景だった。
5スターのホテルが建ち並び、世界のセレブたちが上品にバリを楽しんでいる姿はいつも安宿で波のことしか考えていなかった僕には衝撃的な光景だった。 続きを読む…

タグ: ,

ジャランジャラン のんびりいこうぜプチトリップ

インドネシア語で『ジャランジャラン』とは『ぶらぶら散歩』のような意味があるらしい。
今日は一応日曜日。
毎日日曜日のような日々を送っている僕にとってもなんとなく胸を張って休める日なのである。

ということでバリ在住のひでさんとヌサドウア方面にジャランジャラントリップに出かけることにした。
「いい波当ててチャージしまっくってやる〜」
とか
「でかい波にチャレンジ!!」

なんていう気負いはまったくなく、
「ま、波が良かったらやりますかっ」
というあくまでもジャランジャランな旅なのです。

スリランカポイント、ちょっとトロいかな〜

スリランカポイント、ちょっとトロいかな〜


まずはバリなのにスリランカポイントという名のポイントをチェック。
波は良さそうだがちょっとトロかった。
「次行ってみますか〜」
とあくまでもグルメな僕たちはより良い波を求めて次のポイントへ。 続きを読む…

タグ: , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/