SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

サーフィン戦隊 波レンジャー まとめ その1 〜海の平和は我々が守る!?〜

海の平和を守るために結成された謎の組織、サーフィン戦隊 波レンジャー。
海で困った人がいると、どこからともなくやってくる。

サーフィンに明け暮れた結果、日に焼けてしまい、全員が黒レンジャーになってしまったそうな。。
そんな波レンジャーの活躍をつづる、落書きマンガ風のサーフィン用語解説です。

そんな用語知ってるよ、という人も是非!

サーフィン戦隊 波レンジャー登場【用語解説 ダンパー, セット】

サーフィン戦隊 波レンジャー、教える。【サーフィン用語 前乗り, ピーク】

サーフィン戦隊 波レンジャー、過去を語る【サーフィン用語 カレント】

サーフィン戦隊 波レンジャー パパ登場!【用語解説 切れた波、速い波、ワイドな波、など】

タグ:

有本圭自伝『少年おじさん』 まとめ ~地球一周船旅への道のり~

私有本圭の自伝『少年おじさん』。

嫁が「今のけいくんと同じじゃん」と言った少年時代

嫁が「今のけいくんと同じじゃん」と言った少年時代

僕は何を隠そう、おじさんのくせに少年のようなところがあるらしく、周囲にはそんな滑稽なあだ名をつけられてしまっているのだ。
このままいくと、きっと『少年おじいさん』にまでエスカレートしていきそうなのです。
でも、まあここまでいったら少年の心を持ったおじいさん、『少年おじいさん』を目標にしてしまおう、などとクダラナイことを考えたりしている今日この頃なのです。

そんな僕の半生を綴った自伝を、22歳の時から16年間書き続けている日記を元に振りかえってしまうという壮大かつ、バカバカしくも、大した意味もない、お好きにどうぞ的な企画なのである。

毎週火曜日連載のこの企画。
4月12日火曜日から再開し、第5話をリリースします。

それではプロローグから第4話までをどうぞ!

プロローグ 有本圭自伝 『少年おじさん』 明日から連載しちゃいます!

第1話  有本圭自伝 『少年おじさん』  第1話 とある占い師の話

第2話  有本圭自伝『少年おじさん』   第2話 人生が動きだした電話

第3話  有本圭自伝『少年おじさん』   第3話 行けるのか!?地球一周

第4話  有本圭自伝『少年おじさん』   第4話 不純な旅が始まった

タグ:

【プロサーフィン界初代チャンピオン ドジ井坂 まとめ】

新島をチャージするドジ井坂

新島をチャージするドジ井坂

雑誌『サーフィンライフ』で30年にわたってサーフィンクリニックのコーナーを受け持っていることでもお馴染みのドジ井坂さんの特集です。
『髭のおじさん』という印象を持っている方が多いと思いますが、実はドジさんは偉大なサーファーなんです。
ドジさんを通じて日本のサーフィン黎明期の様子も垣間見えてオモシロイかったです。
それと、なんで『ドジ』というあだ名になったのか気になりませんか?
そちらも紐解いていきます。

1、ビーチクラブ
2、ドジ井坂のニューサーフィンスクール
3、ドジ井坂ヒストリー<サーフィンとの出会い>
4、ドジ井坂ヒストリー<渡米>
5、ドジ井坂ヒストリー<ドジ井坂の由来>

タグ:

スタンドアップパドル(SUP)体験会 まとめ 

ぞくぞくと集まってきたぞー

ぞくぞくと集まってきたぞー

日本の自然と丸裸で向き合えるもの。
もちろんサーフィン。
でも波がない日は?
海のないところに住んでいる人は?
そんなときはスタンドアップパドル(SUP)でクルーズしましょう。
まるで水の上を歩いているような感覚。
アメンボーのように水面をスイスイと進んでいけるのです。
スタンドアップパドル(SUP)は日本の風土を遊び尽くすには必須になってくるでしょう。
そんなスタンドアップパドルの体験会の模様をもう1度・・・

1、LOKAHI(ロカヒ)のスタンドアップパドルボード試乗会、大盛況!
2、最終的にはSUPでエボシ岩へ行く羽目に【6時間耐久SUP遊び】
3、朝も早よからSUP(スタンドアップパドル)体験会
4、SUP普及活動実施中!
5、真のSALT WATER PLAYERS【5人乗りサーフィン】

タグ:

ERIC【THE SALT WATER PLAYER 来日 まとめ】

イエーイ! ~ERIC~

イエーイ! ~ERIC~

お洒落なことでも有名なフランスのWATER MANたちを虜にしている大人系サーフアパレル『HOALEN』の社長、ERIC。
人生の生き方、とらえ方、何を大切にして生きているのかなど、サーファーとしてだけではなく、人間的にすごくいい影響をもらった人物です。
やっぱり真摯にやりたいことをまじめにやっていくことができれば道は開けるのですね~。
そんな魅力たっぷりのERICとはどんな人物なのでしょうか。

1、トライアスロンな日々
2、ERICという人物
3、ERICはなんでも屋だった

タグ:

広島を漕ぎつくす 【世界遺産パドルトリップ まとめ】

大鳥居の俗界側でパシャリ ~KEI~

大鳥居の俗界側でパシャリ ~KEI~

親戚の結婚式で広島に行くことになった。
せっかく広島まで行くならなんか海で遊べないだろうかと計画を立て始めた。
瀬戸内海に面している広島には波がないので、サーフィン以外のSalt Water Sportsに限られた。
となるとやはりスタンドアップパドル(SUP)かシーカヤックということになるだろう。
そして、名所であり日本三景の一つである『安芸の宮島』と、今や世界平和のシンボルとなっている『原爆ドーム』でパドルすることになったのです。
そんな感慨深いパドルの模様をもう1度・・・

1、我がルーツでパドルするんじゃけえ
2、厳島神社大鳥居くぐり
3、原爆ドームを太田川から眺めてみるのだ
4、平和の象徴、原爆ドームでパドル

タグ:

【紅葉SUPクルーズin Lake まとめ】

自然のグラデーション。まさに色彩豊か

自然のグラデーション。まさに色彩豊か

日本の四季は美しい。
スタンドアップパドル(SUP)をやり始めて、そんな当たり前のことに気づいたのだ。
秋は秋の、冬は冬の楽しみ方がある。

11月のとある日、スタンドアップパドルを車に乗せて、波のない湘南を後にし、湖へと向かったのだ。
そこには素晴らしい紅葉が我々を待っていたのでした。
そんな素敵なクルーズをもう1度・・・

1、いざ出陣!
2、どこまでもオンショアクルーズ
3、まるで空中散歩
4、紅葉SUPクルーズの極意!!

タグ:

【欲張り伊良湖トリップ  まとめ】

美しい伊良湖の朝焼け

美しい伊良湖の朝焼け

ショートボード、ロングボード、スタンドアップパドル(SUP)を持参して伊良湖へ行ってきたのです。
しかもかの大御所ドジ井坂さんも同行という贅沢なトリップ。
人も波もいい出会いがありました。
そんな欲張りかつ贅沢な伊良湖トリップをもう1度・・・

1、伊良湖いいとこらぁ~
2、食う寝るサーフ
3、少年じいさんに出会った~
4、全日はやはりいい波だった

タグ:

あいのり風サーフトリップはドキドキの連続【ドキドキプーケットトリップ まとめ】

なかなかのいい波! ~KEI~

なかなかのいい波! ~KEI~

ロングボード雑誌『ON THE BOARD』の企画で恋人同士でいくプーケットという企画でプーケットに行くことになったのです。 恋人役に、あるモデルさんが選ばれ、まったくの初対面だったその子と空港で待ち合わせ、二人きりで飛行機に乗ってプーケットに行くことになったのです。
何かとドキドキすることの多かったプーケットサーフトリップ。
そんなドキドキをもう一度・・・

1、モデルのお姉ちゃんと恋人風旅行始まる
2、そして恋人風の二人はプーケットについた
3、さあ、運命のご対面。波どうだい
4、あれ、意外といい波じゃありませんかっ
5、恋人風撮影に入っていくのだ
6、天文学的確率の再会
7、意外と波があることがわかってきた

タグ:

まさに最高な波と仲間との旅【2006 モルディブボートトリップ まとめ】

地球ってすんごい!!

地球ってすんごい!!

最高な仲間と最高の波に乗って、ビールとおいしい食事。
夕方は息をのむほど美しい夕日。
夜は満点の星空。 続きを読む…

タグ:

1 / 212

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/