SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

サマサマ号でゆく、スンバ島の旅。 〜 その3 伝説の波との遭遇 〜

伝説のレギュラー

伝説のレギュラー


サーフアイランドとしてのスンバ島のポテンシャルは計り知れない。
マラリアの蔓延やインフラの未整備などが要因で訪れるサーファーは決して多くないが、ボートトリップであればその辺りの問題は軽々とクリアしてしまう。
海上で寝泊まりするので蚊問題はないし、ボート内のインフラは十分整っている。
海上がりにゲロを吐くまで冷えたビールを飲み続けることだってできる。
日本から持ち込んだ食材を使って日本食を堪能することだってできる。
その上経験豊富なキャプテンがスウェルの方向や風向き、潮の状況から判断し、最適と思われるポイントまで連れて行ってくれる。
我々サーファーはダラシなくボートに揺られながらポイントに着くのを待つだけだ。
通常の旅で見舞われる数々のトラブルなどとは無縁の世界。
そういったトラブルこそ旅のエッセンスになったりするので少々の物足りなさは感じてしまうのだが、でもやっぱりトラブルなどないに越したことはない。
要するにボートトリップとはスンバのような過酷な辺境地でこそその本領が発揮されるのだ。
ボートでは和気あいあい

ボートでは和気あいあい


さて、いよいよ旅も後半へと突入していく。
急速にサーフジャンキー化していく旅のクルーたち。
何しろボートトリップではサーフィンをする以外の選択肢はほとんどないのだ。
自然と体は絞られ、ヒゲを剃るのも億劫になり、シャンプーをする回数も徐々に減っていく。
獣のような匂いを発しながら野生化しつつ波と酒に身を委ねていく。
取り返しのつかないほどの現実社会との乖離が始まっていく。
もうそれまで抱えていた悩みなどどうでもよくなってきてしまう。

ただ、『今』を感じるだけの時間。
海風が身体を包み込む。
陸に目をやると乾いた岩肌とその奥にはジャングルが広がる。
時折、筋状に上がる煙が人間の存在を示しているが、それ以外で人の気配が感じられることはない。
文明社会が恐ろしく遠い存在に感じられる。
携帯の電波など届くはずもなく、i-phoneの電源はオフのままだ。
何もかも捨てて、このままこんな原始の世界に身を委ねたい。
そんな欲求が頭をもたげてくる。
社会復帰レッドゾーンにメーターが達していることに恐怖を感じつつもそんなことですらどうでもよくなってきてしまう。
それほどまでにリラックスした時を過ごすことができるのだ。

>> 次のページは >> ヨシな波に遭遇!!

タグ: , ,

サマサマ号でゆく北マルクボートトリップ Vol2 さらば文明社会

ビニールテープ・・・ですよね?

ビニールテープ・・・ですよね?


夕刻、バリ島の空港を飛び立ちインドネシアの北東部に位置するテルナテ空港へ降り立ったのは翌早朝であった。(前回はこちら
2時間の時差もあり、もはや国内旅行の範疇を軽く超える移動であった。
空港で荷物を受け取りゲートをくぐるとおにぎり型の山がデーンとそびえ立っていた。
その姿を目の前に、もう本格的にすんごいところに来てしまったんだな、とややたじろいでしまった。

空港には我々が約1週間お世話になるサマサマ号のスタッフが出迎えてくれていた。
さっそく車にサーフボードを括り付けていざ出発!と言いたいところであるが、我々7人分のサーフボードは頼りない細っそりとしたビニールテープで縛られていった。
不安にきまっている。
大丈夫なのか?
色とりどりのビニールテープに大切なサーフボードの命を預けるには心許なく、力の限りで手でボードケースを押さえながらの走行となった。
そんな模様をフェイスブックにアップすると「そんなんアカンやーん」的なコメントが続々と入ってきた。
いただいたコメントに返信しているうちに徐々に電波が弱わまり、最後には無情の『圏外マーク』が灯った。
それは文明社会との遮断生活へ突入したことを意味した。
ただ波を求めて東西南北上下右左と船に揺られるサーファー的シンプルライフが始まるのである。

>> 次のページ >> え? 悲しいお知らせが・・・

タグ: , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/