SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

サマサマ号でゆく、ウェストティモールの旅 Vol2 これぞ究極の波乗り旅

T-land、素晴らしい波でした!

T-land、素晴らしい波でした!


1969年、ある冒険心旺盛なオーストラリア人が地図を片手にバックパックとサーフボードを担いでインドネシア最南端の島ロテを訪れたことでこの島のサーフィンの歴史の1ページが開かれた。
当時、白人を見たことがなかった村の子どもたちはその姿に驚愕し、逃げまどったという記述が残されている。
それから47年が経った。
村にはアスファルトの道が敷かれ、サーフスポットに面する沿岸にはリゾートが立ち並んでいる。
サーファーが波を求める力には辺ぴな片田舎の村を一変させてしまう力がある。
こんな風にして世界中の辺境地のサーフスポットは切り開かれてきたのだろう。

で、旅は続いている。(前回はこちら
二日目の早朝、我々サマサマ号は予定通りロテ島沿岸にやってきた。
前夜きっちり深酒したとはいえ、おじさんたちの朝はすこぶる早い。
夜が明けきる前から一人、また一人と寝床から這い上がってくる。
辺りが薄暗いうちから笑い声が船に響く。
おじさんたちは朝が強い。
笑い声に呼応するようにまた一人また一人と共有スペースである食卓に集まってくる。
寝巻きのままポットに用意されたコーヒーをすする。
カフェインの苦味がアルコールにまみれたボンヤリとした脳みそを少しずつ元に戻してくれる。
さあ、いよいよ今日からサーフィンだ。

甲板に上がるとロテのメインスポットであるT-Landのブレイクが視界に入ってきた。
波は十分にありそうだ。
クオリティも良さそう。
でもその分、20人ほどのサーファーたちがラインナップで波を待ち構えていた。
よく考えてみると昨年から参加させてもらっているサマサマ号のトリップでここまで多くのサーファーを目にするのは初めてだった。
T-landの沿岸にはリゾートやロスメンが立ち並んでしまっているので仕方がないことだろう。
どうやらここに来るのが10年遅かったようだ。
貸切パーフェクトウェーブが至上命題のボートトリップにおいて、他のサーファーに混じるのはどうも今一つテンションが上がってこない。
>> 次のページは >> 新たなるツワモノが現る

タグ: , , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/