SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

サマサマ号でゆく、ウェストティモールの旅 Vol4 サーフィンの源にふれた旅

我らがサマサマ号

我らがサマサマ号


ご察しの通り、アルコールにまみれた旅となっていた。(前回はこちら
朝のサーフィンを終えるとためらうこともなく午前8時台には1本目のビンタンビールのプルタブを引いていた。
夕方はといえば「じゃあ、夜の酒を美味しく飲むために」などと言いながらピークへとパドルしていった。
そうかと思えば「よし、じゃあ酒の肴を釣るぞ」と竿を振った。
なんとなくこの旅は酒中心にすべてのことがまわり始めていた。
調理中のしょーごさん。こわいよ〜〜(笑)

調理中のしょーごさん。こわいよ〜〜(笑)


そんな酒主導型トリップにおいて大変な活躍をみせたのがこの旅で『ツートップ』の名を欲しいままにした職業的本格派釣り師川島さんと横須賀釣り連合総長ショーゴさんとの夢の共演だった。
釣ったかと思えば包丁を振るい、昆布で締めたかと思えばお造りを仕上げ、カルパッチョに和風梅カルパッチョ、炙りに唐揚げと「ここは漁師町の小料理屋か」と思わせるほど毎晩食卓が賑わっていた。
「もうこんな贅沢な船乗っちゃったら他の船には乗れないっすよ〜」と漫画風大盛りご飯を片手に米を頬張っていた米伝説タッキーは常に幸せそうに目尻を下げていた。

そんでもって肝心な波の方であるが、T−landから一晩かけてやってきたサブ島の某ポイントでは期待していたバレルは現れることがなかった。
後から書物で調べてみるとそのポイントは『極端に気まぐれなスポット』との記述が載っていた。
まったくその通りであった。
確かに昨年のトリップでは波がないとの予報の中で素晴らしい波に巡り合えていた。
今年は波が上がるとの予想の中でスモールコンディションに見舞われてしまった。
極端に気まぐれなスポットなのだからこんなもんなのだろう。
そんな気まぐれなサブ島サブちゃんにはきっぱりと見切りをつけることにして、全員での協議の上でT-landエリアに戻るという決断を下した。
この決断が大変に正しかった。
>> 次のページは >>  サーフィンの本質??

タグ: , , ,

サマサマ号でゆく、ウェストティモールの旅 Vol3 サマサマ号あらため『様々号』? 

川島さん、今トリップ最高の1枚

川島さん、今トリップ最高の1枚


ロテ島周辺での勝利の方程式がだんだんと明らかになってきた。
メインスポットであるT-landは夕方になるとサーファーの姿がなくなる。
情報によると朝のセッションを終えた島ステイのサーファーたちは早々に飲み始める者が多いらしく、夕方にはマークが外れるという。
おかげでサンセットタイムにはほぼ貸切状態で極上レフトが楽しめるというわけなのだ。(前回はこちら

で、肝心な朝のセッションはというと、これもあるんです。
とっておきのところが。
T-landの周辺にレギュラーのいいスポットを発見してしまったのです。
名前は伏せておきましょう。
伏せるので急に語尾が丁寧になります。
てめー、教えろよ、なんて乱暴に言われても困るのです。
こういうところは小さなこの胸に大切にしまっておくのです。
何しろ毎日貸切で素晴らしいレギュラーの波がブレイクするんですもの。
教えません。
バレるまでは。

美しきロテ島

美しきロテ島


こんな具合に朝はあそこのレギュラー、夕方になるとT-landという方程式で確実に一級品の波にありつくことができた。
でも人間てな生き物は大変に弱いもので、そんな素晴らしい状況下においても「ちょっと飽きてきたな」なんてバカげたことを言い出してしまう。
毎日焼肉にステーキ、というわけにはいかなくなってしまう。
時には納豆も、梅干しも食べたくなってしまうのが人間たるものサーファーたるものなのである。
でもって、いろいろと協議を重ねた結果、昨年貸切りパーフェクトバレルが現れたという伝説の島サブへと航海を進めることを決めたのだった。
>> 次のページ >> サブ島でサブちゃん?

タグ: , , , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/