SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

サーフィンまずはここから 〜テイクオフの仕方。波を捉える3つのコツ〜

テイクオフから全てが始まる

テイクオフから全てが始まる


2週間ぶりにサーフィンをしたときのことをここに書き留めておくことにする。
インターバルがあったことで普段ならスルーしてしまうであろう細かい部分を再確認することができた。
これが皆さんのサーフィンに少しでもお役に立てればと思ったのだ。

久しぶりの海であった。
日本に帰国していたこともあり、頭の中からサーフィンが消えかかっていた。
その間「サーフィンしてえ〜」という思いも湧いてこなかったので2週間より長い期間サーフィンと離れていたような感覚だった。
ボクがバリでホームポイントとしているエアポートリーフはボートでのエントリーだ。
ボートにサーフボードを乗せてポイントへと向かった。
まず、目に入ってくるのはエアポートレフトだ。
サイズはアタマくらいだろうか。
復帰戦としてはちょうどいいファンサイズ。
ボクらはレフトをスルーしてライトブレイクを目指した。

2週間ぶりのバリの海は冷たかった。
季節が乾季に変わり、水温が下がっていたのだ。
「つめてえー」と声を上げつつ軽くテンションが上がっている自分に気がついた。
やっぱりサーフィンはボクの心を軽くしてくれるようだ。
ピークまで肩の調子を確かめるようにゆっくりとパドルした。
ポイントブレイクのいいところはゲッティングアウトが楽チンなところだ。
まったくドルフィンをすることなくピークへと辿りつくことができるのだ。
ピークにいたロコたちと挨拶を交わし、波を待った。
ちょうどセットの谷間でピークに辿りついたようで心を落ち着けることができた。
ほどなくするとセットの1本目のいかにも形の良さそうな波がボクを目がけるように入ってきた。
>> 次のページは >> 波をキャッチできない原因

タグ: , ,

サーファーを育ててくれるスポット

本日もパーフェクトブレイク!

本日もパーフェクトブレイク!


乾季のポイントであるエアポートリーフ。
只今雨季真っ最中なのであるが、久々にエアポートリーフでいい波がブレイクしているぞ、という情報が入った。
ボクは迷わずエアポートリーフを目指した。

波はセットでアタマくらい。
風はほぼ無風。
面ツル状態。
しかもポイントには数人のサーファーしかラインナップしていない。
素晴らしいコンディションであることは明白だった。 続きを読む…

タグ: ,

うれしはずかし初サーフィン@バリ

移住して早1ヶ月が経過しました。

子どもがインターナショナル幼稚園に入園して、ホテルからビラへ引っ越しをして、家電や生活用品を買いそろえて、ちょっと体調崩したりして、そんな怒濤の1ヶ月が経過して、ようやく「そろそろサーフィンさせてもらいたいなぁ」とつぶやけるようになりました。

そんな僕のつぶやきに圭さんは即座に反応し「じゃあ明後日、水曜にでも連れてってあげるよ」ということで、バリ上陸後の初サーフィンとなったのでした。

目の前を飛行機が行き交うエアポートリーフ

目の前を飛行機が行き交うエアポートリーフ

朝5時半に起きて、子どもの幼稚園準備を手伝ったりして「じゃあ、とうちゃんは圭さんと仕事に行ってくるからね〜」なんて言いながらイソイソと遠足気分で家を出ます。 続きを読む…

タグ: ,

先輩、水臭いじゃないですかっ!

湘南の辻堂というサーフスポットには歴史とそれを受け継ぐしっかりとした上下関係があり、たくさんの先輩たちにサーフィンのイロハをレクチャーされてきた。
今の僕があるのもそうした諸先輩方がいるおかげだ。

宮田さんと

宮田さんと


20歳そこそこの生意気盛りだった僕が出会った先輩がいた。
宮田さん。
彼は某ウェットスーツメーカーで営業をしており、サーフショップで働いていた僕の取引先だった。
しかし、同じ辻堂でサーフィンをしていたことで僕とその彼宮田さんは取引先関係というよりは先輩後輩という間柄になった。
その宮田さんがバリに来ているとfacebook上で知り、連絡を取って半ば強引に会いにいった。
「水臭いじゃないですか〜、来るなら来るで教えてくださいよ!」
と僕が言うと、
「バ〜カ、お前がちゃんと俺のfacebookをチェックしてるか試したんだよ」
と宮田さんははにかんだ。 続きを読む…

タグ: , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/