SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

サーファー必見!! Family sale 開催です!

family sale
花粉症真っただ中、3月15日(土曜)16日(日曜)、あのリーシュコード、デッキパッチの『FREAK』やロングスケボーブームの火付け役の『Gravity』などでお馴染みのサーパストレーディングがやってくれます。

何を?
あれよ。
だから何を?
あれですよあれっ。
ファミリーセールですよっ!

おおおお。

ファミリーセールと言えばあんなものやこんなものが死ぬほど安く買えちゃうちょーお買い得かつファミリーたちに優しいと巷で囁かれているあれですね。
あれなのですね! 続きを読む…

タグ: ,

横乗り物語 その6 湘南移住生活

湘南生活が始まった

湘南生活が始まった


ドタバタ劇を経て、はまちゃんの湘南生活は始まった。(前回はこちら
そしてそれと同時にボクの湘南生活も終わりを迎えようとしていた。
荒みきったサーフィン生活に一旦ピリオドを打つことを決意したのだ。

そして、暮らしていた団地の一部屋はボクと入れ替わりではまちゃんが使うことになった。
家賃が安く、立地のいいその部屋を手放すのはあまりにももったいなかったのでそうすることにした。
なにしろ水平線部分1cm程度ではあるが一応夢のオーシャンビューの部屋だったのだ。

はまちゃんは湘南での暮らしを始めるにあたり、さしあたって仕事を探し始めた。
タウンニュースで見つけたとあるサーフィンメーカーへの面接を申し込んだ。
まったく経験のない仕事だったので、とにかく熱意を伝えるしかなかった。
失うものは何も無かったし、ガッツだけは誰にも負けない自信があった。
親戚の家から通う、という軽いウソも交えながらも彼は高い倍率を勝ち抜き、奇跡的に採用へとこぎつけたのであった。

>> 次のページは >> 気がついたら・・・

タグ: , , ,

横乗り物語 その5 無責任男の顛末

辻堂団地にてドラマは起こった

辻堂団地にてドラマは起こった


これは20年ほど前の話である。(前回はこちら
大阪に帰っていったハマちゃんから久しぶりに着信があった。
そのころの僕は辻堂の某サーフショップで仕事らしきことをしており、朝はサーフィン、昼は仕事、そして夜は仲間たちと飲み歩く、というまったくタワケタ生活を送っていた。
その日も完全に酔っぱらった状態でハマちゃんの電話に出た。

「お〜、ハマちゃん!元気でやってるう〜?」
「あれ、有本さん酔っぱらってます?」
「はは、わかるう?」

そんな軽い調子で何分か話し軽快に電話を切った。
その後も快調に飲み続け、いつものようにそのままどこかで倒れるように眠りこけてしまっていた。

明くる日、携帯をいじっているとハマちゃんからの着信履歴があった。
あ、そういえばハマちゃんと何か話したな〜、と霧がかったぼんやりとした遠い記憶の中でハマちゃんとの会話を思い出そうとした。
細かい内容はよく思い出せなかったが、何だか少し深刻そうな話だったような気がした。
でも最後に「ダイジョーブダイジョーブ」とか言いながら気分良く電話を切ったような記憶だけは残っていた。
ということで、根本的にいい加減な僕は「大丈夫かっ」と大胆に開き直り、そのままそのことは再び記憶の引き出しの奥の方へとしまわれていったのだった。

>> 次のページは >> ま・まさかの展開が・・・

タグ: ,

横乗り物語 その4 〜同じ穴のムジナ〜

辻堂の素晴らしい波

辻堂の素晴らしい波


これは約20年前の話である。(横乗り物語 その1はこちら
丘サーファー完全体であったボクは、若かりしころによくある自己顕示欲から自分はサーフィンが上手いんだぞ!とアピールしてしまった直後に運悪くその相手と一緒に海に入るハメになってしまった時の話だ。(前回はこちら

地球一周船旅の船上で出会い、帰国後に大阪から湘南にやってきたハマちゃんと辻堂の海を眺めていた。
まさか大阪のハマちゃんとサーフィンをするとは夢にも思っていなかった。
なのでボクはそこそこサーフィンが上手い風の話を彼にしてしまっていたのだ。
完全に油断だった。

セットでカタくらいのキレイな波がブレイクしていた。
サーファーの姿もそう多くなかった。
絶望的な状況だった。
これではうまく波に乗れなかったときの言い訳が一切きかないではないか。
いきなりお腹が痛くなってしまおうか。
いやそれはさすがにダサすぎる。
そんなことをしてしまったら一生ハマちゃんから逃げ回らなくてはならない人生になってしまう。
それではあまりにミジメだ。
ボクは仕方なくウェットスーツに着替えて、いかにもサーフィンが上手い風のストレッチを入念にしつつ海に入っていった。

運良くいい波に乗れれば、なんとかアップ&ダウンくらいはできる。
いや、今から思うと気持ちいいくらいにできていなかった。
ただクッシンしていただけだったのだ。
できるだけハマちゃんが見てない状況のときにいかにも乗った風の顔で「いや〜、いい波だったよ〜」などと爽やかに言っちゃえばいいかな、などと余計なことばかりを考えていた。
とてもじゃないけどサーフィンどころではなかったのだ。

>> 次のページは >> ま・まさかの・・・

タグ: , , ,

7月20、21日 『横乗りセール』開催です!!

サーパストレーディングのFamily saleが4年ぶりに復活です。
復活なのです!
今週末(20、21日)辻堂駅西口徒歩2分の場所にて開催なのです!

サーパスfamily saleです!

サーパスfamily saleです!


Family sale。
なんともいい響きではないですか?
いかにも財布に優しそうなセールって感じがしますね。
サーパスのfamily saleには毎年のように足を運び、ハイエナのような眼差しで商品を物色していた僕ですが、実際に掘り出し物があるわあるわ。
『B品』とされているTシャツでさえ一体どこがB品なのかまったくわからないような物ばかり。
日本の検品は少々異常ともいえるレベルで厳しいので、例えばTシャツの裏生地にうす〜く点のような茶色いシミがあってもそれはもうB品になってしまう。
そんなの着てたらまったく気にならないわけで、そんなものが安く手に入るのであれば『絶対に買い!』なのです。 続きを読む…

タグ: , ,

横乗り倶楽部、はじめました

横乗り万歳!

横乗り万歳!


サーフィン業界でここまでマジメな会社は他にあるだろうか。
あるのかもしれないが少なくとも僕は彼らを除いては知らないのだ。
ときどき、
「マジメかっ」
とツッコミを入れたくなるようなことも多々あるのだが、こうしたマジメさがこの会社を25年間もの長い間を支えてきたのだろう。

「いや、僕たちは物作りの会社なのでネットほうはちょっと」
となかなかウェブの世界には乗り出そうとしてこなかったのだが、ようやくここにきてサーパストレーディングがFacebook pageを展開することになった。

25年間、厳しいサーフィン・スケート業界を乗り越えてきたサーパスにはそれなりの情報が集まってくる。
一般サーファー、スケーターの方はもちろん、業界関係者にとっても耳寄りなニュースもあることと思う。
まあしかし、あまりハードルを上げてしまうと『マジメ』なだけに情報更新がにぶってしまいそうなので、耳寄りでもない特になんのプラスにもならないどーでもいい情報もはさみつつ気楽に情報発信していこうと思う。
続きを読む…

タグ: , ,

『サーパストレーディングの一員に!』

ここ数年、リーシュコードやデッキパッチで日本のサーフマーケットの中でトップクラスのシェアを誇っている『FREAK』を始め、ロングスケートブームの火付け役になった『Gravity』、子ども用のサーフボードとして昨年より密かなブームになっている『Smile on Surf』や入門用スケートボード『Spoon rider』など次々とヒット商品を生み出しているサーパストレーディング(以下サーパス)と1年間のライダー契約を結ぶことになった。
今までも『FREAK』を物品支給という形でサポートしていただいていたが、今回の契約はサーパス全体の商品との契約となった。

これから更にお世話になるサーパスさんにて

これから更にお世話になるサーパスさんにて


サーパスの商品を僕1人がこっそり「むふふ」と使っていても仕方がないのでサーパスにはもちろんのこと、みなさんにも使ってみた感想や乗り味なんかのレポートをしていきたいと思う。 続きを読む…

タグ: , , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/