SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

さあ、次のステージへ

さあ、次のステージへ!

さあ、次のステージへ!


何を目指すか。
44歳になってもまだ往生際悪くそんなことを考えている。
まだまだ何かを目指したい。
今、ボクの視界に入ってきている景色以外も見てみたい。
欲張りと言われてしまうかもしれないが、そんなふうに思ってしまうのだ。

振り返ってみると、いつも何かを目指してここまでやってきた。
プロサーファーになりたい、と志してプロになった。
南の島で暮らしたいと思い続けて今バリ島で暮らしている。
いつかは物書きの仕事をしたいと思い、ライターの仕事をさせてもらっている。
叶わなかった夢も過去にはたくさんあった。
でも、すべてが叶わなかったわけでもなかった。 続きを読む…

タグ: ,

人生はサーフィンだあぁぁぁ!?

旅とサーフィンとヨガ

旅とサーフィンとヨガ


1ヶ月半ほど記事投稿を怠っていた。
かと思えばここ数日、堰を切ったように投稿を繰り返している。
我ながらいかにも安定感のない自分らしいスタイルだなと思う。

投稿が途切れていた間、一体何をしていたのか。
目まぐるしく様々なことをしていた。
日本にも戻っていたし、ジャワ島にも何度か足を運んだ。
バリで何人もの友人を迎え、そして帰っていった。
書きたいことは山ほどあったのだが、どうしてもペンが動かなかった。
ペンにもスランプってものがあるのだ。
よく晴れた雲一つないバリ島の空の下で、ようやく重い腰が上がりちょっとなんか書いてみようかなという気になってきたのであった。

人生には時折大きな転機というものが訪れる。
ボクの43年間の人生においても何度かそういった経験をしている。
振り返ってみると、大きな転機となるきっかけは案外ネガティブな出来事が起点となっていたりする。
調子のいい時というのは得てしてあまり物事を深く考えたりしないものだ。
いわゆるイケイケ状態。
天狗になっていたりもする。
全てがうまくいくように思えるし、それが永遠に続くと錯覚を起こしている。
反対に落ち込んでいる時期というのは自分の殻に入っていくものだ。
自分と向き合ってみたり、過去を振り返ってみたりとベクトルは内へ内へと向かっていく。
落ち込んでいる時期は見方を変えてみると本当の自分を知ることのできる大きなチャンスの時期とも言えるのだ。

>> 次のページ >> 人生をサーフィンのように!

タグ: , , ,

ダメ人間が生きぬく術

久しぶりのサーフィンで

久しぶりのサーフィンで


ド天然嫁の目から見ても最近のボクはストレスが溜まっているように映ったのだろうか。
そういえばここ2週間ほど原因不明の咳が止まらないし、背中にはこれまた原因不明のジンマシンなどができている。
自分的にはストレスが溜まっていないように装っているのだが、知ぬ間に溜まっていたのかもしれない。
「ねえ、最近サーフィンしてないんじゃない? サーフィンしてきたら」
と結婚以来初めての衝撃発言がド天然嫁の口から飛び出してきた。
これまで「サーフィンばっかしてないでさ」と小言を言われることはあっても、サーフィンを勧められたことは未だかつて一度もなかったのだ。
そんな珍しいことを言われるとかえって自分で自分が心配になってしまった。
正直に告白してしまうとボクは非常にストレスに弱い体質なので、ちょっとしたストレスにも体調に異変を引き起こしてしまう。
裏を返すと『ストレスに弱い』ということがある意味今のボクのライフスタイルを築きあげているのかもしれないと思ったりもするのだ。
ま、築きあげたというほどのものではないのであるが。

もしボクがストレスに強かったら・・・
もしかすると20代に勤めていたアパレル会社で今頃役員なんかに登りつめて偉そうにしていたかもしれない。
30代の頃に展開していた店舗を全国に拡大していたかもしれない。
でもボクにはそれができなかった。
なぜならストレスに弱いから。
ダメなんです。
ストレスがあると。
それで結局サケのごとくサーフィン中心の生活に戻っていき、精神と体の健康を取り戻していったという経緯をたどったわけなのである。
>> 次のページは >> ダメ人間が生きぬく術とは

タグ: , ,

一応お正月なので『抱負』を語ってみる

やはり年始ともなると『抱負』とやらを述べないわけにはいくまい。
抱負。
ちょっと調べてみたら、抱負とは『心の中で抱いている決意』とあるではないか。
では別にこういった場で発表する必要はないではあるまいか。
いやいや、別に僕が抱負を述べ、それが実行されなくても誰が咎めるわけでもないのでせっかくなので書いておこう。
実行できる自信はあまりないため、自分自身に向けた備忘録、と解釈して温かく見守っていただけるとメンタルの弱い僕にとってはありがたいことだ。
まったく実行されていないからといって「おい、やってないじゃないかっ」などと責めないでほしいのだ。

2014年は我が社、パレット株式会社にとってポイントとなる1年になりそうなのだ。
2011年3月にパートナーのいとうまさしと立ち上げた会社が早いもので4期目に入る。
先日、まさしから近所のカフェに呼び出され、「来期が勝負なのです。我々もしっかりとした会社になるのです!」などと熱く語られたことで、これまでのようにのんべんだらりとはしていられないぞ、という気になってきたのだ。
>> 次のページ >> 2014年の抱負は!?

タグ: ,

サーファーとしての終着点

今も変わらず

今も変わらず


15歳のとき初めて波に乗ってサーフィンに心を奪われたとき、41歳の自分がまさかサーフィンしているとは思っていなかった。
いや、思っていなかったというか想像もできなかった。
でも僕はあのころと変らずに波を追いかけているし、乗れそうな波が自分の前に現れたときの喜びはあのころと変っていない。
湘南で暮らしていたときにはオンショアだろうが小波だろうがとにかく波がありさえすれば喜びつつ海に入った。
波の善し悪しなど関係ない。
とにかく波と戯れることが楽しかったのだ。 続きを読む…

タグ: ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/