SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

サーフィンが着実に進歩する簡単な方法

波を見て、自分のサーフィンをイメージする

波を見て、自分のサーフィンをイメージする


ここ最近の投稿記事でもおわかりの通り、遅ればせながらサーフィンにハマっている。
こういう時期が時々訪れる。
概してこういう時はサーフィンの調子がいいわけなのであるが、せっかくサーフィンマイブームが到来しているわけなのでサーフィンをとことん追求してやろうじゃないか、という気分になってきている。
どんどん前に進んでいくのも悪くないが、ここらで初心に戻ってみるってのもアリかなと思い、過去を振り返ってみることにしてみた。

ボクがプロサーファーを目指していた若かりし頃、どんなマインドでサーフィンをしていたっけか?
いろいろと思い出す。
思い出せば思い出すほど今とは全く違うことに気がつく。
何が違うって、何よりモチベーションが全く違った。
もっとこうなんていうか、メラメラと燃えさかる目的意識みたいなものがくっきりあった。
今はただそこに波があるからっていう理由でなんとなくサーフィンをしている感が強いのであるが、その頃のボクはもっと正しくまっすぐにサーフィンと向き合っていたように思うのだ。
>> 次のページは >>  上達に効果があった海に入る前の心構えとは??

タグ: ,

理想のサーフィンに1歩近づくための簡単な方法

理想のサーフィンに近づくために

理想のサーフィンに近づくために


先日、『サーフィンの調子を取り戻す簡単な方法』と題して記事を書いたわけであるが、なぜ自分にとってこの方法がうまくいったのかをさらに掘り下げてみることにした。
誤解のないように補足しておくが、表題の『簡単な方法』というのはあくまでもこれは『方法が簡単』であるという意味で、成果が簡単に出るというものではないと前もって言い訳をしておこう。
「なんだよ、やってみたけど全然だったよ」なんて言われたときの予防線を引いておくのだ。
こういったところが大人のイヤラシサなのである。

さて、本題に入ろう。
先日も書いた通り、ちょっとした自己暗示で一気にサーフィンの調子が上向いた、ということが自分の身に実際に起こった。
これはいわゆるイメージトレーニングやメンタルトレーニングなどでいわれていることと同じで、特に新しいメソッドとはいえないだろう。
もちろんボクも元プロサーファーとしてメンタルトレーニングを受けたこともあるし、何冊か本を読んだりしてその基本的な概念についてはうっすらと理解しているつもりだ。
しかし、そんなふうにしてチョロっとカジッタ程度で簡単に成果に結びつくほど甘いものではなかったのだ。

>> 次のページ >> 過去に陥った失敗

タグ: , , , ,

サーフィンの調子を取り戻す簡単な方法

Photo by Komang bsp

Photo by Komang bsp


サーフィンちゅうもんは何年やっても難しい。
やってもやっても難しい。
腹が立つほど難しい。
なんでこんなにもひたむきにバカのひとつ覚えのようにサーフィンをし続けているのにこうも思い通りに乗れないのだろうか。
そもそも才能やら素質というものが大きく欠如しているのか。
ついそんなふうに自分を卑下しまうのであった。

先日、近所に住む関西のおっちゃんに、「なあ、あんた、サーフィンなんてもんは本当は簡単なんとちゃうか?」と真顔で言われた。
普段なら「いやいや、そんなことないですよ。難しいんですから」と軽くかわすところなのであるが、そのときはなぜだか胸の奥底までスウーっとその言葉が入り込んできた。
簡単なのか?
自問した。
なんとなくそのときのボクは軽く流すことができなかった。
もしかして本当は簡単だったりして。
勝手に難しいと思い込んで空回りしているだけで本当はシンプルで簡単だったりして。
意外とまったくの素人が真理をついてくることだってある。
その思いは喉にひっかかった魚の小骨のようにいつまでも胸に留まっていた。

>> 次のページ >> サーフィンの調子を取り戻す簡単な方法

タグ: , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/