SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

バリで感じる世界のサーフィン事情

今朝のクタビーチ

今朝のクタビーチ


バリ島でサーフィンを続けているとなんとなく世界のサーフィン動向がみえてくる。
2012年にこの島にやってきたわけだが、たったこの5年間でも大変な変化が起きている。
世界中からサーファーが集まってくる場所だからこそ見えることがあるのだ。

ここ1〜2年で明らかに海は混雑し始めている。
移住してきた当初もサーファーは多かったが、例えば早朝やお昼すぎなどは混雑が緩和される時間帯があった。
しかし今では夜明けから夕暮れまでサーファーが途切れることがなくなってきている。
もちろんポイントによって状況は違うのだろうが、ボクが移住当初からサーフィンをしているポイントに関してはそんな状況なのだ。

ラインナップしているサーファーのメンツにも変化がみられる。
ここ1〜2年をみてみると、明らかに韓国人サーファーが急増してきている。
数年前までは珍しい存在であった彼らであるが、今ではポイントによっては日本人サーファーより多かったりする。
どうやらお隣の韓国でもサーフィンブームが訪れているようなのだ。

白人サーファーにおいても変化がある。
以前は圧倒的に多かったオーストラリア人。
バリとオーストラリアは立地的にも近いため今でも多いのだが、案外オージーだと思い込んで話してみるとヨーロピアンだった、なんてことが増えてきている。
特にイギリスやフランスの人たちが増えてきているようだ。
またロシアンサーファーも堅調で、以前ではビーチブレイクでしか見かけなかった彼らがリーフのポイントで見かけるようになってきている。
時間が経てば上達してそういう流れになってくるのは必然であろう。
>> 次のページは >> 日本人サーファーに変化はみられるか?

タグ: ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/