SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

Keep surfingがもたらすもの

これを得るためにバリに移住しました

これを得るためにバリに移住しました

サーフィンはボクの人生のすべてとまでは言わないが、やはりほとんどすべてと言っていい。

少々大げさに言ってしまえば『すべて』ということでいいのではないだろうか。

 

プロサーファーとしての何年かを過ごし、その後会社経営に携わりながらもサーフィンと向き合い続けてきた。

東日本大震災をきっかけにもう一度自分の人生を見つめ直すことになった。

人間、いつ死ぬかわからないことを身を持って実感したのだ。

いったい自分は何を求めて、何を欲しているのか。

それは西麻布に住むことでも、フェラーリに乗ることでもなかった。

その答えはごくシンプルなものだった。

常夏で波のある場所で家族とともに時間に縛られずに暮らしていきたい。

そしてそれはその気にさえなればそのときにすぐに叶うことだった。

いつ、何が起きて、人生なんてどうなってしまうのか予測すらつかないことがはっきりとわかってしまった以上、すぐに行動に出なくてはならないと思った。

先延ばしにしている時間的な余裕などないのだ。

 

というわけで2012年にバリ島にやってきたわけであるが、大人になってからの人生を振り返ってみるといつもライフの真ん中にいつもサーフィンがあった。

サーフィンがなかったら湘南で暮らすこともなかったし、わざわざ事務所を海の目の前に構えたりもしなかった。

世界中を旅することもなかったかもしれない。

 

多くの友人たちはサーフィンを通じて出会った。

サーフィンが運んできてくれた人々が今のボクを支えてくれている。

テイクオフがどうとか、ボトムターンがああとか、スキル的な部分もいろいろあるが、サーフィンを続けていくこと、つまり『keep surfing』がもたらしてくれるものは思った以上に大きい。

それは最高の仲間達であったり清々しい瞬間だったり、自然を感じ取れる時間だったり。

もちろん仕事だって運んできてくれる。

波と一緒にいろいろなポジティブを運んできてくれるのがサーフィンなのだ。

だから何はともあれKeep surfingなのだ。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

ちなみに今日は貸切りエアポートレフトでした。感謝感謝。

 

有本圭

※facebookアカウントKei Arimotoでは友だち上限に達してしまったため、『フォロー』という形でこれからも皆さんと繋がっていけたらと思ってます。

インスタグラムkeiarimotoではバリ島ライフをほぼ毎日アップしてます。こちらも是非フォローしてくださいね!

タグ: , ,

バランス感覚

書くことは考えること。考えることは書くことなのです

書くことは考えること。考えることは書くことなのです


ボクにとって書くことは考えることだ。
考えることは書くことともいえる。
まあとにかく頭の中のごちゃごちゃしたことをこうして文章にして吐き出すと考えがまとまっていき、なんとなくスッキリしてくる。
なので、よく人に「よくそんなにいつも書いたり読んだりしていられるね」などと言われるのだが、これはボクにとってはごく自然な行為といえるのだ。

今年、42歳になったボクは日本人男性の平均寿命からすると人生の折り返し地点に差し掛かっていることだろう。
いや、もしかしたらもう残り少ない命かもしれない。
これはもう神のみぞ知るところであり、いくら考えても答えが出るものではない。
でも一つはっきりしていることは、一日一日『死』に近づいていっていることだ。
これは万物生きとし生けるものに共通する原則だ。
この流れに抗うことはできない。
日常の中にいると忘れてしまいがちだが、これは紛れもない現実だ。

砂時計の砂が間断なく流れ落ちるように我々の命も刻一刻と減り続けている。
そのことを明確にイメージするとやるべきこと、やりたいこと、大切にすることが浮かび上がってくる。
自然と優先順位が組み替えられていくのだ。

ブルーハーツが唄っていた。
「やりたくねえことやってる暇はねえ〜」
そうだね。
本当にそう思う。
でも『やりたいこと』が内包している『やりたくないこと』は我慢してやるべきだと思う。
それすら我慢できなければどこにも辿り着くことができないだろう。
でも端からやりたくないことやってしまっているという現実があるのであればそこから飛び出してみるのも悪くない。
やりたくないことを失ってしまうリスクなんて案外どうってことないのだから。

まあ、世の中そう単純に物事は進まないのかもしれない。
でも、ボクはできるだけ物事を単純に捉えるようにしている。
複雑に考えみてもややこしくこんがらがってくるだけだから。
ボクのような単細胞人間には世の中は至ってシンプルに映る。
難しく見せかけているだけで、真実は意外なほどシンプルなものではないかと思うのだ。

>> 次のページ >> 『お金』に関してはどう捉えるべきか?

タグ: ,

そんな不安を払拭して

日本が迎える超高齢化社会

日本が迎える超高齢化社会


日本はこれから超高齢化社会を迎える。
しかも少子化だ。
ようするに少子高齢化がこれからどんどん進んでいく現実がもう今ここにあるのだ。

ボクがバリから日本に戻ると必ず感じる『違い』は日本の街で高齢者の姿を多く見受けることだ。
とにかく高齢者が多い。
すれ違う車の運転席にも、電車の中でもとにかく高齢者の姿をよく見かける。

今の年金受給者はなんとか逃げ切れる世代なのかもしれない。
でもボクら40代から下の世代はこの先どうなってしまうのかと不安を感じずにはいられない。
年金さえ払っていれば明るい老後が待っている、などという年金神話を素直に信じる気にはなれない。
一見、呑気そうにバリ島で日々サーフィンをして暮らしているボクでさえ将来に不安を感じてしまうことがあるのだ。

でも「不安だ不安だ」とただ嘆いていても何も始まらない。
不安がっていて解決することなど何もないのだ。
ではどうするか?
積み立て型保険にでも加入するのか?
うん、そういうことも大事なのかもしれない。
でもそれだけでは本当の解決にはならないとボクは思う。
保険はあくまでも最後の助けになってくれるものでそれに頼りきるようなことは決してできない。
>> 次のページは >> ボクの出した結論は・・・

タグ: ,

サーファー的ワークスタイル

海を眺めながら

海を眺めながら


思えば会社経営に携わるようになってから10年が過ぎようとしている。
山あり谷ありの険しい道のりであったが、今もこうしてなんとか生き延びてこれていることに感謝せずにはいられない。
本当に多くの人たちに支えられてきた。
一人では何もできないのだ。

一人で会社を運営していく自信がなくなったときに一緒に汗を流してくれた友人がいた。
もう倒産だな、と腹をくくったタイミングでとんでもない大口の取引が決まりギリギリのところで救われたこともあった。
再起をかけ再スタートを切るときに共に歩んでくれたパートナーがいた。
とにかく自分の力ではどうにもならない局面でいつも救われながらどうにかしてここまで辿り着くことができたのだ。

これまで、多くのスタッフやパートナーたちと一緒に仕事をしてきた。
本当にいろいろな人たちと仕事をしてきた。
やる気の無い人は論外として大きく分けると2通りのタイプの人がいた。
きっちり結果を出していく人と一生懸命やってもなかなか結果に結びつかない人だ。
ボクの周りでは、一生懸命やっても結果が出ない人は本当はもっと他にやりたいことがあったという人が多かったように思う。
好きなことや興味のあることであれば努力は努力でなくなる。
なのでそういう人には自分の進みたい道にいくようにアドバイスをしたこともあった。

厳しいようだが社会に出て求められるものは結果だ。
ある意味結果が全てだ。
プロ野球に例えて考えてみるとわかりやすい。
毎晩飲み歩いているにも関わらずホームランを量産する選手はやはり4番打者として試合に出続けることができる。
一方、血の出るほど練習するが打てない選手は2軍で甘んじてしまう。
心情的には後者を応援したくなってしまうのだが、やはり前者が勝ってしまうのだ。

>> 次のページ >> サーファー的ワークスタイル

タグ: ,

夢は意外と叶うものなのか?

奴がやってきた〜

奴がやってきた〜


高校生時代。
人生の中でも最も活力のある季節。
パワーに満ち溢れていながらも、どこに向かっていいのかわからずにくすぶったりもしていたあの頃。
まあとりあえずどこに向かうとかはよくわからないので女の子を追いかけまわしたりしていた。
女の子にモテるために始めたサーフィン。
『ライフスタイル』なんて言葉もなかった時代。
でもサーファーはちょっと悪くてクールで格好良かった。
そんなころに一緒にバカをやっていた友人がバリにやってきた。
『瞬間湯沸かし器』と呼ばれていた彼も家庭を持ち仕事で地位を築き大人になった。
でもなぜだろう。
やっぱりそいつと会うとあの頃の感じに戻ってしまう。 続きを読む…

タグ: ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/