SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

あれから一年。生かされた命

信号停止、異常事態?

信号停止、異常事態?


あれから一年が経った。
2011年3月11日、2時46分、僕は国道134号線を鎌倉方面に向かって車を走らせていた。
車中だったためその揺れにはまったく気がつかなかったが、海の様子がおかしいな、と思ったのを思い出す。
由比ケ浜の信号機が壊れて機能していなかった光景を見て「何かあったのかな」と思った程度だった。

2011年3月3日にビジネスパートナーのいとうまさしと2人で新たにパレット株式会社という会社を立ち上げ、「さあこれから」という矢先の出来事だった。
東北地方に大津波が襲い甚大な被害をもたらしたことはすぐにその日のニュースで知った。
でもそのときは現実の出来事として実感が湧いてこなかった。
翌日、まさしのご両親が松島で被災したことを知り、一気に現実のものとして目の前に現れたように感じられた。
そこからは新会社の仕事どころではなくなった。
大きな希望を持って立ち上げたばかりの会社だったが、その時点で1度夢も希望も失った。
長い時間かけて練り上げてきた事業計画の全てが頓挫してしまったのだ。 続きを読む…

タグ: , ,

放射能はいま・・・

東日本大震災、大津波にて尊い命を落とした方々、心よりお悔やみ申し上げます。

津波後2週間の石巻・・・

津波後2週間の石巻・・・


明日で震災から1年が経つ。
あの日から何もかもが変わってしまったように思う。
被災していない僕らの生活でさえ細部に至るまで大きな変化を及ぼしている。
日本の政治家、官僚に対する不信感、日本の将来に対する絶望感、開示される情報に対する猜疑心、食に対する不安感、など様々なネガティブな感情が蔓延した。
反対に『絆』や『助け合い』など、日本人が忘れかけていた大切な道徳心が生まれたことも事実だ。
そしてサーファーや海を愛する者たちにとって「海は本当に安全なのだろうか?」という不安は未だにぬぐい去ることができないでいる。 続きを読む…

タグ: ,

緊急速報! いま危険が

中部大学教授 武田邦彦先生

中部大学教授 武田邦彦先生


年末からセシウム137の降下量レベルが急激に上がっているという情報がある。(詳しくは中部大学武田邦彦先生のブログはこちら
事故直後よりはやや低いという値というから驚きである。
なぜこの時期にまた?
と思ってしまうが、原因はともかく放射性セシウムの値が上がっているという事実を受け入れて対応しなくてはならないようだ。 続きを読む…

タグ: ,

放射性物質が降り注いでいる現実

政府、東電の情報公開の仕方には疑問を感じてしまう。
事故から2か月が過ぎようとした今頃になって1号機~3号機がメルトダウンしていたという事実が発覚した。
とくに子どもを持つ親御さんや妊婦さんはこのニュースをどのような思いで見つめていたのだろうか。

とうとう湘南辻堂でも・・・

とうとう湘南辻堂でも・・・

先日、僕の愛する湘南からもとうとう放射性物質が検出されてしまった。
僕は海に関わる仕事をしている。
この情報を耳にしたとき、このSWP(当サイト)でこの事実について書くべきかどうか、正直迷った。
海に人が来なくなってしまったら僕は失業してしまうからだ。 続きを読む…

タグ: , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/