SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

バニモうるるん旅行記 その10 〜パプアニューギニアを肌で感じて〜

美しい自然が残るパプアニューギニア

美しい自然が残るパプアニューギニア


ネットのつながらない世界。(前回はこちら
現在、世界や日本で何が起こっているのかまったく想像もできなくなっていく。
世界から取り残されていってしまうような感覚。
でも、そんな焦りはそのうちどこかへきれいさっぱり消えていってしまう。
諦めて開き直り、その場所、その時間を過ごすしかなくなってしまう。
すると自然と意識は外から内へと向かっていく。
風に揺れるヤシの木の音を聴き、ハンモックに揺られながら『これが自分と向き合うってことなのかなー』などとボンヤリ考える。
時間の流れ方が日本のそれとは全く違う。
2〜3時間そこにいたのかなと思い、時間を聞いてみると1時間も経っていなかったりする。
なんだか得した気分になりさらにその場で同じような時間を過ごす。
風が止み、波が良くなれば陸用のトランクスから海用のトランクスに履き替えてパドルアウトする。
朝から分刻みのスケジュールがある旅もいいけど、波や風に合わせてその日その日を過ごす旅のほうが僕の性には合っている。 続きを読む…

タグ: , , , ,

バニモうるるん旅行記 その9 〜ここは楽園なのか?〜

我々が滞在したVanimo Surf Lodgeはリド村の外れに位置している。
僕は風が吹いたりして波がダメになってしまうとすぐにカメラを片手にずんずんと村の中を突き進み、彼らと接するのが日課となっていた。(前回はこちら

村の駄菓子屋さんに集まる子どもたち

村の駄菓子屋さんに集まる子どもたち


日本人クルーの中で僕の姿が見当たらないと、
「ああ圭さん? たぶんまた村でしょ」
と言われてしまう始末。
とにかく時間があれば村に足を運び、村人と接し、子どもたちと触れ合い、村の人たちの生活を感じ、リアルなパプアニューギニアに少しでも触れてみたかったのだ。
太古のままの風景なのだろう

太古のままの風景なのだろう


真っ白い砂浜。
フレンドリーで陽気な人々。
人々の暮らしはシンプルそのもの。
太古のままの姿をそのまま残したジャングル。
多種多様な動植物。
車もほとんど走ってないので、空気は至ってフレッシュ。

「ここは楽園なのか?」

>> 次のページ >> ここは楽園なのか?

タグ: , , ,

バニモうるるん旅行記 その8 〜その日はあっという間にやってきてしまった〜

着いた〜、パプアに着いた〜、と喜んでいたらあっという間に、はいっ、今日が最後よ〜、となってしまった。
楽しい時間は過ぎ去っていくのがはやい。
はやすぎる。

夜中に怒り狂ったような風と雨に屋根の一部が吹っ飛んだりしながら最終日の朝を迎えた。
夜中の時点で「ああ、今日もダメかっ」
と半ば諦めていたが、意外な事に朝になると風はピタッと止まっていた。

早朝のリド・ライト。美しい波でした〜

早朝のリド・ライト。美しい波でした〜


「おっしゃ〜」とヨロコビつつ僕とカズくんは夜明け前から海に入り、朝飯前の1R。
最高!とまではいかなかったがなかなかの御馳走だった。
もちろんこの日も僕とカズくんの貸し切りサーフ。
朝食の風景。自然と笑顔になっちゃう

朝食の風景。自然と笑顔になっちゃう


朝食後、さらに波が良くなっていたのですぐに濡れたトランクスに履き替えてパドルアウト。
面ツルでムネ〜カタサイズのFun Wave。
ゆる〜いオフショア。
たった1人で素晴らしい波に乗りまくる。
そのうち波待ちしているときに歌なんかを唄い始める。
最初は遠慮がちに唄っていたが、周囲を確認してみても当然その声が届くところには誰もいない。
遠慮なく大きな声で「う〜み〜は〜ひろ〜い〜な〜おーきーなー♫」なんて感じで唄ってみた。
「俺は今、パプアにいて素晴らしい波を独り占めしてるんだ〜」などと考えていたらなんだか意味もなくシアワセを感じてしまった。
そんな満ち足りた時間を過ごしていたら「あ、そうだ、このコンディションだったら前にピーターが教えてくれた近くの島のポイントも波がいいのではないか?」という考えが浮かんできた。
僕はすぐに海を上がり、ピーターにそのことを尋ねると静かに「そうだね、たぶんこの風とうねりなら波はいいはずだよ。すぐにボートをチャーターしよう」と静かに言った。
>> 次のページ >> アイランドサーフィンはいかに!?

タグ: , ,

バニモうるるん旅行記 その7 〜 流れにまかせて 〜

旅はあっという間に後半戦に突入していく。(前回はこちら
1日1Rは素晴らしい波に当たっていたが、1日中波がいいという日はなかった。
どこかのタイミングから風が吹いてしまい、忘れたころに風が止まっているというのがここのやり方のようだ。
波がいい時には迷わず海に入れ、というのがここでの鉄則となっていた。

この日も早朝はFun Waveだったが、朝食をとったあたりからオンショアが強く吹いてきてしまった。
こうなるともうどうにもならない。
近くのビーチブレイクに行けば風が吹いていなかったりするが後半戦で体にも重たく鈍い疲れが溜まっていたのでのんびり過ごすことにした。

書き疲れると波を見る。素晴らしい環境

書き疲れると波を見る。素晴らしい環境


生ぬるい風に身を預けてハンモックに揺られてながら読書をするカズくん、コーヒーを飲みながら波を眺めるアッちゃん、音楽を聴きながら昼寝をするネモッちゃん。
みんながそれぞれ思い思いの時間を過ごす。
僕は僕で今回の旅の記事を忘れないうちに書き溜めておく。

時間を持て余してきたころ、4人で村の駄菓子屋さんにぶらりと買い物に出かけることにした。
駄菓子屋といってもお菓子が3〜4種類あるだけの小さなお店。
そこの周りでいつも子どもたちがワイワイ遊んでいたのを知っていたので、カズくんが密かに持ってきていた折り紙を持って折り紙大会をしよう!ということになったのだ。

>> 次のページ >> 子どもたち、喜んでくれるかな〜

タグ: , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/