SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

常夏ではどこに記憶がひもづくのか?

今日ももちろん『夏』なバリ島

今日ももちろん『夏』なバリ島


日本ではちらほらと桜が咲き始めているようだ。
桜の季節。
目を瞑る。
胸が締め付けられていく。
ボクは学ランを身にまとい、校庭で朝礼に出ている。 
この後に控えるクラス替えで好きな女の子と同じクラスになれるかどうかの一世一代の大勝負が待っている。
この一年を左右する一大イベントだ。
元の教室に入り、クラス替えのプリントが配られるのを浮つく心を抑えて待ち構える。
プリントがまわってくる。
ア行で自分の名前を探す。
これは案外すぐにみつかる。
有本。
あ、2組か。
そしてあの子の名前は・・・
あ〜〜〜。
今年もダメだったか〜。
え〜と、2番目にお気に入りのあの子は・・・
あ〜〜〜〜。
こっちもだめ?
たいがいこういった恋愛運的なものには見放され気味だったボクは毎年この季節に肩を落とすというのが恒例となっていたのだ。
>> 次のページは >> 季節を失うと記憶はどうなるのか??

タグ: , ,

やっぱりバリがサイコー

3f前後のライテンダー

3f前後のライテンダー


ここ数日波がいい。
素晴らしい。
バリなんだから当たり前でしょーと思われるだろうが、それでもやっぱり素晴らしいのだ。

例のごとくバカの一つ覚えのようにエアポートリーフに通っている。
特に波に対するこだわりというものを持たないボクは友だちが温かく迎えてくれる居心地のいいポイントにどうしても足が向いてしまうのだ。
それにエアポートリーフは波もたいがい平均的にいつでもいい。
サイズが小さくてもレフトで十分遊べるし、サイズがあればライトも素晴らしい。
潮が引いても上げていてもどちらでもできるポイントもある。
だから風さえ合っていればたいがいいつでもいい波でサーフィンができるのだ。

バリを拠点にいろいろと旅をしているボクであるが、やっぱりナンダカンダといってもバリがいい。
まるっと1年間を考えてみても『波がない』なんてことはまずない。
風もどこかしらがオフショアだ。
でかすぎて出来ないというようなこともあまりない。
で、結論としてはバリがいいじゃん、ということになってしまうのだ。

ということは、波を求めて旅をする、というのは第一目的ではなくなってしまう。
まだ見ぬカルチャーやその土地の雰囲気、出会い、非日常・・・
そんなものを旅には求めてしまう。
だって、波はバリでいいじゃん、となってしまうから。

(有本圭)
※facebookアカウント『Kei Arimoto』では友だち上限に達してしまったため『フォロー』という形で友だちを募集しています。サーファー、海好き、バリ好きの方であればフォローいただいた方はこちらからもフォローさせていただきます。ただし、こちらからフォローできる方は『フォローを許可する対象を[全員]に設定している人』のみですのでご了承ください。

タグ: ,

ノミのメンタル

そろそろイーストコーストもいい波に!

そろそろイーストコーストもいい波に!


バリ島は季節の変わり目を迎えている。
とはいえ日本のそれのように気温差がある訳ではないので非常にソフトな変わり目だ。
雨が降るかどうか。
風がどっちから吹くかといった程度だ。
日本人に言わせれば「そんなもん季節の変わり目のうちに入らんわい」レベルの変化でろう。
にも関わらず決まって体調を崩す。
まったくオレの体調は赤ちゃん肌かっ、と卑下したくなってしまう。 続きを読む…

タグ: , ,

不運?

な・なぜ・・・

な・なぜ・・・


満を持して臨んだジャイアンツ戦。
がんばれカープ!
応援するためにバリ島からはるばる帰ってきたぞ〜。
ボクはテレビの前で固唾を飲んでいた。

初戦、惨敗。
2戦目 惜敗。
3戦目 惜敗。
まさかの三連敗。

『ボクが応援するとカープは負ける』と思い込んでいるボクの周りのカープファンから「バリに帰れ」だの「もう(怒) 本当に観ないでよ」などとなじられた。
ボクのせいか?
ふざけんなよ。
そんなわけない。

ちぇっ、野球なんてもうどうでもええわい、とややふてくされて昨日、一昨日の横浜戦はテレビ観戦すらしなかった。

すると・・・
結果2連勝!

おいっ。

思わずコケながらツッコミを入れてしまいたくなった。

もしや、本当にボクが原因なのか?
ボクに運がないのか?
そんなふうに自分を責めていると昨夜の光景が目に浮かんだ。
>> 次のページ >> やはり運がないのか!?

タグ: ,

サーフィンと向き合う

Photo by Ken-G

Photo by Ken-G


20年以上もサーフィンばかりしていると飽きてしまう時期がやってくる。
そういう時期というのは得てしてサーフィンが伸び悩んでいる時期と重なる。
今のボクがそんな状況だ。

42歳にしてサーフィンが伸び悩んでいる?
いや、そもそもこれから先伸びることがあるのだろうか。
もう下り坂一方なのではなかろうか。
そんな疑心暗鬼に苛まれてしまう。

とにかく伸びに伸びた20代。
30代は仕事に勤しんでいたのでサーフィンが伸びたという感覚はあまりない。
40代に突入し、再びサーフィン中心の生活を手に入れた。
でも残念なことに20代のころのようにグングンとサーフィンが上達してくれるわけではない。
それどころかちょっと手を抜き始めるとすぐにパフォーマンスが落ちてしまう。
そしてその落ち分を取り返すのに数ヶ月かかってしまうようなことさえあるのだ。
>> 次のページ >> サーフィンを楽しみ続けるために

タグ: ,

ここでは小波が貴重なのだ!

本日のバリは強風につき、サヌールはオンショア、クタエリアはオフショアの小波となった。
サヌールサイドで暮らす僕は、仕方なく小波のクタエリアを目指して車を走らせることにした。

コシ〜ハラサイズながらクオリティは高い

コシ〜ハラサイズながらクオリティは高い


小波小波とバカにすることなかれ。
バリの小波は『そこそこ』いい波なのだ。
いやいや、『そこそこ』ではなく、相当にいい波だ。
小波用のシングルフィンロングボードを持ち出しサーフしたが、小波ながらかなりのロングライドができた。
このクオリティはなかなか他の場所ではお目にかかれない。
しかもビーチブレイクとなると尚更だ。 続きを読む…

タグ: ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/