SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

『風の使い』改め『風男』

キック隊長のボトムターン

キック隊長のボトムターン

エアポートリーフで貸切りファンウェイブを当てたぜ〜。

どうだどうだ、いいだろいいだろ。

つい先日、そんなやや調子に乗り気味の記事を投稿した。

そこで湘南で暮らしていた頃にボクが海に入るとオンショアになるから『風の使い』などと周囲から呼ばれていたという不名誉なエピソードを披露した。

まあ、今はそんなことはないんだけどね、というようなこともきっちり付け加えつつ。

 

本日のエアポートリーフも混雑とは無縁で、小ぶりながら十分にストークできるコンディションだった。

なかなか見ごたえのあるサーファーがラインナップに揃っていたのでボクはカメラを構えることにした。

カメラは最近のボクのマイブーム。

だいたい凝り性資質なボクは、やり始めるとまずは一旦きれいにハマってしまうという段階を踏むことになる。

カメラというオモチャで遊んでいるという感覚。

で、夢中に撮影しているうちにゆうに1時間を経過してしまった。

Fun Waveだったのに・・・

Fun Waveだったのに・・・

「あ、やべ、そろそろボクもサーフィンしよ」

カメラの電源を切り、パドルアウトした。

よーし、オイラもいっちょサーフィンすんぞ〜とパドルに力を込めた。

アウトのピークに着く頃に突然そいつはやってきた。

オンショアやん。

うそ〜ん。

あ〜、だからあんな調子に乗った記事など書いたりするからこういうことになるんや、と自戒することになった。

そしてキック隊長がボクの横にやってきて「カゼオトコ〜」と責めるような視線をぶつけてきた。

『風の使い』改め、『風男』。

はあ〜。

やはり調子に乗ってはならない。

常に謙虚に。

日々人生勉強は続いていくのです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

結局、オンショアでサーフィンをして調子を崩してしまったのでした。

 

有本圭

※facebookアカウントKei Arimotoでは友だち上限に達してしまったため、『フォロー』という形でこれからも皆さんと繋がっていけたらと思ってます。

インスタグラムkeiarimotoではバリ島ライフをほぼ毎日アップしてます。こちらも是非フォローしてくださいね!

タグ: ,

タナボタ式ファンウェイブ

無人の海にスーパーファンウェイブ

無人の海にスーパーファンウェイブ

だいたい傾向的には「さっきまで波よかったのにオマエが入ってきたら風入ってきちゃったじゃんかよお」などと睨まれてしまうタイプである。

湘南時代には『風の使い』なんて呼ばれていたこともあった。

誰が風の使いやっ。

風を呼べたらある意味すごいわ。

不名誉なアダ名だった。

波を当てられない星の下に生まれてきてしまったのだろうかと浅めに悩んだこともあった。

冷静に振り返ってみるとその頃のボクは20代前半とまだ若く、朝早く起きることができなかった。

だからボクが海に入る頃にはオンショアが吹き始め、その責任を一手に引き受けていたということだったのではないかと都合よく解釈している。

そうことでいいのだ。

そこはあんまり深く掘り下げてゴチャゴチャ考える必要はないのだ。

 

で、そんな波運貧困者のボクにハイライトな1日がやってきた。

その日、エアポートリーフの船着場の駐車場は車がまばらだった。

サーファーは少ないだろうことは予想できた。

キック隊長の「ソロソロイクヨー」の号令のもと、ボートに乗り込んでライテンダーポイントをチェックすることにした。

相変わらずスウェルは小さめだ。

というか一見フラット?どこがポイントだっけ?というプアーな状況。
もちろんサーファーの姿はない。

アタリマエか。

波、ないもん。

でもまあ来てしまったわけだし『とりあえず』くらいのモチベーションでパドルアウトすることにした。

インサイドでこの通り!

インサイドでこの通り!

潮が上げてくると、みるみるうちにサイズアップしてセットの間隔も短くなってきた。

お、入ってきたね〜、なんて言いつつアタマサイズの波に乗っていたら。

おっ。

あれ?

でかいのキタね〜〜。

気がついたらダブルオーバーのセットが次々に入ってくるではないか。

しかもどれもこれもスーパーをつけても差し支えないファンウェイブ。

スーパーファンフェイブなのだ。

ピークに戻ってサーフボードにまたがる隙すらないほど次から次へとセットが入ってくるではないか。

確変?

ジャンジャンバリバリ〜ジャンジャンバリバリ〜。

頭の中でパチンコ屋の威勢のいい掛け声がリフレインしていた。

誰にも手を付けられていないケリープールのマシーンブレイクのような波が美しくショルダーを伸ばしているではないか。

とにかくひたすらどこまでも素晴らしい波だったのだ。

タナボタ式にいい波にありつけたという大した教訓もない単なる自慢とも取られかねない話だが、やっぱり海に出ていれば何かが起こる。

だからやっぱり海に行こう。

コンディションがああだのこうだのシノゴノいう前にパドルアウトしてしまおう。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

2話連続でタナボタについて書きましたが、たまにはタナボタもあるものです。

有本圭

※facebookアカウントKei Arimotoでは友だち上限に達してしまったため、『フォロー』という形でこれからも皆さんと繋がっていけたらと思ってます。

インスタグラムkeiarimotoではバリ島ライフをほぼ毎日アップしてます。こちらも是非フォローしてくださいね!

タグ: , ,

バリで感じる世界のサーフィン事情

今朝のクタビーチ

今朝のクタビーチ


バリ島でサーフィンを続けているとなんとなく世界のサーフィン動向がみえてくる。
2012年にこの島にやってきたわけだが、たったこの5年間でも大変な変化が起きている。
世界中からサーファーが集まってくる場所だからこそ見えることがあるのだ。

ここ1〜2年で明らかに海は混雑し始めている。
移住してきた当初もサーファーは多かったが、例えば早朝やお昼すぎなどは混雑が緩和される時間帯があった。
しかし今では夜明けから夕暮れまでサーファーが途切れることがなくなってきている。
もちろんポイントによって状況は違うのだろうが、ボクが移住当初からサーフィンをしているポイントに関してはそんな状況なのだ。

ラインナップしているサーファーのメンツにも変化がみられる。
ここ1〜2年をみてみると、明らかに韓国人サーファーが急増してきている。
数年前までは珍しい存在であった彼らであるが、今ではポイントによっては日本人サーファーより多かったりする。
どうやらお隣の韓国でもサーフィンブームが訪れているようなのだ。

白人サーファーにおいても変化がある。
以前は圧倒的に多かったオーストラリア人。
バリとオーストラリアは立地的にも近いため今でも多いのだが、案外オージーだと思い込んで話してみるとヨーロピアンだった、なんてことが増えてきている。
特にイギリスやフランスの人たちが増えてきているようだ。
またロシアンサーファーも堅調で、以前ではビーチブレイクでしか見かけなかった彼らがリーフのポイントで見かけるようになってきている。
時間が経てば上達してそういう流れになってくるのは必然であろう。
>> 次のページは >> 日本人サーファーに変化はみられるか?

タグ: ,

梅雨入りならぬ雨季いりのバリ島

どんより雨季のバリ島

どんより雨季のバリ島


師匠も走っちゃうほど忙しい師走。
仕事はもちろんのこと、忘年会やクリスマスパーティなどで深夜まで予定がびっしりなんて方も少なくないだろう。
で、ここバリ島であるがまず常夏という時点でクリスマス気分や年末気分がまったく盛り上がってこない。
宗教的にもクリスマスはほとんど盛り上がらず、ショッピングセンターにクリスマスツリーがポツンと1本飾られている程度で街はまったくクリスマスモードにはなっていないのだ。
ヒンドゥ教の島なので致し方ないだろう。

で、話は一気に変わるのだが、バリ島はここ数日で一気に梅雨入りならぬ雨季入りした。
エリアによっては床上浸水するほど激しい雨が降っている。
日本の梅雨のように一日中シトシトジトジトしつこく降るようなことはないのだが、ドバーっと一気に降りサッとやんで晴天になるというのがこちらのスタイルなのだ。
続きを読む…

タグ: ,

One world感覚か?

湘南の美しい夕日

湘南の美しい夕日


バリ島に帰ってきた。
本来であれば日本滞在中のウィークデイに目一杯動いているので、土曜日1日はゆっくり体を休ませてから日曜日の午後バリ着の便で帰ったほうが体力的には楽だ。
しかし家族に会いたい、娘に会いたいという一心で強行スケジュールでバリ島に帰ってきたのだ。

家に着く。
玄関が開く。
「オトー!」という娘の熱狂的な歓迎を受ける。
それがボクが描いていた感動の帰島ストーリーであった。
しかし現実とはなかなか厳しいものである。

家が近づいてくる。
自分でも心が踊っているのがわかる。
ノックをする。
反応を待つ。
ノックをする。
反応がない。
何度ドアを叩いてみたところでなしのつぶてだ。
どうやら留守のようだ。
カバンから鍵を探し出し、玄関に入るとリビングがひっそりと静まり返っていた。
やっぱり留守のようだ。
心の中で嫁に対する怒りがマグマのようにドロドロと渦巻き始める。
「こういうときぐらい家にいてくれよ」。
舌打ちを一つして旅装を解いていく。
食料品を中心としたお土産を満載にしたトラベルバックを開ける瞬間が家族から褒め称えられる瞬間であったはずなのにボクは黙々と冷蔵庫へと移していった。
>> 次のページは >> 不思議な感覚に包まれた

タグ: ,

30数年の時を経て

キター、1年2組〜〜〜

キター、1年2組〜〜〜


バリ島に移住してたくさんの素晴らしい出会いに恵まれている、そんな主旨の記事は過去に何度か書いた。
でも出会いだけではなかった。
多くの再会にも恵まれているのだ。

今から37年前、5歳だったボクはピカピカの一年生としてランドセルを背負って小学校の教室に入った。
1年2組。
うっすらと記憶に残っているクラスの光景。
そういえば奥山さんという女の子に初恋したな〜。
可愛かったな〜。
でもすぐに転校していっちゃったな〜。
まあ、それはいいとして。
その教室にいた幼なじみがバリ島にやってきたのだ。

小学校時代にモテる少年というのは残酷なほどに一手にその人気をさらっていってしまうものだ。
運動ができて、頭も良くて、お洒落でかっこいい。
ついでに優しかったりする。
そんな少年が学年中の女の子の心を奪ってしまうのだ。
彼がそんな男だった。
へっ、どうせそんな奴、小学生時代がピークだろ、とすねていたのだが、彼は大人になっても衰えなかった。
佐藤崇。
元プロスノーボーダーであり、DJであり、デザイナーでもある。
かなり華々しい。
ううう、やっぱり持っている男というのはどこまでも持っているのだ。
>> 次のページは >> そんな彼からうれしい評価を!

タグ: ,

バリ島日本海状態突入 

8割が日本人でした

8割が日本人でした


ゴールデンなウィークの威力を否応無しにわからされた。
海には日本人ツーリストサーファーが大挙して押し寄せ、どこもかしこも日本の海状態。
周囲は日本語が飛び交い、まるで日本にいるような錯覚に陥るほどだった。

海でいかにも恐る恐るといった感じで「日本人ですか?」と何人かに尋ねられることもあった。
そういうときは「はい、こう見えても!」と胸を張る。
そうするとちょっと困ったような表情を浮かべつつ「あ、ああ、一瞬バリ人かと思いましたよ」と目をそらされてしまう。
「一瞬」じゃないでしょ〜、と内心思いつつも「良く言われますっ」と笑うしかないのだ。 続きを読む…

タグ: , ,

『お金持ち』より『時間持ち』

のんびり島でのひととき

のんびり島でのひととき


日本ではゴールデンウィークに突入したようである。
どうもバリなどという全体的にのんびりした島で暮らしていると休みと仕事の境目がどんどんアヤシクなってしまい、休日のありがたみが薄れていってしまっている。
日本の連休などがあると、ボクもなんだか便乗して休み気分になってしまうのだが、そこにはまあようするに普段とあまり(というかまったく)変らない日常が待っているだけなのだ。

先日、取材でとある村に行ってきた。
先日も当サイトで少しだけ触れたのだが、この村がスゴかった。
この村で60年も暮らせば、東京などの都市部で180年くらい生きたのと同等の体感時間ではないだろうか。
とにかく時間の流れがユッタリどころかノッタリ流れている。
きっと丸一日過ごすだけでも相当にのんびりすることができるだろう。
1週間も滞在すれば、人生を事細かに振り返ることができ、さらに将来死ぬまでのプランもかなり詳細に立て、嫁に対する不満やちっちゃい悩みなんかはすっかり消え去り、未熟な考えなどは思い直され、仙人のような顔をして下界に下りていく、というくらいのことはゆうにできそうな気がしてしまう。 続きを読む…

タグ: ,

ワイプアウトぎりぎりでコンプリート

ベビ子にマッサージしてもらう始末

ベビ子にマッサージしてもらう始末


4月はボクにとっては相当に珍しく忙しい日々を送らせてもらった。
暇なんかに比べれば10倍ウレシイ悲鳴だった。
しかしそんな喜びとは裏腹に41歳の中年体は何度かエンスト寸前の危機的状況に陥っていた。
ジイジ&まさおさんとの『とある島NALU取材トリップ』の後半戦にその兆候が現れた。
その島で下半身に下痢という時限爆弾がしかけられてからというもの、本日に至るまで断続的に喉痛やら鼻水やら寒気やら倦怠感やらなんやらが次々にボクを襲ってきた。
ワイプアウト寸前であったが、ド天然嫁のスタミナ健康料理や点滴などの力を借りてなんとかかんとかコンプリートすることができた。 続きを読む…

タグ: ,

大人の事情

左からMiki、ヨッシー、ウッチー

左からMiki、ヨッシー、ウッチー


本日よりサーフ雑誌『Blue.』の取材を行っている。
最近よく働いてるじゃん、と思ったそこのアナタ。
正解です!
最近我ながらホントによく働いているのです。
自分で自分を褒めてやりたいくらいなのです。

と、まあ毎度のことながらに非常に自分に甘いボクなのだが、ボクなりには頑張っている。
頑張っている、といっても自分が心から好きなことなので余計なストレスは一切ない。
ストレスといえば事後の請求書を書くこと、領収書を整理すること。
ここら辺のことは本当に面倒でややこしい。
好きなことの中のキライなこと。
やり出せばそう難しいことではないのだが、やり出すまでがとことん腰が重い。
好きなことを仕事にできても全てがスキスキ〜というわけにはいかないのが大人の事情なのである。

とまあ、そんなわけでヨッシーこと吉川共久プロとユルキャラ写真家ウッチーとサヌールのロコサーフガイドMiki Mosolの4人でバリの各地を撮りまくるべく右往左往し始めたのだ。

(有本圭)
※facebookアカウントのある方、有本圭(kei arimoto)にて友達リクエスト募集中です!良かったらリクエストしてください。
サーファー、バリ好き、海を愛する方は大歓迎です!!

タグ: , ,

1 / 712345...最後 »

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/