SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

アグン山噴火警戒レベル4に伴う現地の状況

我が家からもはっきり見えるアグン山

我が家からもはっきり見えるアグン山

各所で影響が出始めているバリ

アグン山の噴火が現実味を帯びてきているようだ。

バリ在住日本人の間でもアグン山の話題で持ちきりとなっている。

周辺では地震が頻発し、少し離れている中心地でも地震が観測され始めている。

噴火の際に必要となるマスクなどの物資が店頭から消えていることからも人々が噴火に備え始めているのがわかる。

また、噴火の際の取るべき行動についての話し合いの場が持たれたり、娘の学校からは有事の際の対応についての連絡がひっきりなしに届いている。

のほほんとしたバリの日常に少しずつ暗雲が立ち込み始めているのだ。

また、アグン山付近の住民約7万人が避難を強いられており物資の不足が深刻な問題となっている。

道路のあちこちで募金活動が行われており、ボクも心ばかりの協力をさせてもらっている。

 噴火の際の被害予測は?

バリ島への旅行が控えている方や計画を立てていた方たちも大勢いると思う。

ぜひバリ島に来ていただきたい、という気持ちには変わりがないが、噴火の際には空港が閉鎖されるリスクは考慮しておかなくてはならない。

近年、ロンボクやジャワ島の火山噴火に伴う噴煙の影響で何度も空港閉鎖になっているバリ島のン・グラライ空港。

今回はお膝元のアグン山だ。

バリ島に来たはいいが、空港閉鎖で予定通り帰国できないなんていう事態は想定しておかなくてはならないのだ。

また、1963年のアグン山の噴火の際には小さいながら津波もあったらしく、こちらも警戒が必要となる。

噴火の際には警報がなるのでとにかく海からすぐに上がって海から離れることが大切だ。

 冷静に、しかし備えは万全に

こんなバリ島の状況下で「怖いから日本に帰ろうかしら」という声も出始めているが「いやいや、日本は日本で北朝鮮問題があるから」と突っ込まれる場面も。

まあ、どこにいても多少の危険はつきまとってくるわけなのであまりナーバスになりすぎず、しかしある程度の備えはしておいたほうがいいのだろう。

とにかく今はあまりオオゴトにならないことを祈るのみだ。

有本圭

※facebookアカウントKei Arimotoでは友だち上限に達してしまったため、『フォロー』という形でこれからも皆さんと繋がっていけたらと思ってます。

インスタグラムkeiarimotoではバリ島ライフをほぼ毎日アップしてます。こちらも是非フォローしてくださいね!

タグ: , , , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/