SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

また海に向かう理由

ん? 波が・・・

ん? 波が・・・


最近なんだかかんだと忙しくしている風である。
もちろんバリにいるわけなのでサーフィンはしているのだが、海から上がるとさっさと家に戻って仕事にとりかかる、という日々を送っている。
日本のビジネスマンとは比べるのも失礼レベルというのは重々承知のうえだが、それでもボクにとっては多忙風だったのだ。

今朝はサヌールロコサーファーMiki Mosalとイーストコーストでサーフィンする流れになった。
早く起きて海に向かったもののサイズはかなり小さめ。
セットでハラくらいのちょっと寂しいブレイク。
貸し切りではあったが、この波ではな、とテンションが上がらなかった。 続きを読む…

タグ: , ,

完全貸し切りサーフィン

波のクオリティは高い!

波のクオリティは高い!


バリ島は全体的にスモールコンディションだ。
とはいってもムネ〜くらいはある。
でもこのサイズだとバリニーズ的には「ナミナイネ〜」とバッサリ切られてしまうのだ。 続きを読む…

タグ: ,

我が儚い夢

いつか一緒にサーフィンを

いつか一緒にサーフィンを


ボクにとって目下の夢は娘がサーファーになってくれることだ。
いつの日か、娘と波待ちをしつつ波が入ってきたら「ほれ、いいぞ、乗れ乗れ〜」などと父親風を吹かせたいのだ。
「オトー、いい波だったよ、ありがとね!」
となったとしたら、それはもうたいそう嬉しい状態に突入していく。
それがボクにとっての儚い夢なのだ。

しかし、その夢の実現には様々な困難が待ち構えていそうだ。
しょっぱなから高い壁がそびえ立っている。
それを乗り越えないことには先が見えてこない。
その壁とは我が娘が性格的に非常に臆病であるということだ。

>> 次のページ >> 親としてすべきことは?

タグ: ,

外国人のサダメ

バリに戻ってまいりました!

バリに戻ってまいりました!


日本を後にするとき、いつも心寂しくなってしまう。
とても微弱な寂しさなので、ついスルーしてしまいがちだ。
しかし、毎回実家から羽田に向かう車中で「ああ、もう帰るのか。ああ、ああ」というややうつむき加減な気分に襲われてしまうのだ。

別にバリが嫌いとかそういうわけではない。
むしろバリは大好きだ。
波もあるし、常夏だ。
花粉症だってない。
友だちだってたくさんできた。
日本人サーファーとの出会いも途切れることがない。
でもそれとこれとは別の『何か』がそこには存在しているようなのだ。

>> 次のページは >> その『何か』とは??

タグ: ,

趣味

唐突に「ご趣味は?」
などと聞かれるのはお見合いのときくらいだろうか?

ときどき、プロフィールの欄に『趣味』という項目がある。
そういうとき、ボクはちょっと困ってしまう。
サーフィンは趣味とはいえないと自分で勝手に思っているため、そこにサーフィンと書き入れることに少々の抵抗感がある。
サーフィンはボクの人生そのもので、趣味というよりはライフスタイルといったほうがピッタリくる。

本棚はあっという間にいっぱいに

本棚はあっという間にいっぱいに


では趣味は?
もっともそれに近いものは『読書』である。
でも『趣味 読書』とはあまりにも模範的すぎてウソくさい。
でも本当にそれが一番オサマリがいいので仕方がない。 続きを読む…

タグ:

メロウでロングな日々にはキケンが潜むのだ

メロウにロングな日々

メロウにロングな日々


ここのところロングボードをやっている。
理由は簡単だ。
ロングボードをやっている友だちがバリにやってきているからだ。

ポイントのチョイスは当然ロングボード寄り。
ガッポリ掘れてカッ飛べる波!というよりはメロウでFunなポイントを巡っている。
現在、雨季真っただ中のバリ島ではサヌールエリアがサーフィンシーズンを迎えている。
サヌールエリアはショートボーダー向けのポイントが多い。
どちらかというと男らしい波質だ。
そしてそれらの波のクオリティも相当に高い。
ショートボーダーにはたまらないポイントが満載なのである。

じゃあバリの雨季はロングボードではダメなのか?
実はそれがそうでもない。
ロコサーファーたちが見向きもしないようなポイントで意外なほどメロウでFunでロング向きの波があったりするのだ。 続きを読む…

タグ: , ,

清く正しいおじさんへ

波はいいのだが・・・

波はいいのだが・・・


サイズアップをしてきているバリ島。
風が強いのが少々鬱陶しいのだが、しっかりとしたスウェルが入ってきている。

昨晩、完全に飲み過ぎてしまった。
気がつくとボクはその場で眠りこけてしまっていた。
目を覚ますと一緒に飲んでいた友人たちの姿はほとんどなかった。
ボクと同じように酔い潰れたアモーという友人がボクの横で倒れるように眠っていた。
意識はモウロウ。
足取りもおぼつかない。
胃がムカムカする。
独り言を言い出す。
完全に酔っぱらい状態だったのだ。 続きを読む…

タグ: , ,

バリズム

「明日は早起きしてサーフィンしよっか」

昨日、あまりに波が良かったのでちょっとハリキッテみた。
でも、たいがいこんなときは翌朝になると何事もなかったかのように通常通り7時前くらいに目を覚まし、風などをみてからいつも通りに海にでかけることが多い。

本日もいい波でした〜

本日もいい波でした〜


でも今日は違った。
バリニーズの友人であるMiki Mosolから5時半過ぎに電話が入った。
昨日の波がよっぽど気に入ったらしい。
ボクもさっと寝床から抜け出し海に向かった。 続きを読む…

タグ: ,

サーファーがバリ島に住むということは

Kick, Miki, Kei

Kick, Miki, Kei


一年前。
僕はバリで暮らし始め、徐々に生活は落ちつき始めていた。
毎日のように海にいっていたが、僕にとってはローカルサーファーで友だちといえる人は1人もいなかった。
そもそも僕の場合、バリが大好きで通いまくって念願叶ってバリに移住したわけではない。
移住前、バリには撮影などの仕事以外では来たことはなかった。
なので入念に人間関係を作ってから移り住んだわけではなかったのだ。

お客さんとしてバリにやってくるのと、そこで暮らすのではバリニーズたちの受け入れ方は全く違う。
年に数度バリに遊びにやってくるのと、そこで暮らすということには大きな隔たりがある。
移住当初、僕の挨拶に笑顔で答えてくれるサーファーは少なかった。 続きを読む…

タグ:

混雑とは無縁のポイント選び

無人のブレイク、いい波です!

無人のブレイク、いい波です!


今朝も早よからせっせと海に行った。
毎日9時前に寝てしまうので、目覚ましをかけなくても自然と5時くらいには目が覚めてしまう。
バリの5時といえばまだ真っ暗だ。
早く起きてもこれといってやることがない僕はこれまた自然と海に行く支度をしてしまう。
早朝は渋滞もなく、僕が住んでいるところから30分も走るといろいろなサーフポイントに行くことができる。
より取りみどりといったところだ。 続きを読む…

タグ: ,

3 / 41234

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/