SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

ガル子物語 vol60  〜 ガル子サーファー計画再始動の巻 〜

クララが立った!状態

クララが立った!状態


「オトー、ウンチのにおいがする〜」
本気でボクから逃げ惑うガル子の後ろ姿に呆然と立ち尽くした。
ウンチの匂い?
俺がか。
もうボクなんて言っていられないのだ。
んなわけねえ〜よ。
え? 俺? ウソでしょ??
でも、もしかして・・・
娘にそんなことを言われてショックを受けない父親なんていないはずだ。
44歳の中年を迎え、自分がどんな匂いを発しているか想像すらできなくなっている。
でもウンコの匂いを発していたらこれはもう大変なことだ。
世間の皆さんに多大なるご迷惑をおかけしてることになる。
くそっ。
なんで俺が。
よりによってウンコかよっ。
徐々に『くやしーですっ』の顔になっていったのだった。

そんなガル子であるが、外耳炎やら中耳炎などの耳の難でここ半年ほど水遊びが禁じられていた。
1歳の頃から毎日のように海やプールで遊んでいたのが祟ったのかもしれない。
まあ長い人生のうちの半年くらい水で遊べなくたってどうってことない。
ちょっと水から離れることによってより一層水遊びが楽しくなることだってある。
とにかくプラスに考えることにする。
そしてようやく耳のアレコレも癒えてようやく水遊び解禁の日がやってきたのだ。

というわけで早速半年ぶりにガル子を連れて海に行ってきた。
ボクのタクラミ通りスランガンの白い砂浜が視界に入るや否やキラキラの瞳で今までにないくらいはしゃぎ始めたガル子。
よーし、いーぞいーぞ。
その調子その調子。
ボクのハートも急激にコーフンしていった。

>> 次のページ >>  ガル子サーファー計画再スタート

タグ: , ,

天然最強説

たくさんの方たちに祝ってもらいました!

たくさんの方たちに祝ってもらいました!


いやー、あれからもう4年が経ったなんてまったくもって信じられない。
あの日、確かにボクの人生にとって大きな1日となった。
それまで当たり前のように自分中心の人生を歩んでいたわけだが、あの日から不動の自己中心が崩れ去った日となったのだ。

自分より大切な人ができた瞬間。
そう、娘の誕生だ。
あれからもうすぐ4年が経つ。
いろいろと日程の関係で本日我が家にて娘の4歳の誕生日会を開いたのだ。

本当にたくさんの方たちに祝ってもらった。
バリにやってきて3年、本当に多くの方たちに支えてもらっている。
家に入りきらないほどのたくさんの方が娘を祝ってくれたのだ。
実はそれもこれも我がド天然嫁の普段の頑張りによるものなのだ。

たまには嫁の話をしよう。
娘の話は毎度お馴染みになっているからたまにはいいだろう。
>> 次のページ >> 海外生活を続けていくうえで

タグ: ,

ベビ子物語vol34 〜神様は本当にいる!?〜

神々の宿る島バリ島

神々の宿る島バリ島


バリ島は『神々の宿る島』と言われている。
そんなことを聞いたとしても普通は「ふーん、そーなんだー」と軽く流してしまうことだろう。
最初はボクもそうだった。
たしかにそんなこともあるのかもしれないけどボクが住む世界とは異なる『あなたの知らない世界』の話なのかと思っていた。
しかし、この島で暮らしてみて考えが変わった。
この島には本当に『神々』がいるのではないだろうか。
そんなふうに思うようになった。
神がいるのとはワケが違う。
神々がいるのだ。
たくさんの神様が至る所に宿っているように感じてしまうのだ。

>> 次のページ >> 信じるか信じないかはアナタ次第

タグ: ,

ベビ子物語 vol 22 サーファーへの道~その2~

波だ〜、にげろ〜〜

波だ〜、にげろ〜〜


いつかベビ子をサーファーに、という親の身勝手な願望を実現すべくプロジェクトがスタートしている。(前回はこちら
ボクの完全なる独断でスタートしているのだ。

まずはベビ子が海に慣れてくれるのがファーストステップだ。
海を怖がるようではサーファーにはなれない。
しかし同時に海はとてもキケンである、ということも教えていかなくてはならない。
でもまずは『海は楽しいぞ』という認識を持たせるところから始めることにした。 続きを読む…

タグ: , ,

我が儚い夢

いつか一緒にサーフィンを

いつか一緒にサーフィンを


ボクにとって目下の夢は娘がサーファーになってくれることだ。
いつの日か、娘と波待ちをしつつ波が入ってきたら「ほれ、いいぞ、乗れ乗れ〜」などと父親風を吹かせたいのだ。
「オトー、いい波だったよ、ありがとね!」
となったとしたら、それはもうたいそう嬉しい状態に突入していく。
それがボクにとっての儚い夢なのだ。

しかし、その夢の実現には様々な困難が待ち構えていそうだ。
しょっぱなから高い壁がそびえ立っている。
それを乗り越えないことには先が見えてこない。
その壁とは我が娘が性格的に非常に臆病であるということだ。

>> 次のページ >> 親としてすべきことは?

タグ: ,

ベビ子物語 vol20 言語


ベビ子は成長の過程が他の子と比べると全体的に早い。
寝返りをするのも、歩き始めるのも、しゃべり始めるのも、とにかく周囲に驚かれるほど早かった。
まあ、早いからってどうってことはないし、別に早さ競っているわけではないのではあるが、まあなんとなく早いほうがエライ感じがして親としては誇らしかったりするのだ。

そんなベビ子。
もう人生の半分以上をバリ島で過ごしている。
一丁前に学校にも通っている。
でも、その学校での主要言語は英語だ。
先生たちは基本的には英語で話をする。
島としての共通言語はインドネシア語とバリ語がある。
そこに我々の母国語である日本語があるのだ。

というわけでベビ子を取り巻く環境は物心を付く前から複数言語に取り囲まれているわけだ。
それが当たり前の環境で育っていくことになる。 続きを読む…

タグ: , ,

ベビ子物語 vol 19 頑(かたくな)っすね

ママと一緒で嬉しそうなベビ子

ママと一緒で嬉しそうなベビ子


あのねえ〜、もうねえ〜、ホントにねえ〜、もうダメかもしんないのねえ〜。
というわけで全体的にクネクネと『ねえねえ化』している。
ねえねえ言いたくなってしまうにはワケがある。
いつものことだがベビ子が完全にママっ子になってしまったのだ。
それも今まで以上にママっ子度数が高い。
日本出張から戻るとママっ子になるのは恒例のことなのだが、今回は「え、ボク嫌われてるの?」と思ってしまうほどママに心を奪われてしまっているのだ。

1週間家を空けたことでド天然嫁はクタクタになっていた。
子育てとは大変なものなのだろう。
マンツーマンが続くと確かに体力的にキツいはずだ。

「今日はオトーがベビ子と遊んでやってよ」

とやや虚ろな眼を向けてきた。

「おうっ、任せろやいっ」

待ってましたと言わんばかりのボク。
事実、ボクはこの日を待ちわびていたのだ。

>> 次のページは >> まさかの展開が待っていた!

タグ: , ,

ベビ子物語 vol 18  こしゃくなっ


日本にやってくるといつもこんな感じになる。

ベビ子に会いた〜〜い。

そんなとき、ボクはド天然嫁にskypeをする。
しかし、こしゃくなことにだいたいにしてオンラインになるのはベビ子が寝てからなのだ。

「なんでベビ子がいるときに出ないんだよ」

と詰め寄るが、

「だって忙しいんだもん、しょーがないじゃん」

とまったく意に介さぬそぶり。

それ以上何をいってもどうにもならないことを誰よりも知っているボクは黙るしかない。
そこで気持ちを切り替えてこんな質問をした。 続きを読む…

タグ: ,

ベビ子物語 vol17 逆境


先日ベビ子が体調を崩した。
ボクが体調を崩す数日前の出来事だった。

それまでは快調に『オトーっ子』として「オトー、オトー」とボクにまとわりついていた。
しかし。
しかしだ。
ベビ子が体調を崩したあたりから雲行きが怪しくなってしまった。
いやっ、雲行き云々どころかすっかり大雨となってしまっている。 続きを読む…

タグ: , ,

ベビ子物語 vol 16  今でしょ!

バリ衣装を身にまとって

バリ衣装を身にまとって


成功者の条件は、何事においても決断したことは後回しにせずに即実行していくことである。
巷ではそんなことが囁かれている。

ボクのような面倒くさがりは「よしっ、やるぞっ、明日から!」となる。
そして、ほとんどの場合は『明日』には実行されない。
そこで、
「よし、では来週の月曜日から」
となり、
「やっぱり来月の1日から」
とさらに伸び、
「では来年のお正月からやろう!」
となっていき、最終的には実行されない、ということがほとんどなのだ。 続きを読む…

タグ: ,

1 / 212

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/