SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

異種格闘技戦開催中!

こちらが最大セットです

こちらが最大セットです


本格的に波が小さい。
もうかれこれ1週間になるだろうか。
この間、最大でハラくらいの波しかきていない。
しかもリーフポイントはほぼ全滅。
唯一サイズのあるチャングーは激混みという状態らしい。
というわけでここのところ毎日のようにパドマビーチに通い詰めている。
サイズこそ小さいが、なんとかサーフィンは可能なコンディション。
小さいながら波の形は悪くないのだ。
しかもビギナーサーファー以外はほとんど海に入っていない。
このような小波コンディションではロコサーファーたちも海には入ってこないのだ。 続きを読む…

タグ: ,

子どもにサーフィンをさせる派?

「たまには家族の時間作ってよ〜」とド天然嫁が口を尖らせた。
いやいやいや、毎日家族の時間を作っているつもりですけど、と反論してみたものの「一日中家族と過ごすことってほとんどないじゃん」と逆ギレされて本日晴れて家族でレギアンビーチに行くことになった。

ベビ子と海遊び〜

ベビ子と海遊び〜


ここ数日、バリにしては本当に珍しく小波が続いている。
本日もセットでモモ〜コシといったところ。
ショートボードならサーフ不可、ロングでなんとか遊べるといった程度の波だった。
でもこういう日に家族サービスで海に来れたのはラッキーだったといえよう。
なぜなら、いい波を目の前にして家族とビーチで遊ぶのはそこそこフラストレーションが溜まってくるものだが、本日に限っては心から家族との時間を楽しむことができたからだ。
特に愛娘ベビ子を海で遊ばせるには最高のコンディションだった。
浮き輪を付けつつ波と戯れる。
彼女にとってはカタ〜オーバーヘットの波のサイズなのでそこそこ恐怖だったらしいのだが、それでも許容範囲は超えていない感じだった。
満二歳になったばかりのベビ子にとっては『海=楽しい』という印象を残すことが大切で、決して怖い体験はさせたくないと思っている。
怖くなってしまうと海に近寄らなくなってしまう。
せっかくなら海を好きになってもらいたいとタクランデいるのだ。
続きを読む…

タグ: , ,

そろそろお仕事のほうも・・・

ハイヤットリーフの大将ジャングリン(左)も合流

ハイヤットリーフの大将ジャングリン(左)も合流


サヌールからロコサーファーMIKIと2人でクタに車を走らせ、渋滞をくぐってようやく海に着いて波チェックをしてみると・・・
どうした?バリっ、と思わず言ってしまうほど小波っぷりだった。
セットでやっとモモくらい。
サーフスクールのビギナーサーファーたちが楽しそうに波に乗っていたが、さすがにそこに入っていく勇気はなかった。
「一応レギアン見に行ってみるかっ」
と半ば諦めムードでレギアンに行ってみると、ロングボードならなんとか遊べる波がブレイクしていた。
「シャワー替わりに入りますかっ」ということになり、普段ショートボードをやっているMIKIも今日はロングボードを抱えて海へ飛び込んだ。 続きを読む…

タグ: ,

湘南産サーファースタイル

小波ですがクオリティなGood!です

小波ですがクオリティなGood!です


バリといえばホレッホレでグリッグリの波を想像する人が少なくない。
でも実際にはバリにだってメロウで優しい波はある。
本日のバリは超小波。
セットでハラくらい。
これはバリにとっては「波ないね」というレベルだ。
でもこういうときにロングボードがあると天国状態に突入する。
とくにローカルなどの上級者ショートボーダーがいないのでロングボーダーには気軽にサーフィンを楽しめるコンディションとなるのだ。 続きを読む…

タグ: , ,

外国人にとっての異変発生@バリ

世間はゴールデンウィーク真っ只中。
僕は相変わらずダラシナく日々サーフィンなどをしつつ過ごしているわけなのだが、ここ最近は僕の住むサヌールエリアはオンショアが吹いてしまっている。
そこで仕方がなく毎日クタエリアまで車で通っているのだ。
嫁が僕がクタに行く、ということを嗅ぎ付けると「じゃああれ買ってきて」だの「あそこに寄ってあれをしてこい」だのが始まってしまうので、アフターサーフは嫁のおつかいをするというのがすっかり日課として定着してしまった。

じゅうぶんいい波でしょ〜〜

じゅうぶんいい波でしょ〜〜


本日はレギアンビーチにお邪魔したのだが、波のサイズはセットでカタくらい。
バリでいうと『小波』の部類に入ってしまい、ローカルたちもほとんどサーフィンをしていない。
こういうときこそチャンス!
湘南で考えたらかなりのグッドコンディションだ。 続きを読む…

タグ: ,

4月1日は何かが始まるのだ!

4月1日。
なんともいい響き。
新しく何かが始まるフレッシュさと、ウソをついても怒られたりしない清々しさがある。
4月1日というと2013年度が始まるフレッシュな日。
2013年は1月1日に始まるのだけど、『度』がつくと4月1日のほうがエラくなってしまうのだ。
手帳売場をみると4月始まりの手帳もたくさん出版されている。
この4月1日は『何かしらの始まりの日』という位置づけになっているのだ。

荷物を運び入れてグチャグチャの新居

荷物を運び入れてグチャグチャの新居


本日、私有本家も誠にセンエツながら『始まりの日』となった。
昨年10月にバリ島へ移住してから、コンドミニアムタイプの家に仮住まいしていたのだが、本日晴れて夢のマイホームへとお引っ越ししたのだ。
まあ夢のマイホームといっても実情はレンタル、ようするに賃貸ということなので喜びもひとしおというわけではないのだが、やはりドッカと腰を落ち着けて暮らすことができる喜びがあるのだ。 続きを読む…

タグ: ,

6 / 6« 先頭...23456

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/