SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

サーフィン中毒者という名のショップ

真ん中)たかさん 右)Miki  左)有本圭

真ん中)たかさん 右)Miki  左)有本圭


絶望的な波無し状態から一夜明けた早朝。
半分諦めモードでクラマスをチェックした。
本日は大田区にあるサーフショップ『addict surf』のオーナーであるタカさんの最終日だ。
addictとは中毒者とか依存者の意味で、この名の通りタカさんはサーフィン中毒者のようだ。
本日バリから一旦日本に戻った2日後にはハワイに飛び立つという。

「夏はスクールで忙しいから冬はたっぷりサーフィンするんですよ」

と真っ黒に日焼けした顔でニカッと笑った。

good wave でした!

good wave でした!


波のほうだが、タカさんの最終ラウンドはなかなかのGood Waveになった。
セットでアタマくらいの波がコンスタントに入ってきているわりにはサーファーの数はまばらだった。

「いやー、もうお腹いっぱいいい波乗りました!」

とバリを去っていったタカさん。
明日にはハワイ行きの準備に取りかかっていることでしょう。
サーフィン中毒者、万歳!

(有本圭)

タグ: , ,

小波=ホームシック

あれ!? 何もな〜い

あれ!? 何もな〜い


あれ、なんだこりゃ?
行くところ行くところどこにも波がない。

いや〜、そんなこと言っても贅沢言ってるだけで本当は波あるんじゃないの?

と思われるだろうが、サヌールエリアは本格的に波がないのだ。
バリに来て数ヶ月が経つが、ここまで波が小さいのは初めてかもしれない。
こういうときはサーフガイドたちもお手上げ状態。
どんなに優秀なガイドさんでも波を立たせることはできない。
ガイド同士で連絡を取り合っているが、どこも絶望的な状況のようだ。 続きを読む…

タグ: , ,

気温差50度

北海道サーファーさんたちと

北海道サーファーさんたちと


真冬の北海道は寒さが厳しい。
最低気温がマイナス20度になることも珍しくないという。
そんな北海道からバリにサーファーたちがやってきた。
バリは連日30度を超える暑い日が続いている。
ということは気温差が50度。
普段5mmのドライスーツにヘッドキャップを被り、インナーを着込んで、それでもかなり寒いという極寒の地でサーフィンをしている猛者たちだ。
北海道の厳しい環境から来るとバリは天国に感じるに違いない。

「ウェットスーツ着なくていいだけでも幸せですよ」

と海を眺めながらニカッと笑ったJさん。
風がやや強く、サイズも小さめだったので「最高!」というにはやや物足りないコンディションだったが、昨日今日と2日間、サヌールエリアのシークレットスポットでサーフィンを満喫することができた。 続きを読む…

タグ: , ,

トレード成功?

病院に向かう車の中。
助手席でド天然嫁の腕の中で苦しそうな表情を浮かべるベビ子。
熱は40.5℃をという高熱を出していた。
渋滞で車がつまる。
僕は左手でベビ子の額に手をかざし、「神様、僕がベビ子の熱を全部もらってあげますからどうかベビ子の熱を下げてやってください」と祈る。

本調子ではないがなんとか復活のベビ子

本調子ではないがなんとか復活のベビ子


その夜、病院でもらった薬がきいたのか、すっかり熱が下がったベビ子。
ホッと一安心していたのも束の間のことだった。
よし、ベビ子もよくなってきたことだし明日は波乗りするか。
目覚ましを5時半にセットし、早めにベッドにもぐりこむ。
風も弱まっているので、明日はいい波に乗ることができそうだ。 続きを読む…

タグ: , ,

洗礼

真冬の日本から南国の島やってきて、わーい夏だ夏だ〜、とヨロコンデいられるのは独り身の若かりし頃の専売特許かもしれない。
暑いところから寒いところに行くのはキツいけど、逆はまったく問題ないと思っていたが、なかなかそうはいかなかった。

日本の寒さでやや体調を崩してしまっていた僕の愛娘ベビ子は、バリにやってくると気候が良いせいか、日本にいるときの倍くらいのテンションの高さではしゃぎ始めた。
「やっぱりベビ子にはバリが合ってるみたいだね〜」などと呑気に夫婦でその光景を目を細めながら眺めていたのだが、翌朝にいきなり高熱を出してしまった。

40度超えでも食欲は衰えないベビ子

40度超えでも食欲は衰えないベビ子


気温差、長時間の移動、環境の変化などはやはり1歳半のベビ子の小さな体にはなかなか大きな負担だったようだ。
しかし、本人には「疲れた〜」などというような意識は全くないようでMAXではしゃいでしまう。
40度を超える熱が出ていても食欲旺盛で、ちょっと体調が上向くとすぐに「お外っ、プール!」などとせがんでくるのだ。
そんなこんなでこの2日間は病院に行ったり、買い物、家事手伝い、看病など全般をこなし、未だサーフィンはできない状況が続いている。 続きを読む…

タグ: ,

バリズム

寒いところにいると、自然と歩く速度は上がるし、頭の回転も速くなってくる。
テキパキ動かないと寒くて身が凍ってしまう。
体が動いているとつられるように頭も良く動く。
日本の冬は真夏のバリで暮らし始め、全体的にのんびりしてしまった僕にとってはいいリハビリになったようだ。

本日バリ島に戻ってきて、いきなりバリのリズム、略して『バリズム』の波に飲み込まれてしまった。
バリで思い切って新車を購入し、本日がその車の納車日だった。
ちゃんと持ってくるのかな〜、とやや不安に思っていたが、意外なほどすんなり希望していた時間の30分前に我が家にやってきた。
おお、やっぱり大きい買い物になると対応が違うな、などと感心していたのも束の間・・・

ナンバー付いてないし・・・

ナンバー付いてないし・・・


喜びつつその車を眺めていると何かが足りない気がした。
なんだ、この感じ。
なんか正規のものじゃない雰囲気。
良〜く見てみると・・・
なんと、ナンバープレートが付いていないじゃないか! 続きを読む…

タグ: ,

いててっ、ああ情けないっ

夜な夜な読書にふける

夜な夜な読書にふける


なんとなく体調が優れなかったのと、波がサイズダウンしたタイミングが重なったため、3日間サーフィンをせずに過ごした。
朝早く起きる目的を失った僕は、日に日に夜が遅くなり、それまで9時には就寝していたのが12時過ぎまでダラダラと小説などを読みつつ夜更かしをするようになってしまった。
バリ生活でサーフィンができないと時間を大幅に持て余してしまう。
まあいわゆる『ひま』というやつで、一日がオソロシク長く感じてしまうのだ。 続きを読む…

タグ: , ,

なんだかんだ言って僕なんだよな〜

「体調だけはしっかり管理しないとダメなんだからな、ここは外国なんだから」
と偉そうに家族にほざいていたこの僕が真っ先にダウンした。
うすうすそういうことになるんじゃないかな〜と思っていたが、その思いが現実を引き寄せてしまったようだ。
4日ほど前から突然の激しい下痢。
しかもなかなか激しいタイプのやつだ。
一日の大半をトイレで過ごした。
1ヶ月続いた1日1ラウンドサーフィンというスタイルもここで途切れてしまった。
思わずそこで阪神の金本選手が連続試合出場記録を途切れさせてしまった悔しさを想像してしまったが、あまりにも次元の違う話だったので想像すらつかなかったが、僕の中では少々悔しい思いをした。

いい波いい仲間で調子に乗ってしまった・・・

いい波いい仲間で調子に乗ってしまった・・・


昨日、かなり回復したところでバリに遊びに来ている知人たちとOne day surf tripに出かけた。
すぐに調子に乗ってしまう悪い癖だ。
100%完治とは言えない状態なのに1日フルコースでサーフィンをし、マッサージを受けた後にたっぷりビールを流し込んでしまった。
しかもこういう時に限って波がサイズアップしており、アタマ〜アタマ半くらいの波がコンスタントに入ってきていた。
病み上がりの体には少々キツい。
それでもみんなと一緒になってきっちり2ラウンド海に入ってしまった。 続きを読む…

タグ: , ,

バリ移住、1ヶ月を経過して

国内でも引越とはなかなか大変なものだ。
これが海外移住ともなれば大変さは倍増する。
そんなことはハナからわかっていたことなのだが、想像以上に大変なこともある。

お買い物の日々

お買い物の日々


全てのことをイチから始めないといけない。
携帯電話を買うところからスタートする。
いやいや、どこでどうやってそれを買うのかを調べるところから始まる。
いや、携帯電話がどういう仕組みなのかを知る必要がある。
日本のそれとはまったく違うのだ。
インターネットの接続をどうすれば快適にできるのか、どこに行けば自転車が手に入るのか、エアコンが壊れたらどうすればいいのか・・・
日本にいる時なら当たり前のようにわかることがわからないのだ。
右も左もわからないとはこのことだ。
見るもの全てが新しい

見るもの全てが新しい


僕には1歳5ヶ月になるベビ子という愛娘がいる。
彼女は日々生きているだけで多くのことを学び、すごい勢いで成長している。
見るもの、触れるもの全てが新しいのだ。
バリ島に移住した僕もベビ子と同じように、この場所で生きているだけで日々多くのことを知り、多くのことを学ぶ。
もちろん多くの人たちに支えられながら。
海外移住とは決して楽なことではないが、その分多くのことを吸収し、人間的にも一つ大きくなれる気がする。
よその国に住まわせてもらっている、という感謝の気持ちを忘れずにこれからも日々成長していけたらと思う。

(有本圭)

タグ: ,

バリの季節

日本には四季がある。
春には桜が咲き、夏にはお祭りや花火、そしてもちろん海。
秋には紅葉が見られ、冬は雪が降る。
その他に清々しい初夏やジトジトした梅雨などとにかく変化に富んでいる。

朝からどんより

朝からどんより


僕が暮らし始めたバリ島には四季がない。
大きく分けると乾期と雨期の2つ。
つまり二季なのだ。 続きを読む…

タグ: ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/