SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

ガル子物語 vol63 〜小学校入学とともに・・・〜

でっかくなっちゃいました^^;

でっかくなっちゃいました^^;


入学式といえば桜の花びらがちらちらと舞う4月に行われる。
長く厳しい冬を耐え、待ちに待った春の訪れとともに次のステージに上がることができる。
これが3月でもまだ寒すぎるし、5月だともう春の感動も薄れしまっている。
4月は入学式にはこれ以上ない絶妙な時期だなとつくづく思うのだ。

一方四季のないバリ島での入学式はいつでもいいのかなと思う。
結局どこまでも夏なのであるし、季節によって何か吐出して美しい花が咲き乱れるなんてこともない。
基本的には季節感というものが希薄な土地柄なのだ。

というわけで理由はわからないが、バリ島では8月が入学シーズンとなる。
日本ではまだ幼稚園の年長組であるはずのガル子は一足先に小学生になってしまった。
ついこの間、「やー子供が生まれた、感動した感動した」なんて騒いでいたのにもう小学生だ。
展開が早すぎて少々戸惑う。
成長してくれるのはもちろん嬉しいのだが、少しずつ親から離れていってしまう寂しさも感じてしまう。
複雑な心境なのだ。
>> 次のページは >> とうとうこの日がきてしまった

タグ: ,

ガル子物語 vol62 〜もう少しだけ君と〜

もうすっかり少女に

もうすっかり少女に


ベビ子ベビ子なんて嬉しそうに記事を書いていた頃が懐かしくさえ思える今日この頃。
あのベビ子改めガル子がいよいよ小学生になってしまうというから時の流れを感じずにはいられない。
ついこのまえ「ベビ子が立った〜」などと喜んでいたという感覚でしかない。
嘘でしょ、もう小学生?
これはもう気が付いたらガル子が成人してボクはおじいちゃんになってるってなパターンでしょ。
そんな風に考えると嫌な汗が背中から吹き出してくる。
焦るわ、正直。
何も成し遂げてない自分に・・・
そうこうしているうちにボクも今年で45歳になってしまう。
四捨五入で50。
くー。
信じられん。
もう『ボク』なんかではなく『ワシ』の方がお似合いな年頃なのだろう。
>> 次のページ >>  ガル子が離れないための姑息な作戦とは

タグ: , , ,

ベビ子物語 vol4 なんで?

紙作りにチャレンジのベビ子

紙作りにチャレンジのベビ子


2歳半のベビ子は、最近急激に言葉を理解するようになった。
それと同時に色々なことがわかるようになってきている。
わかることが増えると、それに比例してわからないことも増えてくるようだ。
会話をしていて、疑問なことが出てくると、

「なんで?」

と疑問を投げかけてくる。

「オトーはベビ子のことが、いーっぱい大好きよ」
「なんで?」
「ベビ子がオトーとママのところに生まれてきてくれたからよ」
「なんで?」
「ベビ子がオトーとママを選んでくれたんでしょ?」
「なんで?」
「なんで・・・だろうね・・・」

と、こんな具合に『なんでなんで攻撃』を繰り返してくるのだ。

ことあるごとに、「なんで?」と聞かれると、意外といろんなことを知らない自分に気がついてしまう。 続きを読む…

タグ: , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/