SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

アテにならないことは人間を変える?

バイクを洗うおばちゃん。そこでやんなや〜

バイクを洗うおばちゃん。そこでやんなや〜


バリ島の雨季ってのはさあ、スコールがバアーっと降って、あとは案外晴れちゃうもんなんだよね。
そんなことを去年までは知ったような顔をしてエラそうに語っていた。
2012年に移住して、ボクが経験した雨季ってもんは毎年そんな感じであった。
スコールの時間を除けば雨季であっても晴れ間が多い。
バリの雨季とはそんなもんだと思い込んでいた。

しかし今年の雨季はモノが違った。
雨が降り出す時期も例年より早かった。
10月頃から降り始め、そこからはコンスタントに降り続けている。
ここ一週間に関して言えば、ほとんど太陽が顔を覗かすことがなかった。
朝から晩まで降りっぱなし。
シトシトからドシャドシャまでありとあらゆる雨が降り注いでいる。
あちこちで浸水、冠水、水没、洪水などが絶賛勃発中。
渋滞するわ、バイクはコケるわ、人は滑るわ。
道路は陥没するわ、大木は倒れるわ、停電にはなるわ。
寒いわ風邪ひくわ。
ド天然嫁は傘を持っていっては自分の車に置いてきてしまうわ。
取材に出れずに締め切りに追われるわ。
とにかくわーわーともう大変なのである。
>> 次のページ >> アテにならないことは人間変える?

タグ: ,

バリ島生活も4年目に

バリ島

バリ島


早いものでバリ島生活も4年目に突入した。
まあとりあえず2年はバリで暮らしてみようよ、ダメなら日本に帰ればいいんだしさ、と始まったバリ生活。

言葉では言い尽くせないくらい色々なことがあった。
文化の違いに戸惑うこともあった。
体に染み付いている日本の常識なんてものがまったく通用しないことを思い知った。
誤解され、後ろ指差されることもあった。
でも、その分、たくさんのことを学ぶことができた。
ほんの少しだけ人間的に成長できた。

いまでもときどき、なんで俺はバリにいるんだろう、と思うことがある。
なんでこんな苦しい思いまでしてここにいるんだろう。
正直そう思う。
暮らすことにいちいち許可を取らなくてはならない。
いろんな書類を作らなくてはならない。
お金だってかかる。
あたりまえのように暮らして自由に仕事することだってできない。
家だって買えないし、年金だってもらえない。
なんの保証もない。
ここでは紛れもなく外国人だ。
不自由なこと極まりない。
>> 次のページ >> なぜこの島にいるのか?

タグ: ,

我が家を襲った『まさか』

最後には『まさか』の結末が・・・

最後には『まさか』の結末が・・・


結婚式のスピーチでこんな話を聞いた事がある。

人生には3つの坂がある。
『上り坂』、『下り坂』、そして『まさか』。
その『まさか』が有本家の平和な朝をかき乱していったのだった。

昨日からド天然嫁が発熱した。
彼女とはもうかれこれ8年の付き合いになるがその間ほとんど風邪もひかないし健康体そのもの人間。
とはいえ人間なので2年に1度くらいは熱を出したりする。
しかしそういった場合においても薬などを飲んだりせずにただ一晩眠るだけで完全回復するハイパーボディの持ち主なのだ。

今、学生時代の友人がバリに遊びにきている。
本日はウルワツでセッションする予定になっていた。
波予想ではアタマ前後のファンなサイズ。
ああ楽しみだあ〜、そんな思いを抱いて昨晩は眠りについた。
>> 次のページ >> まさかの展開×2

タグ: ,

ノミのメンタル

そろそろイーストコーストもいい波に!

そろそろイーストコーストもいい波に!


バリ島は季節の変わり目を迎えている。
とはいえ日本のそれのように気温差がある訳ではないので非常にソフトな変わり目だ。
雨が降るかどうか。
風がどっちから吹くかといった程度だ。
日本人に言わせれば「そんなもん季節の変わり目のうちに入らんわい」レベルの変化でろう。
にも関わらず決まって体調を崩す。
まったくオレの体調は赤ちゃん肌かっ、と卑下したくなってしまう。 続きを読む…

タグ: , ,

当たり前こそが素晴らしい

耳に近づけて話すしかないのです

耳に近づけて話すしかないのです


純度100%、完全なる私事ではありますが、なぜか突発的に声が出なくなってしまった。
午前中はそれでもなんとかギリギリ電話ができるくらいの声は出ていた。
ハスキーボイスになってしまった声で『もんた&ブラザーズ』のDancing All Night(わかる人にはわかる)を口ずさんでは「結構渋いじゃん!」なんて喜んでいる余裕があったのだ。

しかし午後になり1時間ほど集中して机に向かい、久々に声を出してみると・・・
なんもでない。
どうした!俺の声!
別に喉が痛いとかそういうことはない。
ただ単に声が出ないのだ。
昨晩寝る前にビンタンビールを3本飲んだからか?
それともベラベラしゃべりすぎるから「口は災いの元ですよ」と神様が忠告してくれているのか?
真相のほどはわからない。
でもとにかく声が出ないのだ。 続きを読む…

タグ:

♫ ありの〜、ままの〜♫


悩みを抱えているある方からメールをいただいた。
あるときに心が一気に軽くなったきっかけがあったのでここに書き記しておこうと思う。

思春期真っただ中のある時期のことである。
ボクは人の目を気にし過ぎて自分を失いかけてしまっていた。
相手はボクのことをどう思っているのだろうか?
さっきの発言はまずかったのかな?
本当は嫌われているんじゃないだろうか?
そんなことばかり考えるようになってしまっていた。
それまではそんなことなど一切考えずに天真爛漫でいたのに、そういったヤヤコシイことをアレコレと考えてしまうようになってしまっていたのだ。
その時期、自分がどんどん萎縮していくのがわかった。

>> 次のページ >> 事態が好転したあるきっかけ

タグ: ,

まさかの展開

本日も順調に夏のバリ島

本日も順調に夏のバリ島


Facebookなるものが海外生活者のボクにとっては貴重な情報源になっている。
ニュースより何より今の日本の状況がタイムリーにわかるので面白いメディアだ。

まず家に帰ってくるとPCを開いてFacebookをチェックするのが日課だ。
本日日本の各地は大雪のようだ。
タイムラインにはさまざまな雪景色がずらりと並んでいた。
真夏生活者にとってはすでに雪が想像しにくくなってきてしまっているのが現状だ。

そしてボクに意外すぎる感情が芽生え始めていることに気がついてしまった。
これはボクにとっては想像もできなかった展開だったのだ。

日本に住んでいるときには夏になるとわかりやすい形でテンション上げていた。
独身時代にはたいがい夏に彼女ができていたし、暑くなってくると明らかに活動を活発化させる傾向にあった。
しかし一方、冬になると一気に影者となっていた。
姿勢が前屈みになり、やや老けたような様子でボソボソしゃべる程度で、基本的にはこたつでみかんなどを食べつつゴロゴロするのが真冬のボクの生活様式だったのだ。 続きを読む…

タグ: ,

海外の『列』は戦いなのである

日本の列は美しいのだ

日本の列は美しいのだ


ボクは行列が大嫌いだ。
行列のできるラーメン屋に自ら並ぶことなどまずありえないし、行列のできている隣の空いている店でゆったり食事をするほうがよっぽど快適だ、という持論がある。

出入国とは行列の嵐だ。
とにかく何をするのでも列をなす。
飛行機のチェックイン、荷物チェック、イミグレーション、搭乗・・・
とにかく列。
何をするにも列。
並ばざる者出国すべからず、という姿勢を全体的に貫いているのだ。

日本社会でもすぐに列になる。
電車やバス、レジにも列はできる。
美味しいという評判のお店はすぐに列になる。
でも日本の列はまだ許せる。
全然許せる。
ドロップインをしてくるようなならず者はいないのだ。
ちゃんと順番通りに列は進むし、秩序がある。
そこには神経をすり減らす神経戦は存在していない。 続きを読む…

タグ:

ベビ子物語 vol4 なんで?

紙作りにチャレンジのベビ子

紙作りにチャレンジのベビ子


2歳半のベビ子は、最近急激に言葉を理解するようになった。
それと同時に色々なことがわかるようになってきている。
わかることが増えると、それに比例してわからないことも増えてくるようだ。
会話をしていて、疑問なことが出てくると、

「なんで?」

と疑問を投げかけてくる。

「オトーはベビ子のことが、いーっぱい大好きよ」
「なんで?」
「ベビ子がオトーとママのところに生まれてきてくれたからよ」
「なんで?」
「ベビ子がオトーとママを選んでくれたんでしょ?」
「なんで?」
「なんで・・・だろうね・・・」

と、こんな具合に『なんでなんで攻撃』を繰り返してくるのだ。

ことあるごとに、「なんで?」と聞かれると、意外といろんなことを知らない自分に気がついてしまう。 続きを読む…

タグ: , ,

スマホ無し生活のすすめ

シンプル携帯とPCという布陣

シンプル携帯とPCという布陣


最近日本ではスマホを手放し、ガラケーが見直されてきている、という流れがあるという記事を目にした。
理由はいろいろなのだろうが、ネット疲れが一つの要因なのではないだろうか。

スマホは常にネット社会につながれる便利なアイテムだ。
しかし、実際我々が生きているのは現実社会であり、バーチャルの世界ではない。
常にネットにつながっていないと不安になってしまうのは、『ネット中毒』といっていいと思う。

かくいうこのボクもネット社会住民だ。
ネットがなければ仕事はおろか、日本に残している家族や友人との連絡もおぼつかくなってしまう。
ネットはボクにとって非常に大切なツールであることは動かしようのない事実だ。 続きを読む…

タグ: ,

1 / 212

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/