SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

有本圭自伝『少年おじさん』 第3話 行けるのか!?地球一周

THE 能天気ーズ 左)小川大二郎 右)有本圭

THE 能天気ーズ 左)小川大二郎 右)有本圭

『能天気にして単純、加えて楽観主義』というおバカさん3大定義をきっちり持ち合わせている僕と悪友である大宮スケーター小川大二郎は、ピースボート地球一周クルーズに申し込んだ時点で、完全に乗船する気になっていた。(少年おじさん 2話はこちら
時間を持て余していた僕らは、暇な時間をピースボートのボランティアスタッフ(以下ボラスタ)としての活動に充て、旅費を少しでも安くしようという作戦を敢行していた。

1時間ボラスタとして仕事をすると、旅費から1000円割り引かれるというのは魅力だった。
仕事は非常に簡単で、ビラ配りやポスター貼りなど、脳ミソが溶けだしそうになっていた僕ら2人でもわりとすんなりできるものだった。
しかし、ボラスタの仕事は旅費が安くなるというだけで、現金収入にはならなかったので、船旅の際の現金も稼ぐ必要があった。

そこで僕は、昼間はボラスタ、夜は新宿歌舞伎町のバーでアルバイトという二重生活を始めることにしたのだ。
朝、高田馬場にあるピースボートの事務所に行き、ポスターやビラを山ほど受け取り、それを近隣などの地域で配り、夜になると歌舞伎町のネオン街へ消えていくという生活はなかなかハードなものだった。
しかし、僕には『カワイイ女の子たちとの地球一周クルーズ』が待っているのだ!、と気合を入れてなんとか乗り切っていった。 続きを読む…

タグ: , , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/