SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

フィリピン、バレルでバレルだぁ〜の旅 〜 その5 コブラの洗礼 〜

小川幸男 Photo by Ken-G

小川幸男 Photo by Ken-G


サーフキャンプから戻った我々はそこそこ疲労がたまり始めていた。
なにしろ平均年齢45歳のおじさんトリップ隊なのである。
バリから参戦のキック隊長、コマンは久しぶりの海外トリップの上にハードな移動が続き、顕著に疲労の色を滲ませていた。
「モウツカレタヨ」
そんな言葉が頻繁に口をついて出るようになっていた。
そんな疲れた我々をよそにミスターM`sは全く疲れたそぶりを見せない。
「じゃあな、明日は6時な」
焼酎をたんまり喰らってヘベレケのはずなのだが必ず翌朝の集合時間を我々に刻み込んでいく。
この男、鉄人だな。
それにしても1日くらいゆっくり寝てみたい。
そんな思いをよそに否応無しに次の朝はやってくるのであった。

「ほらみろー。サイズアップしてんだろ」
ミスターM`sのダミ声が早朝の澄んだ空気を引き裂いた。
確かにかなりデカそうだ。
少年カイはキャンプの疲れからか体調を壊し、この日はホテルで休んでいた。
ああ、ボクも寝てればよかった。
この日のコブラリーフは底ッポレでかなりのパワーがありそうで、運悪くセットをくらったら八つ裂きにされそうな雰囲気を漂わせていた。
そんなボクの心の動揺など気づくはずもないプロサーファー小川幸男は「ウッヒョー」などと嬉しそうな奇声を発しながらあっという間にピークへとパドルしていってしまった。
やっぱあいつどっか大切な部分がプツンと切れてるな。
いわゆるキレてるやつ。
あんな小動物みたいな爽やかな顔をしているくせにやることは猛獣だ。
まあ、パイプラインでショットを残すサーファーってのはやはりどこか常人とは違うわけで、このくらいのサイズの波はまだファンウェーブの範疇なのだろう。

とにかくここまで来てしまったら海に入るしかない。
これでも2007年まではプロとしてロングボードのコンテストに参戦していたのだ。
負けてはおれん。
そんな思いと、始めて間も無いショートボードでは無理だろ、という思いが交錯しながら何はともあれピークへとパドルしていった。
ピークが近づくにつれ、その波の迫力に圧倒された。
ひとたびセットが入ってくるとまるで巨大生物が大きな口を開けながら襲いかかってくるようであった。
セットはダブル以上になっていただろうか。
「小波用だよ」と渡された幅広のショートボードで果たしてテイクオフが出来るのだろうか。
セリフを覚えぬまま舞台に立たされているような心境でラインナップへと加わっていった。
>> 次のページ >>  コブラに食われた〜〜

タグ: , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/