SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

フィリピン、バレルでバレルだぁ〜の旅 〜 その6 ハッピーマンがゆく 〜

いつも自然体の小川幸男

いつも自然体の小川幸男


初めてのフィリピントリップだったことも手伝ってボクのサーフトリップ人生の中でも強烈なインパクトを残す旅となった。
コブラリーフの波はなかなか男らしい波だったし、セットの波に飲み込まれて普段ユルユルのユル顔だったボクの顔は久々に真顔となった。
中学生の守城海くんがセットの波に果敢にチャージしている姿も印象に残ったし、バリニーズのキック隊長とコマンとの旅も新鮮だった。
そして圧巻だったのは何と言っても小川幸男の存在だ。
彼はサーフィン一家のサラブレットとして育てられ、JPSA(日本プロサーフィン連盟)の選手会長を務めている。
サーフィンのセンスもさることながら彼の発するハッピーオーラは周囲を明るく照らしてくれた。
幸男=Happy Man
『名は体を表す』というが彼の場合はまさにその通り。
どこまでも幸せな男なのだ。

バレルからマニラ空港への帰路。
連日のサーフィンとミスターM`sの酒盛りにボクは体力の限界を迎えていた。
車中は少しでも疲れを取るために睡眠に当てようと決めていた。
ボクはそのことを高らかに宣言し、睡眠体制に入ろうとするとハッピーマンに内在する少年が目を覚ましてしまった。
「けいくん、シリトリしようよ! ほらみんな、シリトリするよっ」
「なんでシリトリなんだよ。寝るんだよ」
「はい、じゃあ、リンゴ」
「は?  やめようよ〜。・・・。ん〜、じゃあ、ゴリラ」
「ラッパ」
「パイナップル」
・・・。
こんな具合に気がつくと彼のペースに巻き込まれていた。
そして、すっかり眠気が飛んでしまった頃に「あ、俺眠いんで寝よっ」とさっさといびきをかいて眠ってしまった。
シリトリする前には日本のプロサーフィン界の未来について熱く語っていた。
大人の一面。
そんでシリトリ。
よくわかんないやつ。
でも憎めない。
なんだか笑けてくる。
彼のキャラのおかげもあって、笑いに包まれた旅となった。
>> 次のページ >> フィリピン・バレルの旅を終えて

タグ: ,

フィリピン、バレルでバレルだぁ〜の旅 〜その3 とんでもなく〜

コブラリーフ

コブラリーフ


まだ夜も明け切らぬ早朝5時。
ミスターM`sの「おーい起きろ!」というダミ声で深い眠りから強引に引っこ抜かれた。
この謎の男ミスターM`s、酒も強いが朝もめっぽう強い。
だいたい酒が強い人というのは朝が弱いと相場が決まっているのだが酒も朝も両方強いとは相当に手強い。
9日間の初日だったわけなのでもう少し眠っていたかったのだがそうも言ってられない。
ミスターM`s、噂にたがわずなかなかの強敵なのだ。

鉛のように重たい体を引きづりつつ気を失いそうになりながらもなんとか車に乗り込んだ。
それにしても昨晩サーフィンの準備をしておいてよかった。
朝起きてからフィンをつけて、何てことをしていたらいつまでたっても出発できず、ミスターM`sにケツをひっぱたかれていたことだろう。
ギリギリのところで難を逃れたようだ。
とにかくボクは車に揺られてポイントまで運ばれていったのだった。

バレルエリアにはサーフスポットが点在しているのだが、なかでも代表的なポイントがコブラリーフだ。
ここが本領を発揮すると『とんでもない』波になるらしい。
とんでもないとはどんな風にとんでもないかというと、とんでもなく底ッポレのとんでもないチューブになるということらしいのだ。
これはとんでもないことだ。
だいたい名前からしてもとんでもない。
なんつったってコブラですからね。
噛まれたら死ぬわけですよ。
これは本格的にとんでもなさそうな気配が漂っている。
どうか本領など発揮しないでくれ、などととんでもなくチキンなことを祈りつつマングローブの森を10分ほど歩いていくとコブラリーフが視界に入ってきた。
Aフレームのピーキーな波が無人の海に弾けていた。
波のサイズはセットでアタマくらいだろうか。
小コブラといった装いでなんとか可愛げがあった。
とにかくとんでもない事態は免れたようでホッと胸を撫で下ろした。

>> 次のページ >>  とうとうバレルの波がベールを脱ぐ!

タグ: ,

『偶然』とは神様の悪戯なのか?

ここにつながる『偶然』が!

ここにつながる『偶然』が!


勝手な想像ではあるが、きっとこのようなことは誰の人生においても起こっているのではないかと思う。

ボクはしばしば説明できないほどの『偶然』に遭遇する。
説明ができないから『偶然』というのだろうか。
人生とは筋書きのないドラマだ、なんてことを巷で聞いたことがあるが、これはまるで筋書きのあるドラマなのではないか、と疑いたくなるようなことがちょくちょく起こるのだ。

それは、人との出会いであったり、偶然の出来事であったり様々なのだが、そういった何かしらの『偶然』が起きるとそれはたいがい意味深いものであることが多いのだ。
だからそういった偶然に遭遇すると、ボクはそれを大切にする。
「ただの偶然か」と流さないようにしている。
ボクの人生を振り返ってみると『偶然』が起点に始まることというのは何か大きな意味を持っている事が多いようなのだ。 続きを読む…

タグ: ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/