SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

フィリピン、バレルでバレルだぁ〜の旅 〜その4 これが本当のサーフキャンプ 〜

コブラリーフ Photo by Ken-G

コブラリーフ Photo by Ken-G


ひとたびコブラリーフにセットが入ると今までに見たことのないようなコブラ的なブレイクを見せた。
コブラ的とはいかにも恐ろしそうな響きであるが、実際になかなか迫力のあるブレイクであった。
水の塊が海底のリーフにヒットし、ボトムから波が形成されていく。
なんかちょっと普通とは違う。
少なくともバリや日本では見たことのない種類の波であった。
ボトムから海水が押し上げられながら波へと育っていく。
プロサーファー小川幸男は「チョープー的な感じだよね」とサラッと言っていたが、きっとそれに近いのだろう。
とにかく今までに経験したことのない波であった。

「来週になるとウネリが入ってくるからさ、それまでキャンプにでも行くか」とミスターM`sがダミ声を発した。
これ以上でかくなるんですか?
まじですか。
いらないんですけど。
チョープーになっちゃったらどうすんのよ。
お腹痛くなるしかないな、そんときは。
咄嗟にそんなことを思いつつ、我々はキャンプに出かけることになった。

太陽、タイミングが・・・

太陽、タイミングが・・・


前夜の深酒が祟り、ヘロヘロになりつつ車に乗り込んだ。
つーか毎晩深酒なのだ。
今回の旅では晴天に恵まれなかったが、この車での移動中の時間に限ってなぜかウルサイくらいの晴天になっていた。
車中ゆっくり眠っていたかったのだが、ところどころで太陽光線が「これでもかっ」と言わんばかりに我々の顔に体当たりしてきて貴重な睡眠の邪魔をしてくれた。
ったく、こんな時ばかり顔を出しやがって、太陽のやつ。
そんでもって車から漁船的な小舟に乗り込むころにはヤカマシイ太陽はなりを潜め、暴風雨に見舞われた。
雨に打たれながら生まれたての小鹿のように小刻みに震えながら対岸を目指した。
ん〜、なんだかな〜。
どうも今回の旅はとことん天候に恵まれていない。

対岸の小さな漁村に船をつけるとそこからはバイクでの移動となる。
なかなかハードな旅だ。
ハードになればなるほど旅人スピリットに火がついてくるから不思議だ。
しばらくジャングルの中を走り、視界に海が広がってくるとやはりなんだか嬉しくなってしまう。
「おー海だあ〜」
どんなときでも海が見えてくるとテンションが上がる。
つくづく我々サーファーは海辺の生き物なのだな〜などと意味もなく関心してしまった。

>> 次のページは >>  まさにこれがサーフキャンプ

タグ: , , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/