SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

第2章 有本圭自伝『少年おじさん』 ~開き直り~ 第22話(第2章最終回)

住めば都の団地

住めば都の団地


もう失うものは何もなかった。
僕に残ったのは借金だけだった。(前回はこちら
ブリーダーをするために借りていた一軒家は引きはらい、団地住まいに戻っていた。

ある日、出て行った彼女から電話が入り、
「荷物を取りに行きたい」
と言ってきた。

同棲して3年。
ほとんどの持ち物は2人のものだった。
僕は、
「好きな物持っていけよ、俺なんもいらねーからっ。その代り俺がいない時に取りに来てくれよ。会いたくねえから」
と強がった。

数日後、日時を決めて彼女が荷物を取りに来た。
僕は家を空けて、荷物が運ばれるのを喫茶店で時間をつぶしながら待った。
鉢合わせにならないようにじゅうぶんに時間をあけて家に戻った。

>> 次のページ >> 受け止めきれない現実が・・・

タグ: , ,

第2章 有本圭自伝『少年おじさん』 ~ ボトムのボトム ~ 第21話

少年おじさん 有本圭と犬たち

少年おじさん 有本圭と犬たち


とにかく今預けているお金を取り戻すことが先決だった。
僕は意を決してOさんの家を訪ねた。(前回はこちら

「アメリカに電話しました。今までのチャンピオン犬の話、ウソだったんですよね。それはそれでいいっすよ。でもお金返してくださいよ」

と僕は詰め寄った。
するとOさんはみるみるうちに顔色が変わり、どんどん人相が悪くなっていった。

「なんやコラっ、これがワシの商売のやり方やっ、なんか文句あるんかいっ」

と言いつつガラスの灰皿を手にして今にも襲いかかってきそうな気配になった。

僕の中で何かがプチンとキレた。

「ふざけんじゃねーよっ、人の弱みにつけこみやがってっ。こっちは信じて借金までしてんのに、その金どこいったんだよ。返せよっ!!」

「犬を渡さんとは言ってへんぞ。金は返さへん、犬を渡せば文句ないやろーがっ」

何を言ってもお金は返ってこなかった。
僕がアメリカンチャンピオン犬を買う、と言って渡したお金。
警察に行ってもなんにも始まらないこともわかっていた。
ヤリクチは汚いが、それでも僕自身の責任だった。
そもそも僕は『楽をして稼ぎたい』とか『自由にサーフィンがしたい』などという甘い考えがその時の状況を生み出していることに気がついていた。

>> 次のページ >> ブリーダーの仕事、どうする??

タグ: , ,

第2章 有本圭自伝『少年おじさん』 ~自業自得なのだ~ 第20話

サーフショップを退職し、自由な生活を求めてブリーダーの世界に飛び込んだ。(前回はこちら
少年時代より、ずっと犬とともに生活をしてきた自分にとって天職ではないか、と感じていた。
朝から晩まで犬とともに生活することは僕にとってシアワセなことであった。

バーディと少年おじさん有本圭

バーディと少年おじさん有本圭


そんなある日、我が家に最初にやってきたバーディというメスの犬がOさんの所有するアメリカンチャンピオン犬と交配し、初めての出産をした。
夜中から朝方にかけて約8時間の間に8匹の子犬を出産した。
バーディは生まれた子犬の胎盤を誰に教わることもないのに上手に破り、子犬たちの全身をペロペロなめて愛おしそうな母親の温かい眼差しを子犬たちに向けていた。
僕は感動のあまり自然と涙がこぼれた。
こんな感動を味わえるなんて、本当にステキな仕事だな、と改めて実感したのだった。

子犬たちが生まれてからは本当に忙しい日々だった。
なにしろ8匹の子犬たちが元気に暴れまわり、ちょっと目を離すとウンチやオシッコをそこら中でしまくる。
部屋の柱などはガリガリにカジられて見るも無惨な姿になってしまっていた。
でも子犬たちはすごくカワイクて眺めているだけで心の奥の方が温かくなるような感じがした。

そうこうしているうちに他のメス犬が出産をし、僕の家には子犬が17頭になっていた。
成犬5頭に子犬が17頭の犬屋敷になっていた。

>> 次のページ >> 実はブリーダーに不向き??

タグ: , , ,

第2章 有本圭自伝『少年おじさん』第19話  ~ 大転換 ~

ボウ・ヤングが帰国し、その翌日には同居していた彼女の妹の彼氏も我が家を去っていった。(前回はこちら
賑やかな日々からひっそりとした落ち着いた日常が戻ってきたが、なんとなく心にポッカリ穴があいたようだった。
心のよりどころといえばやはりサーフィン。
一生懸命海に入って大会に勝ち、プロになろうと企んでいた。

当時の少年おじさん

当時の少年おじさん


海にほど近い場所でロングボードのお店を任されていたため、仕事前にサーフィンすることもできる環境だった。
しかし遊び盛りの僕はよく夜更かしをし、朝起きてそのままお店に出勤、海に入らず一日を終えるという日も少なくなかった。
そんな日は自己嫌悪と有り余ったエネルギーを発散できずにイライラする時間を過ごしたりもした。
なんとなくすべてが悪い方向に向かっているような、重苦しさがあった。

そんな日々を過ごしていたときにある出会いがあった。

>> 次のページ >> この出会いががきっかけで・・・

タグ: ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/