SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

第2章 有本圭自伝『少年おじさん』第18話  ~ワールドチャンプになる男とは~

ひょんなことからボウ・ヤングが我が家にやってくることになった。(前回はこちら
今でこそボウ・ヤングといえば元ロングボードのワールドチャンピオンとして世界的に有名なサーファーだが、1997年当時はあくまでもレジェンドサーファー、ナット・ヤングの息子というのが彼の肩書だった。

社長に連れられてボウ・ヤングが僕のお店にやってきた。
「じゃ、あとは頼んだぞ~」
といかにも軽~い調子でかなり重~い任務を社長は僕に押しつけてきた。

ボウ・ヤングと有本圭、ショップの仲間たち

ボウ・ヤングと有本圭、ショップの仲間たち


ボウはヒョロっと背が高く、ぐにゃぐにゃパーマのロン毛で、やや緊張した面持ちで僕に握手を求めてきた。
僕はそのころ英語が堪能だったわけではなかったが、なんとなくノリと雰囲気で外国人と仲良くなるのは得意としていた。
その日から1週間、僕の狭い団地に泊ることになっているボウとどう付き合っていくか、という問題も結局ノリと雰囲気に任せるしかなかった。

「日本に来たことがあるのか?」
「いや、初めてなんだ」
「ほお~、今回の旅の目的はなんなの?」
「スポンサーを探してるんだ。 僕はさ、ロングボードでワールチャンピオンを目指してるんだよ」
「えええっ、ワールドチャンピオン?? おおお、それはすごい目標だね~」

ワールドチャンピオンを目指す、とは軽々しく口に出して言えることではない。
ボウのお父さん、ナット・ヤングは元ワールドチャンピオンのレジェンドサーファー。
そんな環境で育ったボウにとっては、きっと自然とワールドチャンピオンは夢ではなく目標なのだろうと思った。
なにしろ僕の39年の人生で「世界のトップを目指す」と豪語したのはこのボウ以外にはいないのだ。
そして実際にその言葉通り、世界のトップになった男もボウを置いては他にいない。

>> 次のページ >> ボウ・ヤングのとのサーフセッション!

タグ: , , ,

第2章 有本圭自伝『少年おじさん』第17話  ~いったいどこに流されていくのか!?~

パチンコ屋さんのスタッフからサーフショップのスタッフへと華麗に転身したが、そこで認めてもらうようになるには約1年の時間を要した。
ようやく湘南藤沢支部の大会で結果を残し、なんとなく周囲も僕をバカにしなくなっていった。(前回はこちら

ショップの仲間たち

ショップの仲間たち


少しだけ居心地が良くなり始めたある日のこと。
僕は社長室に来るように呼び出された。
やや緊張しつつ社長室の前に立っていた。
たいがい社長室に呼び出されるときは叱られるとき、と相場が決まっていた。
「何かやらかしてしまったか?」
そんな不安を抱いていた。
心当たりは山ほどあった。

ドアをノックすると、中から「はいどうぞ」と社長の声が響いた。
社長室は広々と20畳ほどあり、辻堂の海が一望できる気持ちのいいスペースだった。
僕が部屋に入ると、机の上の書類から目を離し、僕の方にちらりと見た。
「おう、有本っ。 そこに座れよ」
と来客用のソファを指さした。
いつもは社長は椅子に座ったままで僕は机の前に立たされて話を聞く、もしくは叱られる、というスタイルだったがその日に限ってはソファに座らされた。
「何事だろう」
とさらに不安になった。

>> 次のページ >> さあいったい何ごとだ!?

タグ: , , , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/