SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

命綱のリーシュコードって・・・  ~初心者サーファーへのメッセージ その4~

サーフィン10年選手でそこそこでかい波にもチャレンジしているサーファーで「サーフィン中にリーシュコードが切れて大変な思いをした」、なんていう経験をしている方は少なくないはずだ。
そのような話はわりとよく聞くし、かくいうこの僕も何度かリーシュコードが切れた経験をしている。
泳ぎに自信のあるボクにとっては「ああ、切れた〜〜」くらいで済むのだが、泳ぎの苦手なサーファーにとっては相当にオソロシイことだと思う。

台風の波はパワーがある

台風の波はパワーがある

リーシュコードが切れるときというのはたいがい波の大きくパワーのあるときで、リーシュコードが切れるということはその後はガンガンに波に巻かれながら泳がなくてはならないことを意味している。
では切れてしまったときはどうすればいいのだろうか。

まず一番いいのは体一つで波に乗るボディサーフィンで岸に戻るということだ。
波のブレイクにタイミングを合わせることができればサーフボードがなくても波に乗ることができる。
これができるのであればリーシュコードが切れてもわりと難なく岸まで戻れてしまうのだ。

ではボディサーフィンができない人はどうすればよいか。
泳げる人であればともかく、泳げない人にとってはサーフボードなしで足のつかない海に投げ出されるというのは相当オソロシイはずだ。
しかし、焦って変にもがいたりしないでほしい。
ウェットスーツを着ている場合は、ウェットスーツに多少なりとも浮力があるので、カナヅチのように体ごと海底に落ちて行くなんてことはまずない。
人間の体自体にも浮力があり、ましてや海には塩分が含まれているので真水に比べるとさらに浮力があるのだ。
まずは落ち着いて力を抜きつつ立ち泳ぎをしながら波のくる方向(沖の方)をしっかり観察するのが先決だ。 続きを読む…

タグ: ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/