SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

爆撃の横でサーフィン?

爆撃の下でサーフィン?

爆撃の下でサーフィン?


「今までにはない緊張感があるよ」
普段は柔和な表情でジョークをかましつつ周囲を笑わせているカナディアンが珍しく眉間にシワを寄せてそう語った。
彼は家族をバリにおいて沖縄の米軍基地の近くでカフェを経営している。
アメリカ軍人が彼のお客さんというわけだ。
年に2〜3度のペースでバリ島に戻ってくる彼と話をするといつも政治的な話に展開していく。
というのは彼の商売が国際政治の行方に大きく左右されることをこれまでの会話の中から知っているからだ。

今回、アメリカの大統領がトランプ氏になったことについては今のところ大きな影響はないという。
しかし、北朝鮮との緊張状態は彼が沖縄で商売をするようになってからもっとも深刻な状況になっているという。
アメリカ軍人からどの程度の情報が入っているのかは不明であるが、肌感覚でそう感じているそうだ。

仮に有事になった場合は厳戒態勢になるため、彼のカフェでお酒を飲んでいるような軍人はいなくなってしまうだろう。
そうなると『商売あがったり』だ。
平和状況下の軍隊を相手に商売をしている彼にとっては常に国際政治に関心を寄せていなくてはならないのである。
>> 次のページは >> 地獄の黙示録が現実に??

タグ: ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/