SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

震災から1年。宮城は今、こんなです。

僕は今、宮城県の東松島にある実家に来ています。
3.11の東日本大震災から1年、今思い出しても胸が締め付けられるような出来事でした。

1年前は親の生死も分からないまま現地に乗り込んで、現地の被害状況を見たときには息をのみました。
酷いところは空襲にでもあったかのような惨状で、比較的被害の少ない、一見普通の町並みに見えるところでも、あちこちに車や船が民家に刺さっているような状態でした。

近所のアパート

近所のアパート

そして1年後の今、復旧は急ピッチで進んでいます。 続きを読む…

タグ: , ,

Salt Water Players から大津波に関してのお知らせ

昨日、3月11日午後。
東北地方をM9.0という未曽有の大地震が発生した。
それに伴う津波による被害が甚大であることはテレビのニュースで周知のとおりである。

私個人、スマトラ沖大地震による大津波の想像を絶するような被害状況をスリランカ、プーケットで目の当たりにした経験がある。
その際、被害が大きくなってしまった要因の一つとして、津波に対する認識が当時の現地の人たちの間にほとんどなかったことが挙げられた。
さらに、被災のあと、それに乗じた略奪行為などが横行し、治安の悪化を招いたという。

一方、地震大国日本では、当然のように『津波』の脅威は認識されている。
地震=津波という危機感は当然のように持っている。
また、今回の被災後、ある東北のスーパーで商品棚が崩壊し、商品が散在しているにも関わらず、それを拾い上げてレジに持って行く日本人の姿が海外メディアで取り上げられた。
我々日本人からすると当たり前のことなのだが、海外から見ると大変感銘を受けることらしい。
日本人のモラルは世界トップクラスであり、そんな日本人に僕は誇りを感じずにはいられなかった。

当サイト『SALT WATER PLAYERS』では、普段、海の素晴らしさ、海で遊ぶことの楽しさ、海とともに生きるライフスタイルなどを提案してきた。
しかし、その半面、海の恐ろしさ、自然の脅威に関しての情報がほとんどなかったことに今回気づかされた。
今後は海のリスクについてもしっかり伝達していこうと考えております。

今回の地震、大津波で命を落とされた方々、またご遺族の方々、心よりご冥福をお祈りを申し上げます。
また、被災されている東北地方、茨城、千葉、長野県、その他地域の皆様の安全をお祈りするとともに、これ以上の尊い命が失われませんよう心よりお祈りいたします。

有本 圭

タグ: , , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/