SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

第2章17話 tikiz物語 ~ まさかの展開 ~ 

ALOHA!!
tikizヒデです。
人生って思いもよらないことが起こるものですね。
今回はまさに『まさか』の展開のお話です。
それではどうぞ!


あざみ野のハワイアンレストランDAIを退職し、次のステップに移ろうという計画を実行し始めた俺は、とにかく自分が抜けてもちゃんと店がまわるような仕組みを作ることに専念し始めた。
スタッフ一人一人に自覚と責任感を持たせ、みんなの力でお店を切り盛りできる形へと移行させていったのだ。

右) 明日香

右) 明日香


中でも明日香というまだ10代のスタッフのポテンシャルは群を抜いていた。
彼女の能力を最大限引き出すことができれば俺は心置きなくDAIを退職できると感じていた。
意識的に明日香と過ごす時間を増やし、自分の持っているお店に関するノウハウや考え方などを植え付けていった。
彼女は俺のにらんだ通り、どんどん吸収し、早くもお店の中で中心的な存在へと成長していってくれた。

「よし、これでDAIを辞めても平気だな」

と思い始めたころのある日のこと。

>> 次のページ >> まっ、まさかっ・・・ の展開が!!

タグ: , ,

第2章16話 tikiz物語 ~ 失恋の功名 ~ 

Eちゃんとの別れがきっかけで内にこもる事が増え、そのことが自分の人生を深く見つめ直す貴重な時間となった。(前回はこちら

「この先どうしたらいいのか?」
「俺は本当は何がやりたいのか?」
「このままでいいのか?」

と自問自答を繰り返した。
そのことによって一つはっきりしてきたことは、

「このまま雇われ人では終わりたくない」

という思いだった。
いつも俺の少し前を歩んでいる圭くん(有本圭プロ)の生き方も参考になっていた。
圭くんはちょうど今の俺の年齢(当時32歳)で独立し、生き生きと自分の会社を切り盛りしていたのだ。

 「よ〜し、俺も!」

という熱い思いが沸々と燃え始めてきたのだ。

DAIでのひととき

DAIでのひととき


決めてしまうとそこからは早い俺はさっそく行動に移していった。
まずは今勤めているハワイアンレストラン『DAI』から自分が抜けたときのことを想像してみた。
今この状態で俺が抜けると店が回らないことが明確になった。
自分の都合で無責任に『DAI』を退職し、迷惑をかけることだけは避けたかった。
俺が抜けたときの穴を埋めるべく人材を育てることが急務だった。
しかし、現時点での人材ではそこまでを担うだけの人物はいないように思えた。
そこで思い切ってスタッフの入れ替えを実行することにした。

>> 次のページ >> ヒデの逆襲が始まった!

タグ: , ,

第2章16話 tikiz物語 ~ やっぱり海に救われた ~ 

ALOHA!!
tikizヒデです。
まったく人生ってどうなるかわかりませんよね。
いいことも悪い事も突然やってきたりします。
今回のお話も俺が苦しみもがいていた時のお話です。
それではどうぞ!


まったく予想していなかったわけではなかったが、やはりショックは大きかった。(前回はこちら
Eちゃんが去っていった後しばらくの間海に立ち尽くしていたがそのときの記憶はほとんどない。
まさに『呆然』という状態だったと思う。
記憶に残っているのは、Eちゃんの左手薬指にはめられるはずだった指輪を海に投げ入れたことだけだった。
覇気を失ったヒデ

覇気を失ったヒデ


それからの数日間は覇気を失い、仕事にも手がつかなかった。
冷静さを取り戻した後もやはり希望を失ってしまっていた。
休みの日は家から一歩も出ずにただ呆然と時を過ごす事が多かった。

>> 次のページ >> 自暴自棄になっていった

タグ: , ,

第2章15話 tikiz物語 ~ 一寸先は闇だった ~ 

2006年秋、あざみ野に越してきて約1年が経っていた。
店長になり、お店は一時期の低迷から抜け出すことに成功し、軌道に乗り始めてきていた。
少しずつ心に余裕が生まれ始めた俺は密かに湘南に戻る計画を立て始めていた。

当時プロサーファーとして現役で活躍していた圭君(有本圭プロ)と『FLOW FREE SURF MEET』というサーフクラブを結成しており、海の仲間がたくさんできていたこともあってやはり海へと戻りたくなっていたのだ。
圭君が辻堂に住んでいたのもあり、休みのたびに辻堂の海でサーフィンを楽しむことが多かった。

仕事で一定の結果を残し、精神的にも経済的にも多少の余裕を感じ始めていたこの時期にかねてから望んでいた結婚を切り出そうと決心した。
結婚生活は湘南に戻って新たなるスタートを切りたいと思っていた俺はEちゃんと結婚の約束をする前にまずは環境を整えようと、湘南に物件を探し始めた。
ちゃんと形を作ってから伝えたいと思ったのだ。

ボロだけど妙に気に入ってしまったのだ

ボロだけど妙に気に入ってしまったのだ


1軒目に入った不動産屋で茅ケ崎の海近くで俺の大好きな中華料理屋『大新』の裏のボロアパートを見つけた。
ボロだけど改造すればいくらでも良くなりそうな印象だった。
俺は元来、完成されている部屋に住むより自分で手を加えていける部屋の方が好きなのだ。
家賃も安いし、広さもそこそこあったし、海も近い。
俺は迷わずそこを借りることにした。

>> 次のページ >> とうとうプロポーズ!?

タグ: , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/