SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

SWP | 365日、海! サーフィンと海遊びのブログマガジン

tikizひでの 〜どん底から這い上がるために〜

入院してから3日間、意識がもうろうとする中で過ごした。
ちょくちょく襲う腹部の激痛を抑えるための痛み止めの薬が意識を曖昧なものにしたようだ。
4日目になると徐々に痛みが引き始めた。
そういえば入院してから1度も食事をしていないことに気がつく。
絶食4日目。
突然恐ろしく激しい空腹に襲われた。
意識がはっきりしてきたことで、今自分の置かれている状況が見えてきた。
そういえば医者から約1ヶ月の入院になると言われていたことを思い出す。
1ヶ月も店を閉めてしまえばお金も回らなくなってしまう。
もしかしたら店は続けられないかもしれない、という考えが頭をよぎった。

入院時代

入院時代


意識がハッキリしてから今度は精神的にどん底に落ちた。
どうして俺が?
というやり場のない怒りが込み上げてくる。
不安に押しつぶされそうになった。
もっと早く病院に行っていればこんなことにはならなかったのでは?という後悔が頭を巡る。
今回のピンチを脱出する方法は見当たらないように思えた。
もうダメかもしれない、tikizは手放さないといけないかもしれない。
そんなことばかりを考えて過ごしていた。
>> 次のページは >> ピンチはチャンスに!?

タグ: ,

サーフィン道への転身 ~TIKIZヒデのハワイ移住への道のり その1 ~

ALOHA!
はじめまして、TIKIZヒデです。
今日からSWPゲストライターとして俺のハワイ移住物語を連載することになりました。
毎週ALOHA FRIDAYにお会いしましょう。
それではこれからどうぞ宜しくお願いします!

大学時代、アメフトの選手だった僕は学生オールスターへの出場を果たし、某大手企業からのスカウトの声がかかっていた。
このときその企業に入社していたら俺の人生はどんな歩みだったのだろうか。
今でもふとそんなことを考えることがある。
きっと髪の毛は今みたいに茶髪ではないはずだし、きっと今よりも安定した暮らしを手に入れていることだろう。
しかし俺はその選択はしなかった。
その選択は今でも正しかったと思っているし、後悔などはしたことがない。

学生アメフトオールスター戦にて  左) ヒデ

学生アメフトオールスター戦にて  左) ヒデ


約14年前、大学のアメフト部を引退し、時間ができた俺は前々から興味があったサーフィンに挑戦しようと思い湘南へ向かった。
湘南の辻堂には何軒ものサーフショップが立ち並び、どのショップに入るのか見当もつかなかった。 続きを読む…

タグ: , ,

© 2010 SWP | サーフィンと海遊びのブログマガジン. All Rights Reserved.

出欠管理・スケジュール管理に『サークルスクエア』

http://wakutuku.jp/